映画「ピーチガール」の感想(ネタバレ)

2019.04.23 Tuesday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「ピーチガール」の感想(ネタバレ)


■監督:神徳幸治
■出演者:山本美月 伊野尾慧 新田真剣佑 永野芽郁 本仮屋ユイカ 水上剣星 升毅 菊池桃子


【映画「ピーチガール」のあらすじ】

ももは日焼けした肌に色が抜けた赤い髪という派手な見た目のせいで、周囲から遊んでいそうと誤解されるが、実は心がピュアな女子高生。真面目で硬派な爽やか男の一矢に中学時代から片想いをしているが、ある日、学校でいちばんのモテ男、浬にある勘違いから一方的にキスをされ、その動画がSNSに投稿されたことから大騒ぎになる。小悪魔的な性格のクラスメート沙絵は、ももが幸せになるのを邪魔しようと罠を仕掛けてくる。

WOWOWから引用

【映画「ピーチガール」の感想(ネタバレ)】 

 

 

上田美和の同名コミックを山本美月主演で映画化したラブコメディ。

 

今が旬の山本美月が出演する恋愛映画を見つけたので見てみた。

 

内容は、学校で人気のある二人の男から結果的に好かれる女子高生の話。

 

この作品も少女マンガ原作のようだが、もろ少女マンガだな〜という感じの恋愛観。

 

二人のイケメンから言い寄られる女子(その二人の間で悩む)というお決まり?の設定なのだが、これがまるでついていけない。

 

押しに弱いというか、信念が無いというか、良いように二人の男を渡り歩いているように見えて、主人公のヒロインに対する共感が難しい。

 

最初は、一途に思っていた幼馴染の一矢に付き合いの末、フラれて傷心すると、間髪おかずに積極的なカイリと付き合う。またカイリに女性の影が見えると勝手に嫉妬して、戻ってきた一矢の方に戻りそうになる。

 

こっちへふらふらあっちへふらふら。

 

女子としては、イケメン二人に振り回されてる私って、幸せ?という感じで楽しめるんだろうけど、個人的には、もう少し道徳心が欲しい。さすがにその二人の間で揺れる状況自体は良いのかも知れないが、客観的に見たときにヒロインを人としてあんまり尊敬ができない。

 

結局、突き詰めると、奔放な女みたいな感じに見えるし。これはマイナスだと思う。

 

それともう少し一緒になるまでの障壁というか我慢が欲しい。

 

特に苦労する訳でもなく、あっちへこっちへ付き合っていて、何がしたいのかよくわからない。

 

中盤のあたり、傷心の末、カイリと付き合うことになった時点で、物語としては、好き同士のカップル誕生で十分そこで話は終わっている。その後の話は、余談で別に無くても良い。

 

唯一、オチがこういう恋愛映画では珍しく初恋の男(一矢)ではない、学校一?のモテ男の第二の男タイプのカイリの方を選ぶという選択だけは、恋愛映画としては、ちょっと意外で新鮮だった。

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2.8)

 

(まとめ:初恋の男(一矢)の魅力が途中寝かせすぎで、影が薄くなってる恋愛映画。ヒロインのためを思ってあえて別れるというイケメンな決断をしていたのに、その理由がなぜか後回しにされたため、理由もなくいきなり別れたダメ男の印象を払拭できず、いざ最後の方で出てきて理由があきらかになっても、どうも恋のライバルの位置まで戻れていない。もう少し、彼のその状況(彼目線)を伝えといてくれないと存在を忘れちゃう。これは、編集が悪いのかな。その結果やっぱり脇役キャラになっちゃった。)

 

 

 

 

桃の花の花言葉

 

私はあなたのとりこです

 

-?

 

 

 

ももちゃんを返せ

 

-?

 

 

自分を幸せにしてくれる人を選ぶより

 

自分が幸せにしたいって思う人を選ぶこと

 

-?

 

 

 

>>ピーチガール 通常版 [Blu-ray]

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)

2019.04.22 Monday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)


■監督:ディエゴ・ハリヴィス
■出演者:リンジー・フォンセカ リンダ・ハミルトン グレン・モーシャワー ノア・ビーン ザック・エイヴァリー アレックス・ラニペクン


【映画「タイムトラベラー」のあらすじ】

科学者の夫を亡くして悲しみに暮れるヘレン。ある時、彼女はふと意識を失い、気が付くと1週間が過ぎているという不思議な現象に遭遇する。そこへ1本の電話がかかり、「逃げて!」と彼女に警告する。その直後、家に謎の男が現われ、彼女は電話の主の助言を頼りに辛うじて逃げ延びる。謎を探る彼女は、やがてこの事件に夫が研究していたタイムマシンが関わっていること、そして電話の主が自分自身であったことを知る……。

WOWOWから引用

【映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)】 

 

 

TVドラマ「NIKITA/ニキータ」のリンジーフォンセカが主演したサスペンス。

 

タイムトラベラーというその物ズバリのタイトルに惹かれて選んでみた。

 

序盤は、夫を亡くして悲しみに暮れるヒロインの描写にしばしダラダラしてるが、謎の電話で急に指示されてからなかなか面白くなる。特にこの映画の世界観を決定付けるような音楽がかなり効果的に効いていて、いい具合に緊張感が保たれている。一応、別日に分けることなく、その日のうちに最後まで見れたのでその部分では優秀。

 

ただ、タイムトラベルというテーマ(面白さ)で語ると、未来からやってきたもう一人の自分がいるという設定があまり、上手く効いているとは思えず、そこの面白さはあまりない。

 

ネタバレになるが、夫を殺され、その復讐のために未来の自分が現在にやってきて、夫が殺される原因となったタイムトラベル装置を破壊してまた未来に帰っていくという話である。

 

未来のヒロインは、活動的である一方、現在のヒロインは、ほぼ受身状態。またタイムトラベルと言いつつも、誰かが何かをすると、それによって歴史が変わるというような変化は一切無い。

 

ただ、現在において、未来から来た自分がいろいろやりたいようにやって帰っていくというだけの話だ。

 

そこの過程で、亡くなった夫との愛を再確認するみたいなところに落ち着く。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:エンタメ(映画)としてはそれなりに楽しめるが、ズバリのタイトルほどの中身は感じないタイムトラベルサスペンス。ストーリーとしての中身は無いけど、登場人物のセリフ(考え)は意外と生きていて結構好きです。個人的にも肉体の死というものは、無になったのではなく、ただ人の目に見えなくなった状態だと思っています。それを単純にあるものと前提にした、わかりやすい例えが、”天国に行った”等の表現になるのかなと思います。地球とは別に天国という場所があるかはわかりませんが、個人的には、むしろこの地上になんらかのエネルギーとして、存在してるような気はします。例えば、死んだ人の事を思い出すなどは、違った意味での死んだ人のエネルギーの受け取り方になります。それによって自分が影響され、何か行動するのであれば、そこにエネルギーはあると見れます。話は変わって、ターミネーターのヒロインだったリンダハミルトンが出演してるのですが、年を取りすぎていて全然わからないですね。見た後に番組情報を見て知った。一応ヒロインの元の仕事場の同僚:研究者役ですが、もうあの頃の面影が無い。)

 

 

 

 

イカれたヤツは説得力がある

 

信じ切ってるからな

 

-?

 

 

後悔やノスタルジアは

 

死と同類だ

 

-?

 

 

神は数学で

 

宇宙を書いた

 

-?

 

 

 

死後の世界を物理や化学で捉えた

 

エネルギーは保存される

 

-?

 

 

 

魂とか呼ばれるものは

 

どこかにある

 

消えたわけじゃない

 

-?

 

 

>>タイムトラベラー 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「空海」の感想(ネタバレ)

2019.04.17 Wednesday 邦画 歴史モノ

■映画「空海」の感想(ネタバレ)


■監督:佐藤純彌
■出演者:北大路欣也 加藤剛 森繁久彌 丹波哲郎 小川真由美 西郷輝彦


【映画「空海」のあらすじ】

桓武天皇治世下の延暦の時代、奈良の平城京から京都の山城国へ都が移されることになり、貴族や武官たちが遷都作業に追われるさなか、若き空海も奈良を後にし、山林にひとりこもって修行に励む。延暦23(西暦804)年、学問僧のひとりとして、後に彼のライバルとなる最澄らとともに遣唐使船に乗り、唐代の中国に渡った彼は、そこで密教の奥義を学習。2年後、日本へ帰った彼は、独自の真言密教を確立すべく力を尽くすことに。

WOWOWから引用

【映画「空海」の感想(ネタバレ)】 

 

 

北大路欣也が主演した弘法大師”空海”をテーマにした大作伝記ドラマ。

 

空海というド直球タイトルに惹かれて見てみた。制作年は1984年なので相当古い。

 

戦国時代と違いこの時代(平安時代)の歴史には、まだあまり興味がなくて、ほぼよくわかっていないのだが(歴史の授業で勉強したことすらほとんど忘れているし)、空海という人物を中心に置いて、時系列に生い立ち(主に仏教探索を)を丁寧に描いてることもあり、この時代の状況がよくわかる。

 

169分と約3時間近い長尺作品ではあるが、この1作品見ただけで、この時代の天皇家の内乱含む、宗教権力動向など、大体のことがわかった。ちなみに後で軽くウィキペディアでこの作品に出てきた登場人物が本当にいる人なのか、確認したが、しっかり歴史に出てくる人で天皇家の内乱状況など、一応史実を描いてるようだ。

 

歴史に触れる際は、いきなりぶ厚い本から読むよりも、マンガとかドラマとか感情移入しやすい簡単な作品を選んで、一人の登場人物目線で概要を先にわかってから、より細部に入っていった方が、理解しやすいと経験から思うのだが、この映画「空海」は、平安時代を知るには、その初級に持って来いだと思う。

 

ちなみに歴史としても良いのだが、仏法教義もかなり真髄?が炸裂していて、ある程度仏法を知ってると、空海や最澄の考え方がわかって、非常に面白い。

 

個人的に今、道元に嵌ってるので、道元との違いもわかって面白い。この時代は、まだ道元がいないので、仏法の本質といえど、座禅の重要さが伝わっていないようだ。ただ、お経の勉強よりも体感が大事という部分で、空海と道元は一致しているようだ。

 

よく歴史の中で、悟りを開こうとした坊さんがなぜか知らない間に女を囲って色欲に走り出す(寺がある)ことが歴史において見られるが、その理由がこの映画を見てなんとなくわかった。どうやら教義の読解力が不足し、誤解したまま受け取っていたのかとそんな感じがする。真の奥義を知るには、その人間の熟成がまだ足りていなかった。※ただ単純に堕落しただけとも言うけど。

 

それと、仏法によってすべての人を救いたいという最澄の善意が、本来の仏法(修行することによって悟りを得る試練、一部の人間だけの本当の仏法)から離れていって大衆化のための、全く異なる仏教の教えになっていってしまうのは、良いのか悪いのか。

 

考え方(成仏という概念を広げた解釈)としては、わからなくないけど。でもやっぱり本来の仏法(教え、戒律がしっかりあるもの)からはズレて言ってるよねとしか言いようがない。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4.5)

 

(まとめ:エンタメとしてよりは、歴史(仏教)授業映画として秀逸な作品。空海やこの時代の仏教(思想)、平安時代を知る入り口に持って来いの映画だと思います。知らない人ほどかなり新鮮です。また長安まで中国ロケもしてたり、地味にお金が掛かっています。なんでこんなにお金があるのかと思うと、全真言宗青年連盟(宗教団体)がバックアップしていたということで納得です。スケールが意外とでかい。ちなみにこの作品を見ると、密教の神髄という”理趣経”を読んで見たくなりますね。)

 

 

 

悪なる者を成仏できずして

 

何のための仏法か

 

-?

 

 

奈良仏教は己1人が救われれば

 

良しとする狭い仏教

 

-?

 

 

理趣経は真言密教の神髄です

 

-?

 

 

理趣経は

 

読み方によっては

 

恐ろしいことを述べております

 

-?

 

 

例えば、男女の愛欲 肉欲

 

本来菩薩の境地と記してある

 

-?

 

理趣経は人間の欲望の存在を

 

認めているのです

 

-?

 

この世で成仏しなくて

 

どうして死んで成仏なんかできよう

 

-?

 

 

この世なくしてあの世はないのだ

 

この世を逃げてあの世はないのだ

 

この世で生きながら仏となれ

 

-?

 

 

この天地宇宙が生きている力と

 

この体に生きる力とは同じなのだ

 

-?

 

風が吹くように

 

光がさすように

 

心の中に風を呼び起こせ

 

光を放て

 

-?

 

 

国家などその時々の幻の姿

 

-?

 

 

大地も人も生きている

 

生きてるんだ

 

死んでも救われんぞ

 

生きてこそ人間なんだ

 

生きてこそ救われるんだ

 

-?

 

 

 

この風を収めようと思うな

 

己が風になれ

 

この雨を止めようと思うな

 

己が雨になれ

 

-?

 

 

 

>>空海

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「人狼ゲーム」の感想(ネタバレ)

2019.04.16 Tuesday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「人狼ゲーム」の感想(ネタバレ)


■監督:熊坂出
■出演者:桜庭ななみ 太賀 春花 岡山天音 入江甚儀 大沢ひかる


【映画「人狼ゲーム」のあらすじ】

高校生の愛梨は、下校中に拉致され、見知らぬ部屋に閉じ込められた。周りには同じように集められた生徒が計10人。やがて「人狼ゲームをプレーしていただきます」と告げられ、役割カードが配られる。村人10人の中に人狼2人が紛れている設定だ。人狼は毎夜村人をひとり、村人は投票で人狼だとされたひとりを殺し、先に相手を全滅させた側が勝ち。ただ普通と違うのは、このゲームでは本当に相手の命を奪わねばならないのだ。

WOWOWから引用

【映画「人狼ゲーム」の感想(ネタバレ)】 

 

 

桜庭ななみが主演したシチュエーションスリラー。

 

WOWOWで6作くらいシリーズになっている人狼ゲームの映画がたくさん放送してたので、とりあえず初回にあたる人狼ゲームを見てみた。

 

村人と人狼に分かれて、殺し合いをするという話で、特に誰が人狼なのかという予想する面白さは、あまりないのだが、最後の終盤にお笑い的な面白さがある。

 

残り三人まで減った翌日、昨夜に人狼の疑いのあった男が本物の人狼によって殺され死体となって見つかる。

 

この時点で人狼がまだ一人残っていることだけがわかるのだが、主演の桜庭ななみは村人、残りは、女子高生と男子学生が一人ずつ残っている。そのどちらかが人狼なのだ。ちなみに前日までは、疑いこそあれ、自分は人狼じゃないと言っていた二人だ。

 

一体どちらなんだと見てるほうは、緊張しつつ想像を膨らませる。

 

ただ、今までは人狼のために特別用意されたピストルで村人を殺害して、翌日もクールに決めたていた人狼だったのだが、この日に限って、殺された村人から死ぬ間際に反撃にあったのか、殺害こそできたが、顔をボコボコに殴られていて、まだ謎解きが終わってない段階で、顔を見ただけで、彼が人狼だっだと推測できてしまう。

 

めちゃくちゃ雑な作り(笑)

 

今まで散々、クールにやってきたのに、なんで最後ミスしてんだよ。

 

このシーンはホントに面白い。

 

今までそんな雰囲気なかったのに、急に最後がコントみたいなオチになっている。

 

このパターンは、さすがに予想できなかった。

 

ちなみに、本筋のオチは、生き残った二人だったが、再び新たな学生らが追加され、第二回戦の人狼ゲームが始まるという、最初のゲームの時点でも、実は、前回の生き残り二人が参加していたという情報があったが、その情報どおり、人狼ゲームの無限?ループが繰り返されていたというオチになっている。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:人狼が誰だかわかったときにやっぱり笑ってしまうコメディスリラー?。それにしても仲間を自分の手で殺害するシーンは、ドタバタしすぎて、もう少しなんとかならなかったのか、ちょっと見せ方に改良の余地ありですね。舞台の演技じゃないんだから。バタバタしていて生々しいと言えば、生々しいのかもしれないけど。シーンがうるさいですね(笑))

 

 

 

周りを殺さなきゃ

 

人は生きていけない

 

-?

 

 

 

でもここは外の世界より

 

マシかもしれない

 

人は何かを殺しながら生きてることを

 

実感できるから

 

-?

 

 

>>人狼ゲーム プレミアム・エディション [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「ザ・サイキック 覚醒の賢者」の感想(ネタバレ)

2019.04.09 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「ザ・サイキック 覚醒の賢者」の感想(ネタバレ)


■監督:ジェームズ・マーク
■出演者:クリス・マーク デニス・アキヤマ メリー・ハットン ジェシカ・クレメント ダニエル・パーク ジェイソン・ゴスビー


【映画「ザ・サイキック 覚醒の賢者」のあらすじ】

叔父と2人暮らしの高校生デヴィッドは、過去の記憶を失い、時折見える記憶の断片のような白昼夢に悩まされていた。そんなある日、授業中の教室に突然軍の部隊が押し入り、銃を突きつけてデヴィッドを拘束しようとする。その時、デヴィッドは常人を超える力が覚醒、銃をものともせず部隊を一掃する。なぜ自分にこんな力があるのか混乱するデヴィッドは、理由も分からずに追われながら、少しずつ記憶を取り戻していくのだが……。

WOWOWから引用

【映画「ザ・サイキック 覚醒の賢者」の感想(ネタバレ)】 

 

 

エクストリーム・マーシャルアーツのスタント集団“TEAM 2X”が制作したというアクション映画。

 

単純にスタント集団が作ったアクション映画ということで気になって見てみた。

 

個人的には、ビルの屋上や階段からぴょんぴょん飛んだりする、フランス映画「アルティメット」みたいな爽快な?アクション映画予想してたのだが、どうもスタントの中でもジャンルが違っていたみたいで、基本はくるくる回転しながら蹴ったりする格闘アクションが基本の映画だった。

 

ある部分でワイヤーを使わないで、生身の力で回転を再現してる?という部分では、すごいのかもしれないが、現在では、ワイヤーがすでに出回って、その部分での回転シーンはこと足りてるので、映像的に見ると、生身の肉体派アクションだけで押すには、かなり地味なアクションの部類になるだろう。

 

ちなみに、刀を背負ったアクション戦士みたいなのが悪役として何人か出てくるが、総じてコスプレに毛が生えた程度で、見た目が相当ダサイ(笑)

 

制作費が足りないのか、デザインセンスが足らないのかわからないが、とにかく見れば見るほどに感じるB級感。

 

監督や出演者の質含めいろいろな部分で才能(センス)があきらかに足りてない。

 

このシーンは、あの有名映画のあんな感じにしたかったのかなという、リスペクト?というか、影響の余韻は感じるんだけどね。

 

個人的に仮にこの映画に予算が豊富にあったとしても、作品の出来はA級にはならないと思う(笑)

 

ちなみにストーリーもそれほどの深さはないのだが、強引にラストだけ実は三部作?の1作目のような、次作があるような壮大な物語が続いてるような期待を持たせた終わり方にしてるが、さすがにこの内容では、無理でしょう(笑)

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:アクション目当てだけで見るにはさすがに辛いB級アクション。アクション映画なのに、格闘シーンのつなぎ部分(移動するときなど)で、ところどころ緊張感がないシーンが混ざっている。っというか出演者が気を抜いている(演技力が足りてない)んだろうと思う。普通に映画を楽しむという部分では、まるでダメだけど、見ながらダメなところを逐一ツッコミたい人には、肴になりそうな映画です。)

 

 

 

>>ザ・サイキック 覚醒の賢者 [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links