「矢沢永吉 CONCERT TOUR 2010 「TWIST」 IN BUDOKAN」の感想

2011.02.25 Friday ライブ&コンサート レビュー

■「矢沢永吉 CONCERT TOUR 2010 「TWIST」 IN BUDOKAN」の感想



■出演者 矢沢永吉 ほか

WOWOWで再放送していた「矢沢永吉 CONCERT TOUR 2010 「TWIST」 IN BUDOKAN」を鑑賞。

【「矢沢永吉 CONCERT TOUR 2010 「TWIST」 IN BUDOKAN」の感想】

2010年12月19日に行われたエーちゃんこと矢沢永吉の日本武道館でのライブ。

エーちゃんのライブはこれまでテレビで何度か見たことがありますが、今回は生中継ということで、ライブパフォーマンスだけでなく、エーちゃんファンの方なら御馴染みのトーク(漫談)もしっかり収録されており、貴重な過去の話なども聞けて面白かった。

【矢沢永吉(えーちゃん)が30歳でタバコをやめた理由】

今回のライブのMCでは、えーちゃんが”タバコを辞めた理由”が語られていた。

えーちゃんは、29.30歳位の時にタバコを吸うのを急にピタっと辞めたらしいのですが、実はある出来事が原因だったという。

海外(ハワイ?)に行ったときに、眼球を見て診断する占い師のもとに友人に誘われて行ったえーちゃんは、「あなたも診てあげる…」という占い師の言葉に眼球を見てもらうと、「あなた職業は?(歌手やってます)と聞かれ、このままタバコ吸っていたら死ぬよ」と言われたそうです。

その占い師の言葉に何かを感じたえーちゃんは、それ以降タバコを辞めることを決意したようです。

タバコを辞めた理由については、以前にもえーちゃんは語ったことがあったようですが、実は”死ぬ”と言われていたことは、ずっと隠していたようで、今回が初めてそのことを告白したようです。

ただ、次の日から吸うのを辞めると決めた前日は、指にタバコを5〜6本位に並べて火をつけ、一気に吸って最後のタバコを堪能したという。さすがえーちゃん。

ちなみに会場にいるタバコ辞められないファンに向けて、”死ぬよ”と言われてみたら辞められる、ぜひチャンレンジしてみてとエールを送っていた。

【矢沢永吉(えーちゃん)が酒で失敗したこと】

えーちゃんがまだ若かった時、ライブの後はメンバーやスタッフを連れては、毎日のように酒を飲みに行っていたそうです。ライブの後は→酒→そして移動→またライブ→そして酒ということ日々を繰り返し、もらったギャラ(何百万)の大半は酒に消えていったそうです。

そんななか、えーちゃんも酒で失敗した出来事が合ったようで、少し間違えれば警察沙汰になってしまったことがあったようです。

その出来事とは、アメリカから戻り、一時期日本のマンションに家族とともにえーちゃんが住んでいたとき、深夜遅くベロベロに酔っ払って帰ってきたえーちゃんは、自宅のある4階ではなく、5階でエレベーターを降りてしまい、自分の家の玄関だと思って、ドアをガンガン叩いてしまったことがあったそうです。

かなり深夜のことなので、不審に思った住人は警察に連絡してしまうことも考えられましたが、ドアから出てきた5階の住人はえーちゃんのことを知っており、えーちゃんの顔を見るなり、”あなたの家は5階ですよ”と言い、肩を貸して、5階の自宅まで付き添ってくれたようです。良い住人のおかげでえーちゃんは警察沙汰にはならずに済んだようです。

えーちゃんのMCは、さすがロックの生き様みたいな話が聞けて面白い。ファンの人がえーちゃんに憧れ嵌っていく理由がわかりますね。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(ロックなライブもさることながら、えーちゃんのトークが面白い。えーちゃんについては、いろいろと天然のエピソードも語られることもありますが、今回のライブでもかっこよく帽子を使ってスタンバイしていたのに、実は曲目が違っており、慌てて帽子を捨てると別のマイクを握り、メンバーに笑顔を向けるえーちゃんの姿があった。ミスしてもしっかりと決めるところはかっこいい。)

矢沢永吉/LIVE DECADE 1990−1999

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
 

清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想

2010.12.07 Tuesday ライブ&コンサート レビュー

■清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想



出演:清水ミチコ

WOWOWで放送していたライブコンサート「清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010」を鑑賞。

【清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想】

モノマネお笑いタレントの清水ミチコが得意のモノマネ(顔マネ、歌マネ)を自身のピアノ演奏とともに披露する「清水ミチコのお楽しみ会」。

全編ほぼ一人で行うライブコンサートですが、バラエティ番組で披露する彼女のモノマネが好きな人にとっては、このコンサートは、彼女の濃いモノマネ(薄いのもあり)が満喫出来る内容で面白い。

80年代〜2000年代の清水ミチコが影響を受けた新旧の歌手のモノマネから始まり、アグネスチャンと瀬戸内寂聴の公演モノマネ、ドラエモンのバッタモンのキャラクターの本読み、黒柳徹子との対談などなどモノマネ芸を大皿で出してくれてファンにとっては満腹感がある。

以下は、このコンサートで清水ミチコがモノマネしてたであろう有名人の名前です。一言ネタとかあって確認するのは難しいですが、大体こんな感じです。自分の記憶が曖昧なので、他のテレビで見ていたのも混ざってるかもしれません。※印象に残っているのは○つけてます。

秋川雅史
アグネス・チャン ○
浅田美代子 
天地真理 
綾戸智恵 ○
淡谷のり子
アンジェラ・アキ
安藤裕子
市原悦子
井上陽水 ○
忌野清志郎
UA
宇多田ヒカル
えなりかずき
大竹しのぶ
欧陽菲菲
大原麗子
鬼束ちひろ
大山のぶ代(ドラえもん) ○
菊川怜
黒木瞳
黒柳徹子
杉本彩 ○
瀬川瑛子
瀬戸内寂聴 ○
田中眞紀子 ○
玉置浩二
CHARA
デヴィ夫人 ○
ドラえもん(大山のぶ代)
中島みゆき
長渕剛
仲間由紀恵
中森明菜 ○
元ちとせ
一青窈 ○
平井堅
平野レミ ○
平原綾香
フジ子・ヘミング ○
福山雅治
マイケル・ジャクソン
松田聖子 ○
松任谷由実 ○
真矢みき
みうらじゅん
美空ひばり
南沙織
三原じゅん子
美輪明宏 ○
桃井かおり
森山良子 ○
薬師丸ひろ子
矢野顕子 ○
山口もえ
山口百恵 ○
YUKI ○
 
個人的に好きなのが、毒舌満載なアグネスチャンと瀬戸内寂聴の公演モノマネはおすすめですね。108の煩悩の話をしながら、お布施を要求する瀬戸内寂聴は良いですし、休憩中に流れる黒柳徹子との対談動画も面白い。徹子の部屋ではいつも聞き手に徹している?黒柳徹子の天然トークが全開で、徹子の違った一面が見れる。

あと何気なく話していた矢野顕子さんからもらった、ヤフー知恵袋で見たという半身浴のメールの話も面白い。

今話題の”半身浴”を始めた人がいたらしいのだが、どうやっても目や耳に水が入ってしまい上手く出来ないという書き込みがあったという。

このネタもとを探してみたらありました。たぶんコレですね。

評価 ★★★★★ (星5つ)

(このモノマネコンサートは、素晴らしい。実際の本人の歌を聞いているほど、完成度の高いものもあり、歌手のコンサートとしての聞き応えあるし、本人をバカにしたモノマネも面白い。)
 

AAA 5th Anniversary LIVE の感想(ネタバレ)

2010.11.10 Wednesday ライブ&コンサート レビュー

■AAA 5th Anniversary LIVE の感想(ネタバレ)



WOWOWで放送していたエーベックス(AVEX)のダンスユニットAAAのライブ「AAA 5th Anniversary LIVE」を鑑賞。

【AAA 5th Anniversary LIVE の曲目リスト】

One Night Animal
唇からロマンチカ
Heart and Soul
Dream After Dream
MIRAGE
Believe own way
Find you
Hide & Seek
Hide-away
MUSIC!!!
HORIZON
Winter lander!!
逢いたい理由
負けない心
Break Down
Getチュー!
ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
Day by Day

-------

■AAA / AAA 4th Anniversary LIVE ダイジェスト

以下は去年のライブダイジェスト。



AAAは名前だけで、個人的に曲は一曲も知らないなかで見た今回の2010年9月12日の横浜アリーナのWOWOWでのライブですが、なかなか楽しめました。

男性ヴォーカルもみんな普通に歌上手いですし、女性ボーカルの一人はやたら胸を強調したセクシ−な衣装を着ているしで、エーベックスは、AAAにも倖田来未のセクシー路線があるようです。

ちなみにAAAの女性メンバーは、なぜか歌手だけでなくモデルや女優でも活躍しており、ウィキペディアで調べると、歌手としては珍しくスリーサイズも表記されている。これはちょっと意外ですね。

さらに調べてみると、AAAの元メンバーは結構セクシ−を売りにした写真集が出ている。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(AAAの音楽はともかく、女性メンバーは、歌手以外の活動も多岐に渡り、ちょっと方向性がブレブレですね。ちなみに男性ボーカルの西島隆弘は、バラエティで女装に挑戦していて、女性顔負けのなかなかのクオリティを出している。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:AAA
 

the GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 の感想

2010.10.02 Saturday ライブ&コンサート レビュー

■GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 の感想



WOWOWで放送していた日本のビジュアル系ロックバンド「THE GAZETTE」によるライブ「the GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 」を鑑賞。

■楽曲リスト

Nausea & Shudder 
SHIVER 
AGONY 
BEFORE I DECAY 
Hyena 
13STAIRS[-]1 
奈落 
The Social Riot Machines 
HESITATING MEANS DEATH 
HEADACHE MAN 
COCKROACH 
DISCHARGE 
Filth in the beauty 
関東土下座組合 
LINDA candydive pinkyheaven 

■the GazettE - Nausea & Shudder



■Gazette - LINDA candydive Pinky heaven (live)



「XJAPAN」「SIAMSHADE」以来の久々に観客が頭を振り乱すヘッドバッキングをしているロックなライブを見てしまった。カメラに映るアリーナ席の女性が、長い髪の毛をグルグル回している。傍から見るとこれはものすごく怖い…。

しかも、ガゼットのメンバーのようにビジュアルメイクしている親衛隊のような女性ファンではなく、普段は普通にOLの仕事をしてそうな人も、このガゼットのライブに来て、頭を振り乱している姿はちょっと怖すぎだ。ONとOFFの瞬間はどういうことになっているのか…。

観客のことはさておき、ガゼットライブの方は、重低音を聞かせたテクニカルなギターが印象的。タッピングやワーミーなどギターテクニックや特殊な機材を使ったものも拝見でき、ギタリストとしては楽しめる。

ただ、ガゼットの楽曲をひとつも知らない自分としては、度重なる重低音の重さに途中でお腹一杯になってしまった。
評価 ★★★☆☆ (星3つ)
 
(現在では、過去のブームから比べるとかなり廃れてしまっているように思う日本のビジュアル系ですが、ガゼットのようなガチンコなバンドが東京ドーム(今度は12月23日にやるらしい)とか広い会場でも集客できるみたいなので凄い。「LUNA SEA」「XJAPAN」の後はこのガゼットなのか…)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:the GazettE
 

「speed live 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜」の感想

2010.08.19 Thursday ライブ&コンサート レビュー

■「speed live 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜」の感想



■出演者 SPEED(島袋寛子、今井絵理子、上原多香子、新垣仁絵)

2010年7月11日に大阪城ホールで行われた「SPEED LIVE 2010」がWOWOWで放送していたので見てみました。収録曲は、Bridge to Heaven 、Body & Soul 、熱帯夜 、指環、ALL MY TRUE LOVE 他。  スピードファンでなくても、楽しめるようにスピードの代表的なナンバーも何曲か披露している。

内容は、ライブコンサート+別撮りの4人のトーク(はがきのコーナー)がある。トークコーナーでは、スピードになっていなかったら何をしている?というはがきの質問に、ジュエリーデザイナー(島袋寛子)、ラーメン屋(新垣仁絵)、獣医(上原多香子)という回答が聞ける。

その他、最年少のHIROですら26歳という年齢になり、バックダンサーに年下が多くなった、HIROさんと”ちゃん”付けでなく”さん”付けになったと言う話や、ライブ中に楽屋で奇声のようなボイストレーニングを始め、メンバーに気味悪がれる今井絵理子の姿や、ダンス中に上原多香子は新垣仁絵の踊りを見て、お客さんには見せない満面の笑みを浮かべているなど裏話が語られている。

ライブもさることながら、トークでは、メンバーの心境や裏話が聞ける内容になっている。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(代表曲以外の新曲やアルバム曲などほとんど知らないが、結構楽しめる。HIROのパートは、相変わらず高音で出すのが大変だなと思ってしまった。やっぱりHIROは歌が上手い。個人的にHIROは、ソロで歌う落ち着いたジャズ調のナンバーの曲がムード満点で良いですね。)

■(PV) hiro Coco d'Or Orange Colored Sky



Coco d'Or Parfait
(※HIROのジャズアルバム。視聴もできます)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:SPEED
 

X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 感想(ネタバレ)

2010.08.15 Sunday ライブ&コンサート レビュー

■ X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 感想(ネタバレ)



本日8/14にWOWOWで独占生中継していた「 X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起 〜世界に向かって〜 / 再会の夜」を見てみました。

たしか2007年の再結成ライブ、香港でのアジアライブ以来のXJAPANライブだと思いますが、いつもながら、WOWOWが放送権を獲得。

今回は、日産スタジアムライブの模様をPM5:30〜PM10:00まで4時間30分という大きな生放送枠を確保しています。

しかし、相変わらず、PM5:30〜放送開始しても、XJAPANのメンバーは一向に現れない。基本Xのライブは、開演しても1時間〜2時間は待たされることが普通。しかもファンもそれが当たり前だと思っているので、怒ることなくこの待ち時間を逆に楽しんでいく。JRの遅延とは大違いです。

しばらくは、会場に入る人やメンバーのコスプレをする人たちの映像が映っていたが、PM6:00を過ぎると、照明が変わり、メンバーが一人ずつ登場してきた。今回は、開演から始まりまで意外と早かった。

演奏曲は、Rusty Nail から始まり、途中に珍しくPATA+SUGIZOのGUITARSOLOコーナーがあった。その他、検■悄ぃ截錬咤硲稗+TOSHIのピアノバラード曲や全編英語歌詞?の新曲も披露していたと思う。※聞いたことがなかったので。

ちなみに、今回は、PM7:30ごろには基本のセットリストを終えてしまう。(※意外と曲数少ないです)

そして、アンコールに突入、PM8:00〜には普段オーラスに行っているXジャンプの”X”が旧メンバーのTAIJIを迎えて披露され、WOWOWの放送時間2時間たっぷり残し、異例の速さでライブが終わる。ファンとしては、時間はたくさん残っているけど、「X」は演奏して終わっているからもう出てきてもやることないじゃないのかと思っていたら、30分後位に、アンコール2回目としてメンバー登場。

アンコール2回目ってあるんだ。結局その後何曲か演奏し、あとはライブ会場をYOSHIKIがひたすら周るいつもの展開でPM9:00前には完全終了。残った放送時間は、XJAPANの”検匹離廛蹈發鯲していたが、それでも時間が足りなくなると、急遽マイケルジャクソンの番組に変わっていた。

今回は、未視聴の映画やドラマが貯まっているせいで、ハードディスクの空き容量が無く、5時間もの長いXライブを録画できなかったのが一番痛い。今後のWOWOWの再放送に期待します。もともとの演奏時間は少ないので大分コンパクトになりそうですが。

ちなみにWOWOWで放送はしないが、翌日の8/15(日)も続けてXJAPANのライブは行われる予定。YOSHIKIが大分疲れていたが、大丈夫だろうか…。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(久々に旧メンバーのベースのTAIJIが参加して盛り上がったが、しばらく見ないうちに大分外見がふっくらとして変わってしまった。以前はすごい男前で尖っていたのがイメージに残っているが。あと、最近ベースを弾いていなかったのか、Xの演奏が気持ち危なげに見えた。せっかく揃ったのにHIDEがいないのはやっぱり惜しい。

ちなみにYOSHIKIがMCで「今日は暑い」「こんな暑いと思わなかった」に対し、TOSHIが「YOSHIKIの体は、ロス(L.A)仕様で、湿気に弱い」などと言っていたのが、面白かった。Xのライブは基本年末の寒い時期が多いからね。)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:x japan
 

マドンナの「Sticky & Sweet Tour」の感想(ネタバレ)

2010.07.05 Monday ライブ&コンサート レビュー

マドンナの「Sticky & Sweet Tour」の感想(ネタバレ)



2008年にアルゼンチンノブエノスアイレスで行われたマドンナ(MADONNA)のスタジアムライブがWOWOWで放送していたので録画してみました。

曲目は以下。

CANDY SHOP  
BEAT GOES ON  
HUMAN NATURE  
VOGUE  
DIE ANOTHER DAY  
GROOVE  
HEARTBEAT  
BORDERLINE  
SHE'S NOT ME  
MUSIC  
RAIN   DEVIL  
SPANISH LESSON  
MILES AWAY  
LA ISLA BONITA  
DOLI DOLI  
You Must Love Me  
DON'T CRY FOR ME ARGENTINA  
GET STUPID  
4 MINUTES  
LIKE A PRAYER  
RAY OF LIGHT  
HUNG UP   GIVE IT TO ME
(※順不同)

もともとマドンナのファンという訳ではないですが、知っている曲(聞いたことのある曲)も何曲かあり、ステージパーフォマンスとしても楽しめるライブ。

さすがにエンターテーメントの世界(アメリカ)のトップを走るアーティストのライブだけに、ダンスや劇っぽいステージは豪華でほぼ曲毎に、衣装や雰囲気がガラット変わって、飽きさせない。特にダンサーのパーフォーマンスの高さはスゴイ。

個人的に、マドンナのライブを観ると、どことなく日本の浜崎あゆみのステージパーフォマンスを思い出します。浜崎あゆみがマドンナのファンということもありますが、たぶん意識しているところはあると思います。

今回は、エレキギターを弾くマドンナが印象的でしたが、もしかしたらこの影響で浜崎あゆみものちのちギターを弾きながら歌うライブが今後あるかもしれません。

評価 ★★★☆☆ (評価 星3つ)

(今回もそうですが、マドンナの衣装でよく黒のハイレグパンツみたいなのを履いて踊っているのを見かけますが、個人的にどうもこれだけはオシャレに見えない。セクシー路線を狙っていると思うが、どうもピンと来ない。)


スティッキー&スウィート・ツアー(CD+DVD)



JUGEMテーマ:女性アーティスト

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links