映画「寄生獣 完結編」の感想(ネタバレ)

2016.08.28 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「寄生獣 完結編」の感想(ネタバレ)



■監督:山崎貴
■出演者:染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ 橋本愛 新井浩文 ピエール瀧 北村一輝 國村隼 浅野忠信

WOWOWで放送していた映画「寄生獣 完結編」を鑑賞。

【映画「寄生獣 完結編」のあらすじ】

母を乗っ取ったパラサイトを倒した新一は、その後も復讐心を収めず“パラサイト狩り”を続けていた。やがて警察はパラサイト事件の周囲にたびたび現われる新一もまたパラサイトではないかという疑いを強めていく。一方、パラサイトたちのネットワークを統率する市長の広川は、パラサイトの敵となった新一に対し刺客を放つ。そんな中、人間との共存を模索するパラサイトの田宮良子は、ネットワークから距離を置いていたが……。

WOWOWから引用

【映画「寄生獣 完結編」の感想(ネタバレ)】


岩明均のコミックを実写映画化した2部作の後編(完結編)。

久々に先が気になる邦画に当たったので、後編も続けて見てみた。

たぶん前編・後編同時に撮影してるからなのか(詳しくは知らないが)、後編もわずかながら物語の時間軸は、進んでるが、引き続き前編の世界観と緊張感を保っていて面白い。

なぜ、この寄生獣が面白いのかと考えてみると、もちろんアクションもあると思うが(とは言ってもアクション映画ではない)、一番は、寄生生物と人間の思想(哲学的な)の戦いがしっかり描かれているからかなと思う。

説得力のある背景(確固たる根っこ)があった上で、その実行手段としてアクション(暴力性)が積みあがっているので、それぞれのアクションシーンにちゃんと意味がある。ただただアクションが見せたい(やりたい)だけのアクション映画とは、そもそも違う。

ちなみにこのアクションシーンに意味があるという部分では、ターミネーター(1.2)とこの寄生獣は、かなり似ている。

設定こそ、機械(人工知能AI)と寄生生物の違えど、どちらも知的で、独自の考えから人間を滅ぼそう(数を減らす)と合理的に実力行使してくる。※寄生獣は、共生を選ぶことを考え始めてはいるが。

途中にある、カーアクションシーン(逃げる主人公に襲い掛かる寄生生物(浅野忠信))なんかは、もろターミネーターのあるシーンを髣髴とする。そして、ラストは、銃では倒せない寄生生物をどう倒すのかと思ったら、舞台は、ゴミ焼却処理場。

個人的に最後が、溶鉱炉だったら、笑ったんだけど。やるならそこまで徹底して欲しい。

でも、溶鉱炉だったら、完全にパロディ化しちゃうんで、ゴミ焼却場が無難か。

さて、大分褒めてきたが、ダメな部分(気になるところ)もある。

まず、主人公に寄生した寄生獣の声優役に阿部サダヲを起用してる部分だが、どうしても阿部サダヲ本人のキャラクターが前に出すぎていて、寄生生物に必要以上に親近感が膨らみ過ぎな気がする。そこが狙いだったのかわからないがもっと声優や俳優の印象が薄い無機質な声優の方がもっと主人公に光があたったような気もする。あまりにも寄生生物が人間的なキャラクター過ぎる。ドラえもんじゃないんだから。

他の寄生生物は、人間に寄生した場合、あまり人間を上手く使いこなせていない前提がある訳(笑わない等)で、仮に腕に寄生したとはいえ、キャラクターがあまりにも人間的過ぎやしないか。もちろん、主人公に寄生した寄生生物は、他の同種とはやや違う個性があったという理由もつけられなくないが。

また脇役の俳優が有名俳優で固め過ぎという感じもしなくない。主演の染谷将太はほとんど知らなかったので、演技は新鮮だったが、他は、テレビや映画でよく見る人たちで構成されていて、やっぱり良くも悪くも、その俳優の過去に演じてきた役の影響や本人特有の固定されたイメージが出ていたと思う。

深津絵里も演技は真に迫っているが、やっぱり深津絵里という今まで演じてきたもともとの女優(個体)は、ずっと離れずに残っている。その分、作品の中での存在感はあるんだけど。これは、國村隼や浅野忠信もしかりで、やっぱり、どこか本人のいつもの感じが残っている。

その中で言えば、新井浩文や橋本愛は、自分の中でまだ固定された印象がないからか、しっかり役に溶け込んでいるように思う。作品ごとに違う顔になっている。

ちなみに、ピエール滝や國村隼は、進撃の巨人の実写版にも出ていたが、どちらもこちらの方が良かったように思う。

あと、演技とは関係ないが、ラストのゴタゴタでは、彼女(橋本愛)は、死なずに助かるが、個人的に死んでいた方が、もっとこの物語を深く考えさせられた気がする。もともとスカスカの話じゃないので、安易にハッピーエンドに終始しなくて良かったかなと思う。

母親が乗っ取られて死んだりとか、主人公に不幸が続いてるが、あそこで彼女が再び死んだことによる、主人公の考え方のさらなる転換も興味があるところ。再び挫折(気持ちが折れる)するのか、もっと崇高な思想に転化するのか…。寄生生物の能力が無くなって(失われて)からの彼の人間としての行動の変化こそ、寄生獣の本質じゃないかなと思う。

結局、あのハッピーエンドの後、彼はどうなるかは、これまでと、それほど変わらない同じ今までの学校生活が続いていくような気がする。



評価 ★★★★☆ (星4.5)

(まとめ:2016年(に見たおすすめ)の実写化邦画二部作品の良作です。細かく見れば気になるところもあるが、それを優に超す内容の充実さです。中身たっぷり。進撃の巨人の実写化とはえらい違い。映画は、やっぱり内容重視のこういうのが見たい。話としても一応まとまってる。ヤフーレビューを見ると、平均は3.4位で、高評価ではあるが、その割に酷評も目に付きます。個人的にこれを酷評にしたら、もうほとんどの映画見るの無い気がします(笑)。もちろん原作ファンだと、比較で酷評という評価もあるかもしれないが、イチ映画(実写化)としては、十分よくできていると思います。とりあえず、映画が面白かったので、原作も読んでみよう。)



だが 君たちも

いずれ気付くはずだ

殺人よりもゴミの垂れ流しの方が

はるかに重罪だと言うことも


-?


人間一種の繁栄よりも

生物の全体を考える

そうしてこそ

万物の霊長だ


-?


正義のためとお前たちはほざくが

これ以上の正義がどこにあるか


-?


いや虫ではなく

獣(けだもの)


-?


人間が増えて困るのは

他の誰でもない

人間自身だ


-?


私たちはか弱い生き物だ

だからいじめるな


-?


>>寄生獣 完結編 通常版


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「寄生獣」の感想(ネタバレ)

2016.08.26 Friday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「寄生獣」の感想(ネタバレ)


■監督:山崎貴
■出演者:染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ 橋本愛 東出昌大 池内万作 オクイシュージ 浅野忠信

WOWOWで放送していた映画「寄生獣」を鑑賞。

【映画「寄生獣」のあらすじ】

あるとき、なんの前触れもなく謎の寄生生物=パラサイトが出現する。その生物は宿主となる人間の頭を食べて自らが頭部に擬態し、人間社会に紛れて他の人間をエサとする、まさに人間の天敵だった。そんなある日、高校生の新一はパラサイトに体へ侵入されるが、なんとか脳への到達を阻止、パラサイトはやむなく彼の右手に成り代わる。こうして新一は“ミギー”と名乗るそのパラサイトを右手に宿し、奇妙な共生関係を結ぶのだが……。

WOWOWから引用

【映画「寄生獣」の感想(ネタバレ)】


岩明均のSFコミックを、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が染谷将太を主演に迎えて実写映画化した二部作の前編。

話題の「寄生獣」二部作がWOWOWでようやく?初放送したので見てみた。※ちなみに原作は読んでいない。

コミック(マンガ)からの実写映画化というと最近は「進撃の巨人」二部作を見たが、「進撃の巨人」は、CG(映像)こそ頑張ってはいたが、内容は、語るほどなく、俳優のキャスティングからその演技もひどい感じで、作品として完全に失敗作だという結論になったが(実写化した努力は認めるけど)、それに比べて、この「寄生獣」は、監督が「ALWAYS 三丁目の夕日」の人だからか、人間ドラマが雑にならずに丁寧に描かれている。

ちょうど1作目の映画「ゼブラーマン」と同じような感じで、現代の日本という世界観の中に、しっかりこのSF物語が、上手く浸透していて、そこで生きるキャラクターが実在感を伴って見えた。

「進撃の巨人」は、完全なフィクションの世界観ではあるが(寄生獣もそうだが)、その中で生きているキャラクター(俳優(登場人物)が全くその世界観に足がついている感じがないので、何が起きてもどこか他人事の感じは否めなかったが、この寄生獣は、主人公の気持ちがしっかり追えて面白い。

日本のSFは、こういう地に足がついた地味系な感じの方が、映画化との相性が良いような気がする。

ちなみに、人間に寄生するという設定も面白いが、それ以上に、しっかりと作者に描きたいテーマ、寄生生物と人間の関係から、人間とは何か?の本質的な部分も描いていて、ただのSF話で終わっていないところが良い。いろいろと考えさせられる。



評価 ★★★★☆ (星4.2)

(まとめ:マンガからの邦画実写化作品の成功例の秀作SFドラマ。二部作なので、まだ後編があるが、前編がこれだけ面白いので、後編もかなり期待がもてる。久々に邦画で話題作でありながら、自分のハードルを越えてきた良作の作品に出会った。ちなみに細かいことはいろいろあるが、とりあえず、総評は後編(完結編)を見てから。「進撃の巨人」で失敗したと感じた人は、こっち(寄生獣)で気分転換しよう。)


人間の数が半分になったら

燃やされる森の数も

半分で済むのだろうか

人間の数が100分の一になったら

垂れ流される毒も

100分の一になるのだろうか

地球上の誰かがふと思った

みんなの命を守らなければ


-?



蟻(アリ)は教わりもしないのに

飛び方を知っている

蜘蛛(クモ)は、教わりもしないのに

巣の張り方を知っている

生物は皆

命令に従っている

だけなのだ


-?



>> 寄生獣 豪華版【Blu-ray】 [ 染谷将太 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「リピーテッド」の感想(ネタバレ)

2016.08.24 Wednesday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「リピーテッド」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:ローワン・ジョフィ
■出演者:ニコール・キッドマン コリン・ファース マーク・ストロング アンヌ=マリー・ダフ ディーン=チャールズ・チャップマン

WOWOWで放送していた映画「リピーテッド」を鑑賞。

【映画「リピーテッド」のあらすじ】

朝、寝室で目覚めたクリスティーン。ふと気付くと、ベッドの隣には彼女の見知らぬ男がいた。すぐにはその状況がのみ込めないでいる彼女に、男は、君は10年前に事故に遭って以来、記憶障害に陥り、記憶が1日ごとにリセットされてしまうこと、自分は君の夫のベンだと、その厄介な事情を言い聞かせる。その一方で、彼女は、担当医のナッシュと名乗る男から、それとは微妙に食い違う説明を聞かされ、次第に疑心暗鬼に陥っていく。

WOWOWから引用

【映画「リピーテッド」の感想(ネタバレ)】


S・J・ワトソンのミステリー小説をニコール・キッドマン主演で映画化したサスペンススリラー。

ニコールキッドマン主演の記憶喪失モノということで見てみた。

内容的には、クリストファーノーランの「メメント」と同じく、記憶の持続性に制限がある脳障害のある主人公の話。メメントは10分間の記憶に対して、こちらは、一日。寝て起きると(次の日になると)、20代のある時点の状態に毎回戻ってしまう。この部分で少し設定が異なる。

謎は、ヒロインが記憶障害に陥ってしまったある事件の解明と、その前後から今までに自分の身に起こった真実を探る。

記憶障害モノとしては、自分探しと、誰がウソつきか(悪い人間)という部分での、どんでん返しありの関係の変化に、サスペンス映画としても、最後まで見ごたえがある。

しかし、この映画は、お決まりのサスペンス展開だけで終わらず、記憶障害によって、破綻していた親子感の再生もしっかり描かれていて、人間ドラマとして、一級の仕上がり。

特にラスト10分位の息子との記憶を取り戻す会話、アニメ(クマのプーさん?)からの引用セリフは、素晴らしい。

よくあのセリフをここに持って来たなと思うほど、脚本家としてのセンスが光る。

二言三言の会話なのに、セリフの背景にある、当時の親子関係(幸せ状態)を一瞬で理解できる、濃縮されたセリフのやりとり。

そして、感動。

サスペンスとしてももちろん面白いが、このラストの親子の会話部分で、この作品としての完成度がもう一段階上がったように思う。品が高い。

 

評価 ★★★★☆ (星4.2)

(まとめ:これまでのサスペンスを忘れてしまうほど、ラストのセリフが素晴らしい良作サスペンス。どうしようもないセリフのやりとりが非常に多いと思う、最近の映画(自分が見てるものだが)の中で、セリフ部分において、セリフの重要性を見に染みて感じさせてくれるラスト(作品)です。やたら格好付けたり、何かをあえて置きに言ってないセリフなのに、その世界観から自然と出てきたようなセリフでまったく嫌味が無い。このセリフ選びは、賞賛しかない。星を1つ追加。久々に見たニコールキッドマンが大分老けてて悲しくなったが、最後のシーン含め、演技は非常に良かった。)


”プー 君は朝

最初に何を考える?”

そうだな 朝食のこと

君はピグレット?

今日はどんな楽しいことが

あるかなってこと?


-?


>>リピーテッド(Blu-ray)



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「名もなき塀の中の王」の感想(ネタバレ)

2016.08.23 Tuesday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「名もなき塀の中の王」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:デヴィッド・マッケンジー
■出演者:ジャック・オコンネル ベン・メンデルソン ルパート・フレンド サム・スプルエル アンソニー・ウェルシュ

WOWOWで放送していた映画「名もなき塀の中の王」を鑑賞。

【映画「名もなき塀の中の王」のあらすじ】

凶暴でいったんキレるとどうにも始末に負えない19歳の札付きの不良少年エリックが、少年院から格上げされて成人用の刑務所へと移送されてくる。くしくもそこでエリックは、5歳の時に生き別れた父親のネヴィルと再会。長年の刑務所暮らしで、そこでの暗黙のおきてを熟知するネヴィルは、おとなしくして目立とうとするな、と息子に言いきかせるが、怖いもの知らずのエリックは、なにかと周囲と衝突してはトラブルを起こし続け…。

WOWOWから引用

【映画「名もなき塀の中の王」の感想(ネタバレ)】

「愛とセックスとセレブリティ」のデヴィッド・マッケンジー監督が刑務所を舞台に描いた人間ドラマ。


タイトルと番組情報から刑務所モノということで見てみた。

邦題タイトルは「名もなき塀の中の王」という何か期待を持たせるタイトルがつけられており、主人公の少年が成人用刑務所で、意図してイチから王(刑務所の支配者)へとのし上がっていくようなサクセス話のような感じがしないでもないが、実際は、なり上がりを主目的とした話ではない。タイトルは、間違いではないが、この映画のテーマを指す部分ではない。タイトルが格好付け過ぎですね。

ラストのオチを見るからに、成人刑務所で偶然出会った?生き別れた父親との親子関係の修復と少年の人間的成長を描いた話でしょう。

その話の中に少年の内に秘める過去の変質者による虐待?のトラウマから来るコントロールできない自己の暴力性と、秩序を持った環境(受刑者を取り仕切る支配者がいる刑務所)という構図がある。

結果的にサクセス(刑務所でのなり上がり)を主目的としていない、この映画で何が言いたいか(伝えたいか)をまとめると、刑務所内でのトークセッションによる、受刑者同士の対話プログラムの重要性と、幼少期における人間関係の構築(人間的成長)には、しっかり向き合って話し合う(話を聞く)ことが、必要だということ。

一方的に命令するばかりで相手(子供)の話を聞かない。これが、子供を教育することにおいて、一番いけないようだ。この少年の親父の言動や行動からわかる。ちなみにこの親父の父親もそう育てられたのだろうと想像する。どっちみち環境かな。

ちょっと内容からズレるが、生き別れた父親が、刑務所暮らしで再会したら、ゲイでもないのに若い男を妾にしているのは、息子としてショック以外の何者でもない。それは息子は、グレるわ。俺のアイデンティティって一体なんだ。



評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(まとめ:邦題タイトルと内容にズレがある人間ドラマ。この映画の刑務所は、イギリス(製作国がイギリスなので)だと思うが、イギリスの刑務所は、日本とは違い、自分の部屋(牢屋)にラジカセや調味料、お菓子やパックジュース、紅茶などが普通に置いてあって、どっから調達してきたのか、ほとんど牢屋が自分の家(部屋)のような状態になっている。基本、問題が置きなければ、館内は自由行動だし。特に何か刑務所内でモノを作ってる感じもない(職業訓練的な)。世間と隔離されてるだけで、罪を償ってる感もほとんど感じられない。なんだこれ。)


お前の父親でよかった

-?



>>名もなき塀の中の王



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

映画「ミュータント・タートルズ」の感想(ネタバレ)

2016.08.22 Monday 洋画 アクション/SF

■映画「ミュータント・タートルズ」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:ジョナサン・リーベスマン
■出演者:ミーガン・フォックス  ウィル・アーネット  ウィリアム・フィクトナー  ウーピー・ゴールドバーグ  ジョニー・ノックスヴィル トニー・シャルーブ

WOWOWで放送していた映画「ミュータント・タートルズ」を鑑賞。

【映画「ミュータント・タートルズ」のあらすじ】

TVレポーターのエイプリルは悪の犯罪組織、フット軍団の犯行を、ある集団が阻止している様子を目撃する。彼女の目に映ったのは忍者の技を炸裂させる4体のカメ“タートルズ”だった。エイプリルはこの事実を報道しようとするが、上司のトンプソンはバカげた話と取り合わず、彼女に解雇を言い渡してしまう。一方、タートルズの存在がフット軍団のリーダー、シュレッダーの耳に入り、タートルズは隠れ家を襲われることに……。 

WOWOWから引用

【映画「ミュータント・タートルズ」の感想(ネタバレ)】


人気コミック「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ監督がプロデュースして映画化した新劇場版。

劇場公開時に話題になっていた実写版「ミュータント・タートルズ」が放送してたので見てみた。

WOWOWの初放送からは大分経っているが、新たな実写化ということでかなり期待して見始めたが、こんなこといきなり言ってはあれだが、序盤から中盤は、ホントに面白くない。

まず、ヒロインを演じてるミーガンフォックスのキャラクターが薄っぺらくて、感情移入が全然できない。一応、それらしい背景(父親を亡くしていたり)を持ってるのだが、その設定があんまり真に迫ってこない。ずっとどこか宙に浮いてるキャラクター。存在感も薄いし。

こういう映画で、ヒロイン(主役)に感情移入できないと終わりです。すべての物事(危機)がどうでも良くなっちゃう。

ちなみに後から知ったが、この映画は、マイケルベイのプロデュース作品(製作に名を連ねてる)ということなのだが、それを知る前から、彼の代表作のトランスフォーマーシリーズっぽさが、映像や音声(効果音)の隅々から出まくっていてわかる。

そして、全然ミュータントタートルズの独自世界(オリジナル)を作りあげてない。表向きキャラクターはそうだが、トランスフォーマーノウハウをそのままキャラクターだけ変えて移植したような、そんなペラッペラな映画。タートルズ4人のそれぞれの個性もあってないようなものだし。結局、見終わっても誰が誰だが、一つも覚えてない。

で、内容は、アメイジングスパイダーマンみたいな、悪役がビルの屋上から細菌兵器を巻くみたいな、ほぼ似たストーリーとオーラス。

ミュータントタートルズは、アニメのイメージでは、好意的だっただけに、この内容はひどい。一応カラテとかニンジャとか日本の文化使ってるだけに、この内容は、マジでいただけない。敵が鎧を着てるのも、鎧の格好良さがなく、なんかダサイ。


評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:マイケルベイ製作の実写化映画の失敗作。唯一、見どころと言えるのは、終盤の雪山のアクション。ジェットコースター的な見た目の楽しさは味わえる。それ位。一応、テンポは良いので、つまらないと思いつつ、アクションを追っていくだけでも見れるが、内容を求めると時間の無駄でしかない。あと、全然映画と関係ないが、主演のミーガンフォックスは、マイケルベイともめて、トランスフォーマーの第3弾でのヒロイン下された?のに(降りたのに)という噂があるが、ここでまた共演してるってよくわからない。まーこの映画、マイケルベイは監督してないけど。)


先生!

-?


いいか痛いと思うから痛いんだ

-?



>>ミュータント・タートルズ(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

Check

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links