TVシリーズアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(全26話)の感想(ネタバレ)

2019.05.16 Thursday アニメ/CGアニメ レビュー

■TVシリーズアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(全26話)の感想(ネタバレ)


■監督:庵野秀明
■出演者(声優):緒方恵美 三石琴乃 山口由里子 林原めぐみ 宮村優子


【TVシリーズアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(全26話)のあらすじ】

第3新東京市に降り立った少年・碇シンジを出迎えたものは、人類の存在をも脅かす驚異――使徒と国連軍との激しい戦闘であった。シンジは葛城ミサトの手引きにより、特務機関ネルフの本部へと向かう。そこで再会した父・ゲンドウは、汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンへの搭乗、及び使徒の殲滅をシンジに促すのだった。

WOWOWから引用

【TVシリーズアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(全26話)の感想(ネタバレ)】 

 

1994〜5年に放送していた庵野秀明原作の人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のTVシリーズ版。

 

去年(2018年)の11月位にWOWOWで一挙放送してたので、一応録画してみた。

 

正味本編は、1話20分×26話=520分なので、2時間映画だと大体4.3本分という結構長い話ではあるのだが、なんとかすべて見終えた。

 

まず見終えた感想だが、そんなに話題になるほど面白いか?というのが正直な感想だ。

 

たしかに、今から25年以上前の作品で、作品としてのクオリティを考えるとすごいが、エンタメとしてストーリーが面白いかというと、かなり疑問だ。

 

とにかく、ダメな主人公のシンジに共感できないところから始まり、セカンドチルドレンのアスカがただただうるさくて、演出がときおり嫌味なほど格好つけていて、堅苦しい。そんな印象しかない。

 

特に最終話が近づいて、人類補完計画なるものがあきらかになり始めると、自我の話(心理的な無意識部分の問いかけ)になり、より話は難解で、全く楽しさがない。最初のエヴァンゲリオンの話はどこいったんだという位、話がそっちに行ったきり戻ってこない。

 

アダムとイブ(エヴァ)の聖書ベースから始まって、その答えが神という外側の存在の方向に進むのではなく、人間の精神面(内面)に落とす哲学チックな話の流れは、かなり大人向けで、そういうのが好きな人にとっては、今までに無いようなアニメだと思う。

 

その一方、世界は自分の考え方(思い込み方)次第という結論に達してるが、その話を全26話、520分も使って語られてると思うと、ちょっと時間を返してほしいとも思う。

 

最終回を見るからに、最初から繰り広げられていたエヴァンゲリオンと数十体の使徒の戦いって、そこには特に意味がないと思うし。

 

あえて、主人公のシンジがヒーローらしからぬダメ設定になっているのも、最終的にそこの自己啓発をやりたいがための設定だし。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:作品としての完成度の高さは感じるものの、ストーリーとしての面白さはあまり感じないちょいエロ作品。結局、最後まで見ても、わかったようなわからないような話。かと言って最初からもう一度、謎を明らかにしよう、見返すほど手が伸びるほどでもない。非常に”う〜〜ん”な話ですね。ただ、19話は面白い。)

 

 

 

>>日テレ限定 新世紀エヴァンゲリオンDVDボックス 新品

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:エヴァンゲリオン

 

映画「リメンバー・ミー(2017)」の感想(ネタバレ)

2019.02.09 Saturday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「リメンバー・ミー(2017)」の感想(ネタバレ)


■監督:リー・アンクリッチ エイドリアン・モリーナ
■出演者(声優):石橋陽彩 藤木直人 橋本さとし 松雪泰子 磯辺万沙子


【映画「リメンバー・ミー(2017」のあらすじ】

メキシコの町サンタ・セシリア。ギターの天才で、音楽家を目指す12歳の少年ミゲルだが、彼の家族は過去の因縁から音楽と接することをタブーにしていた。だが年に1度の“死者の日”、ミゲルはひょんなことから自分の祖先が人気歌手デラクルスであるという可能性を知る。そんなミゲルは亡くなった人々が暮らす“死者の国”に迷い込んでしまうが、日の出までに元の世界に戻らないと彼は永遠に家族と再会できなくなることに……。

WOWOWから引用

【映画「リメンバー・ミー(2017)」の感想(ネタバレ)】 

 

第90回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞に輝いたというディズニー/ピクサーのCGアニメ。

 

久々にピクサーのCGアニメを見つけたので選んでみた。

 

物語は、メキシコの”死者の祭り”を舞台に、音楽を否定した家庭に生まれた少年の音楽への欲求を描いた話。

 

一応ジャンルは、タイトル名のテーマ曲も用意(リメンバーミー)され、あきらかな音楽映画である訳だが、物語としての感動は少なめ。時々号泣するほど良いCGアニメがあったりするが、これはさほど涙腺には来なかった。祖母にギターを壊された瞬間が感情的に最高潮に達するが、それを頂点として、後は、そこを超えるレベルの悲しさは無い。

 

しかし、押さえるところはちゃんと押さえているので、ストーリーとしては普通に見れます。

 

ちなみに死者の世界をCGで描写し映像もきれいだが、このメキシコの死者の世界の設定がなかなか興味深い。

 

家族(子孫)が、家の祭壇に死者の写真を飾っておかないと、死者の祭の日が来ても、死んだ家族は、こちらの世界に戻って来ることができない。日本のお盆と同じようなものだと思うが、誰からも写真を飾られず、誰からの記憶からも思い出を忘れ去られてしまうと、死者の世界での肉体(骨、魂)すらも消滅して、完全に無と消えてしまうようだ。

 

一度死んでる上に、死者の世界でもさらに死んでしまい…(消えて)、これがちょっと悲しい。

 

よく誰かが死んだときに、彼、彼女との思い出を忘れないという慰めの言葉があるが、あれと連動してるような設定らしい。誰からも忘れ去られた時が、本当の死(二度目の死)だとは、よくマンガで聞いたりするけど。

 

仏教的には、完全消滅(解脱、入滅)した方が、苦楽から離れて成功じゃないのかと思うけど。一般的には、いつまでもこの世界に拘ってる生き方(考え方)の方が、わかりやすく、支持されやすいのだろう。どちらが正解かはわからないけど。

 

ちなみに、この作品の死者の世界では、こっちで亡くなった時の年齢の状態で死者の世界でも、死者が生きていることになっている。

 

ママココという少年ミゲルの曾(ひい)おばあちゃんに当たる老人が出てくるが、椅子に座り日中もほぼ動かず(動けず)、生きてるのか死んでるのかわからない状態で過ごしているのだが(無反応のリアクションがシュールで面白い)、最終的に亡くなって、死者の世界の親族メンバーとして加わった時、さっきと見た目同じ状態(少し歩いてはいたけど)で、死者の世界のメンバーになっている。

 

この設定(印象)のおかげで、ママココの死んだ(殺されてしまった)父親よりも、娘(ママココ)の方が長生きしたことで、見た目年齢が大幅に逆転している。設定上その方がわかりやすいからだと思うけど、少し深く考える人間には、死後の世界のこと考えれば、こっちであまり長生きしない方がいいんじゃないかと思ってしまいそうだ。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:音楽シーンの音楽と演奏のシンクロ率が上がったピクサーの音楽アニメ。少し前のCGアニメでは、ギター演奏は弾きマネレベルだったのが、この作品では、ほぼ実際のギター演奏とCGの指の動きがほぼ同期するようになった。この辺が、長編アニメ映画賞を受賞したところじゃないかと勝手に想像する。内容的には、アナ雪とかの方が良いと思うので。ただ、アニメとはいえ、映像(演奏シーン)と音楽がピタっと合うと、シーンの説得力が大分上がります。)

 

 

 

>>リメンバー・ミー MovieNEX《通常版》 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「君の名は。」の感想(ネタバレ)

2018.08.18 Saturday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「君の名は。」の感想(ネタバレ)


■監督:新海誠
■出演者:神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子 成田凌 悠木碧 島崎信長 石川界人 谷花音


【映画「君の名は。」のあらすじ】

1000年ぶりとなるある彗星の来訪を1カ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、町長である父親の選挙運動や家系の神社の古き風習が憂鬱で、都会への憧れを強くするが、自分が東京に住む男の子になる夢を見だす。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧は、行ったこともない山奥の町で暮らす女子高校生になる夢を見だす。自分たちが夢の中で入れ替わっていることに気付いた2人は、互いへのメモで交流を始める。

WOWOWから引用

【映画「君の名は。」の感想(ネタバレ)】 

 

興行収入250億円突破し「千と千尋の神隠し」に次ぐ邦画史上第2位という記録的大ヒットとなった新海誠監督による長編アニメ。

 

WOWOWで去年の11月位?に「君の名は。」の初放送に合わせて新海誠監督特集で過去作品を一挙放送していたが、その録画分を今になって見てみた。

 

2016年の大ヒット作品ということで、見る前から期待値は上がるが、内容的には、アニメを超越するような映像の綺麗さとともに、彗星が日本に衝突し、ある地域が消滅してしまうという、なんとも言えない絶望的な世界観が悲しくもあり、でもそれがどこか気持ちが良かった(癒される)。

 

日本人だからなのか、ただ個人的な感覚なのかわからないが、世界の終わる瞬間、またはそれに準ずるような絶景。人間離れしたパワーが加わったモノ(景色)を目の前につきつけられると、なんとも言えない気分になる。

 

これは映像面の力だと思うが、宮崎駿の「もののけ姫」でもそんな感じを味わったが、日本的な緑の自然の中で描かれる、人間が作ったものまたは、人間自身を一瞬で破壊するような神々の力みたいなものに遭遇すると、そこに非常に惹かれる自分がいる。圧倒されるというか。

 

この映画は、その部分を見せてくれたという意味では、十分価値があるし、田舎の世界観が本当に綺麗だ。

 

ただ、必要以上の男女の恋愛的なやりとりや、RADWIMPSのゴリ押しと言わんばかりの音楽は、せっかくの新海誠の落ち着いたタッチの映像(世界観)を台無しにしているように思う。下手すると、RADWIMPSのMVのようにも見えなくもない。とてももったいない。

 

またRADWIMPSの歌詞が100%映画にシンクロしてる訳でもないので、非常にどっちつかずの中途半端感がある。

 

RADWIMPSの音楽を聞かせたいのか、アニメのストーリーを見せたいのか、一体どっちなんだ。

 

個人的に映画を見てる側としては、RADWIMPSの音楽が聞きたくて、このアニメを見てるわけではない。テーマソング(タイアップ)として1曲、2曲ならまだわかるが、結構な数の曲が劇中で使われている。

 

なんだそれだ。

 

新海誠がRADWIMPSがもしかしたら好きなのかもしれないが、だからと言って使いまくればいいという訳ではない。それは家で一人で聴いてくれ。

 

個人的に、この「君の名は。」の世界観に合う音楽は、アップテンポなロックとかではなく、宇多田ヒカルの「真夏の通り雨」のような曲の方が合う。それとRADWIMPSの音楽は、自己主張が強すぎだ。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:ストーリーよりも前にやたら出てくるRADWIMPSの音楽が非常に邪魔な新海誠アニメ。この作品は結局これに尽きる。決してRADWIMPSの音楽自体が嫌いという訳ではないが、どうも序盤のテーマソングの入れ方やその他、ところどころで入る音楽の挿入の仕方などRADWIMPSのためにアニメを作ってるような感じがして、非常に見ていて気分が悪いというか、アニメ監督として、他人の音楽の世界観(歌詞付き歌)に頼り切っているその姿勢にプライドはないのかと思ってしまう。そもそも映画の序盤で映画とは全然関係ないバンドや歌手のタイアップ曲(挿入曲)を流して、そのノリで映画の本編(世界観)に入っていこうとするようなポップな映画はろくでもない(笑)これだけは間違いない。邦画にやたら多いけど。自分が映画監督なら、まずはそこの映画とは関係ない邪魔なタイアップ曲の排除から取り掛かりたい。)

 

 

君の名は、三葉

 

-?

 

 

>>君の名は。 Blu-rayスペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「カーズ/クロスロード」の感想(ネタバレ)

2018.08.16 Thursday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「カーズ/クロスロード」の感想(ネタバレ)


■監督:ブライアン・フィー
■出演者(声優):土田大 松岡茉優 藤森慎吾 戸田恵子 赤坂泰彦 福澤朗 山口智充


【映画「カーズ/クロスロード」のあらすじ】

最強のチャンピオンにして天才レーサーのライトニング・マックィーン。だが、ベテランとなった彼の前にハイテクを使った新世代レーサーのストームが現われた。その速さに焦りを感じた彼は、レース中のバトルで大事故を起こしてしまう。ストームがレース界を席巻する中、マックィーンは知識と情熱を持ったトレーナー、ラミレスとの出会いや、ラジエーター・スプリングスの仲間たちの支えを頼りに、復活を懸けた特訓を続けるが……。

WOWOWから引用

【映画「カーズ/クロスロード」の感想(ネタバレ)】 

 

 

車たちが活躍するピクサーアニメの第3弾。

 

カーズの最新作がWOWOWで初放送したので見てみた。

 

第1作「カーズ」が2006年に公開、第2作「カーズ2」が2011年に公開そして、この第3作「カーズ/クロスロード」が2017年公開と、カーズは、ヒット作の割に意外とパート1からパート2、パート3と次作の制作スケジュールが平均5〜6年と結構空いている。

 

個人的にシリーズ化しても、その間が5年以上経ってしまうと、よほどの作品でない限り、ストーリーの詳細は忘れてしまう。

 

このカーズも同様、作品が良かった印象こそあり、主要キャラクターは覚えているが、パート1とパート2のストーリーの流れは、ほとんど忘れて記憶から消えてしまっている。

 

今作でも過去の話(昔のチャンピオン)とかが少し出てくるが、さすがにほとんど覚えてなく、なんかそんな話あったような…という感じで、ついていけず時々、我に返ってしまう。

 

カーズは、好きなアニメだが、自分の記憶が悪いせいか、パート2から時間が経ちすぎていたためか、今作は感情移入が結構微妙に感じる。

 

それとパート3にもなると、主役のマックイーンがレースですでにチャンピオンとなり、物語としての爽快感であるサクセスポイント(成功体験)はやり遂げてしまっている手前、それが前提となっている序盤は、あまり感情移入ができない。

 

一応、新世代のレーサー、ストームが現れて、チャンピオンの座か引きづり下ろされて、自信喪失、再起を図ろうとトレーニングを始めると少し面白くなってくるが、マックイーンはプライドが高く言われたトレーニングに真面目に取り組まないので、中盤でもまだ共感が弱い。

 

てっきり、最新施設でのトレージングを順調に積んで、そのまま”ストーム”と対決して勝つのかと思ったがそういう流れにはならず、最新トレーニングをあっさり放棄すると、女性トレーナー(ラミレス)とともにバトルレースに出たり、独自トレーニングを始めたり、大分わき道にそれる。この辺は、何をしたいのかよくわからない。

 

結局、大した練習成果がないまま、本番のレースが始まってしまい、案の定、マックイーンは、新世代のレーサー、ストームについていけず、途中でトレーナーとしてずっとマックイーンと同行していたレーサー志望だったの若いラミレスを指名して交代する。

 

ラミレスは、動揺しながらもマックイーンの意志を引き継ぎ、交代してレースに出て、これまでのマックイーンとのトレーニング成果を発揮して、ストームを抜き去り新チャンピオンになる。

 

なんだかんだあったが、この終盤の展開は、序盤、中盤の共感の弱さをすべて払拭するほど、世代交代を上手く描いたマンガの1シーンみたいで非常に気持ちが良かった。一応、途中の伏線(抜き去り方)も回収するあたりもベタだが良い。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:終盤ですべて挽回してくるカーズ第三弾。第三弾ともなるとところどころマンネリ感は出てるが、序盤やラストのレースシーンの迫力は、CGアニメとは思えない迫力と緊張感がある。もう下手に実写で頑張っている映画のカーアクションよりもシーンとしての完成度は高いかもしれない。カーズ恐るべし。今回も日本語吹き替え版で見たが、新世代レーサー:ストームの吹き替えをオリラジの藤森慎吾がやっているが、意外と違和感がない。それと意外と話がごちゃついていて、名言みたいのは拾えなかった。)

 

 

 

>>カーズ/クロスロード MovieNEX ブルーレイ&DVDセット

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「モアナと伝説の海」の感想(ネタバレ)

2018.06.11 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「モアナと伝説の海」の感想(ネタバレ)


■監督:ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
■出演者(声優):屋比久知奈 尾上松也 夏木マリ 安崎求 中村千絵 ROLLY

WOWOWで放送していた映画「モアナと伝説の海」を鑑賞。

【映画「モアナと伝説の海」のあらすじ】

豊かな自然に恵まれたモトゥヌイの島。少女モアナは、幼いころの不思議な体験から、海と特別な絆で結ばれていた。彼女は大海原の先に広がる世界を見たいという気持ちを募らせていくが、島には決して外洋に出てはならないというおきてがあった。そんなある日、島に異変が起き始める。その原因が、かつて半神半人の英雄マウイが命の女神の“心”を盗んだことにあると知ったモアナは、女神の“心”を取り戻すため島の外へと旅立つ。

WOWOWから引用

【映画「モアナと伝説の海」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「アナと雪の女王」「ズートピア」のディズニーが送る新作長編CGアニメーション。

 

新たなCGアニメ作品を見つけたので見てみた。

 

こちらは、「アナと雪の女王」「ズートピア」に続く、同じディズニーアニメの新作だったようだが、ヒット作「アナと雪の女王」「ズートピア」と比べるとかなり微妙な出来の作品。

 

まず、「アナと雪の女王」で味を占めたのか、この「モアナと伝説の海」も劇中歌(登場人物が急に歌い出すお決まりの演出)には大分力を入れている。

 

しかし、アナ雪は、バランス良くストーリーに組み込まれていて、自分は嫌いなミュージカル演出でも特に気にならなかったが、このモアナは、途中でいいかげん歌はいいから話を進めてくれと言いたくなるほど、歌の時間が長く邪魔に感じた。

 

メインテーマのヒロインのモアナの曲は、アナ雪調で楽曲自体はキャッチーで悪くないが、舞台がからっとしたハワイ(海)の映像をバックにマイナー調の歌でキャラクターの心情(悩み)を表現されてもどうも伝わってこない。

 

っというか、しんみりするシーンでその心情を急に歌って表現されても(歌うことで悲しみを吹き飛ばすのか)のは、悲しいのに元気に歌ってて、それだけ歌えるなら大して辛くないんじゃないかという気がして共感しにくい。この作品は、せっかくのしんみりを歌に乗せてぶち壊してるような、そんな印象がある。

 

また他のキャラクターたちもそれぞれ自己紹介がてらお決まりのように歌い出すが、アナ雪的な意図が頭を過ぎって見てられない。

 

ちなみに、歌が伝わってこないその原因は、キャラクターへの共感度だと思うが、アナ雪は、触ったものを凍らせてしまう呪い?にかかってしまった姉妹の不幸な過去と苦悩が理解できるが、このモアナは、別に呪いにかかってるわけでもなく、サンゴ礁の先は危険だから行ってはいけないという父親からの制限があるのみでそれ以外の深い悩みがない。

 

親から何かを禁止されるというのは、誰もが通る子供時代のよくある悩みのひとつではあるが、この悩みだけでは、感情移入するほど深く入れない。別に仲間からいじめられてるわけでも、のけ者にされてる訳でもないし。

 

普通に愛されてるが、深いところで気持ちを理解してもらえていないという部分のみ。それも悩みといえば悩みでもあるが、物理的に不幸な状態になってるのとは違う訳で、これでは共感が弱い。これは悩みというか不満レベルかな。

 

またさらに言うと、島で生活してるのだが、サブキャラレベルにヒロインのモアナと親しくしている島の住人(仲間、友達)が出てこない。みんな背景レベル(知り合い位)の人たちで関係が薄い。唯一の友は、鳥とブタ?とばあさんだ。

 

普通なら、モアナと同年代の親しい友人が数人いて、彼らとの親密なやりとり(何か行動を起こす動機や原因になるような)があったりしてそこの関係性から自然と共感が出てきそうなもんだが、そういう出来事がなぜか一切ない。

 

島で仲間(グループ)から受け入れられずにいるとか(いじめにあってるとか、見下されてるとか)、そういうのでなく、ただなんとなく一人という状態(一人を選んでいるというのが正解かな)がモアナの基本設定になっている。

 

そのため、モアナは島で暮らしているのだが、住民側からみたら、なんとなく一人だけ夢想して宙に浮いているような不思議ちゃん的存在にみえる。

 

そんな状態のキャラクターが、一応目的をもって(石を返すために)海に出ることを決意するが、ほぼ誰にも言わず(ばあさんと母親だけに言って)に勢いに任せて旅立ってしまったため、目的の重要さが最初の段階でこちらにあまり伝わってこない。

 

普通は、島の問題でもあるわけだから、旅立ちの日には、島の全住民から夢(希望)を託されて、その期待を背負って出て行くものだが、そういうのがあらかじめないので、いざヒロインがピンチになった時に、精神的に応援してくれるのが、ばあさんしか出てこない。

 

実際、石を返す作業は、島のための行動なのだが、石を返す作業が腐敗していく島を救うということを島の住民がその情報を意図的に伏せられていたからか、あまり認識していないので(説得していないし、父親は話を聞いてくれない)、最後に無事に島に戻ってきたときにも、海に出て行方不明になっていた子(モアナ)が無事に戻ってきたから良かったみたいなレベルで終わっているように思う。

 

普通は、島を救うためには、石を返す必要がありということを理解した上で、島の誰かが行かなければいけないという前提があった上で、島の住民がその危機状態を共有した上で、島を代表して、冒険に行く人間を数人決めて、代表者は島のみんなの想いを背負って、海に出るという流れがあるが、その辺が一切ないので、目的の重要さを身近に感じにくい。

 

さらに言うと、海に出て英雄のマウイと出会ってからは、小さいモンスター集団とでかいカニと魔物?(島を守るボス)しか基本出てこないので、外に出たわりに話が大分しょぼい。スケール感はあるけど、内容は薄い。

 

通常、海に出れば、他の島で暮らす住人(部族)とかと出会って、話をしたりして、見識が広がったりという交流がありそうだが、そういう拓けた世界は全く出てこない。ずっと地味に冒険中。そして、ほぼ英雄マウイとの代わり映えしないやりとり。なんでしょうこの話(笑)

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:劇中歌の出来は良いがストーリーはイマイチのディズニーCGアニメ。ところどころ共感するところは無くも無いが、個人的にアナ雪やズートピアと比較すると、このモアナは大分失敗作かなと。海を舞台にしたCGのクオリティは、綺麗で見ごたえはあるが、ストーリーやキャラクターはもう少しなんとかならなかったのかと思う。石によって、生命が死んだり、生き返ったりする見せ方は、どこかもののけ姫みたいな雰囲気がある。日本語吹き替えでは、ばあさんの吹き替えを夏木マリがやってるが、毎回PS3のアンチャーテッドの方を思い出す。この作品、話が微妙だからか、気になるセリフ(教訓)も拾えなかった。)

 

 

 

>>モアナと伝説の海 MovieNEX ブルーレイ+DVDセット

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「ペット」の感想(ネタバレ)

2018.05.06 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ペット」の感想(ネタバレ)


■監督:クリス・ルノー ヤーロウ・チェイニー
■出演者:設楽統 日村勇紀 中尾隆聖 沢城みゆき 永作博美 山寺宏一 佐藤栞里

WOWOWで放送していた映画「ペット」を鑑賞。

【映画「ペット」のあらすじ】

マンハッタン。犬のマックスは毎日、飼い主ケイティが出掛ける日中、お留守番をしながら近所のペットたちと遊んでいた。ある日ケイティは保健所から大型犬デュークを引き取るが、マックスはデュークと仲よくなれない。近所のドッグランに行った際、野良猫のボス、オゾンの意地悪でマックスもデュークも首輪を切られ、2匹は動物管理局の職員に捕らえられてしまう。脱走したマックスたちはケイティの家に帰ろうと協力し合うが……?

WOWOWから引用

【映画「ペット」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「怪盗グルーのミニオン危機一発」のクリス・ルノー監督と、本作が長編初監督のヤーロウ・チェイニーが共同監督したというCGアニメ。

 

番組情報で日本語吹き替え声優にお笑い芸人のバナナマンの二人の名前があったので見てみた。

 

内容は、人間のペットとして生きる動物たちが散歩中に飼い主とはぐれてしまい、自力で家に戻ろうとするが、動物管理局に捕まってしまい…という話。

 

この作品、物語としては、トイストーリーの動物版みたいな話でありながら、ハリウッドのCGアニメ作品特有の共感できるツボはしっかり押さえていて、最後まで安心してみられる。

 

ただ、安心してみられるのだが、それ以上の内容の奥深さがあまりない。

 

単純に子供向けと言ってしまえばそれまでだが、せっかくこのペットというテーマで描き、”動物管理局”という存在も登場させているのだが、動物管理局がどういうところなのか実態を掘り下げていない。

 

動物管理局に捕まるところまでは(車に乗せられるところまでしかない)、描いているのに、その後にどういう風に動物たちがその施設で処理されているかという部分を描かないので、動物管理局の怖さがほとんど伝わってこない。

 

子供向けだからあえてそんな残酷な描写は避けたと思われるが、そこを描かないと”ペットと人間という関係”の本質は見えず、あまり意味がないように思う。

 

個人的には、動物管理局で捕まった後、施設で殺処分される寸前で、他の処分を待つ老動物たちが犠牲になって逃がしてくれて、なんとか逃げ出すことに成功するようなシーンは、入れておくべきだったと思う。

 

それでこそペット側から見た人間の本当の両面を知ることが出来るだろうし、それでこそ、マイホームに戻った時に唯一愛してくれる飼い主の良さが出てくるというものだろう。

 

この作品は、あまりにも人間(飼い主)全般がペットを愛しているという善人面を強く出しすぎているし、ペット側もそこに関しては、かなり能天気過ぎる。ほとんど悪い人(キャラ)たちが出てこないので、見てて悪い気はしないけど、その分、それ以上心に深く刺さってこない。もっと作品、もっと物語の強弱を付けたら、号泣してたテーマと思うだけに残念だ。

 

一応、人間から捨てられたペット(野良動物)も出てくるが、ペットを実際に捨ててる人間が出てこないし(わかりやすくひどい扱いを受けてるペットも出てこない)、捨てられた動物達は、地下で集団で一応楽しく生活していて、特に苦労も無さそう(に見える)。そもそも下水で生活してるのにウサギのカラダ(毛)が綺麗過ぎるしね。

 

あと、大型犬のデューク(吹き替えは、日村勇紀)の元飼い主が実は、亡くなっていたので、動物管理局に捕まった時に迎えにこれなかったという設定(話)も、あそこは、もうちょっと良い展開があったんじゃないかと思います。あそこは、やっぱり生きていたけど、デュークが急に行方がわからなくなったので、他のペットを新たに飼っていた方が良かったと思う。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:バナナマンの日本語吹き替えキャラがもうバナナマンそのものにしか見えないCGアニメ(吹き替え版限定)。この作品、内容は別にして、吹き替えを担当してるバナナナマンが、物語上のキャラを演じてるというよりは、ただの芸人としての二人の関係性の延長として、このCGアニメがあるみたいに見えてくる。そういった意味では、バナナマンが好きなら、それだけで吹き替え版は、見る価値はあります。ただ、内容はホントに惜しい作品です。現実的な部分を描いていないからか、気になるセリフもなかったかな。作品としては面白いけど。)

 

 

>>ペット(Blu−ray Disc)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV キングスレイブ ファイナルファンタジー15」の感想(ネタバレ)

2018.03.11 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV キングスレイブ ファイナルファンタジー15」の感想(ネタバレ)


■監督:-
■出演者:アーロン・ポール レナ・へディ ショーン・ビーン エイドリアン・ブーシェ リアム・マルヴェイ トッド・ヘイバーコーン アレクサ・カーン

WOWOWで放送していた映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV キングスレイブ ファイナルファンタジー15」を鑑賞。

【映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV キングスレイブ ファイナルファンタジー15」のあらすじ】

魔法国家ルシスの王都で、敵対するニフルハイム帝国との停戦協定が結ばれようとしていた。ルシスの王子ノクティスは、和平の証しとして帝国属領の姫ルナフレーナとの結婚式を行なうべく王都を後にするが、一方のルナフレーナは極秘裏に王都を訪れ、国王レギスに謁見していた。そして調印式当日、突然帝国が裏切り、王都を攻撃し始める。混乱の中、国王直属部隊“王の剣”の従兵ニックスは、王とルナフレーナを守るべく闘うが……。

WOWOWから引用

【映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV キングスレイブ ファイナルファンタジー15」の感想(ネタバレ)】  

 

全世界累計販売本数600万を超えるPS4?の大作RPG「ファイナルファンタジーXV」の物語を補完するフルCG長編アニメ。

 

ファイナルファンタジーの世界観をCGアニメ化した作品が放送してたので見てみた。

 

個人的にファイナルファンタジーは、スーパーファミコンの「ファイナルファンタジー検廚函屮侫.ぅ淵襯侫.鵐織検辞后廚濃澆泙辰討い討修谿聞漾▲ャラが3D化されてからはやっていない。これはドラクエでも同じだが。ドラクエ8以降やってない。

 

そんな訳で、あのドット絵のキャラの印象しかなかったファイナルファンタジーがこの映画では、普通にハリウッドの超大作映画と変わらない質感(クオリティ)と世界観を構築できていることにかなり衝撃がある。スーファミの時とはもう別物だ。

 

さて、ストーリーに関してだが、国家の国王直属部隊のいち兵士に視点を置きながら、帝国からの侵略と内部の革命によって国家がの崩壊する絶望状況の中でも希望を見つけて前に進む姿が描かれていて、感情移入しやすい。

 

基本、感情移入しやすい物語の定番は、悪役が非情なほどの残酷さを持ち合わせていて、それによる影響で、主人公ら(仲間)が肉体精神ともにズタズタになりながらも、そこからなんとか這い上がっていくという大きな流れがあれば、ほとんどはずさないと思う。

 

有名なところでドラゴンボールのベジータ編や、フリーザ編などは定番としてわかりやすく感情移入しやすいストーリー展開。

 

ちなみにこの映画もその流れを汲みつつ名シーンがある。

 

国家が崩壊し、迫りくる強敵から命を狙われるようになった時に味方(主人公と姫)をバリアでガードして、自らが目の前で犠牲になる国王のシーンがあるが、ここはかなりぐっとくる。映像も綺麗でより儚い。

 

この自らを犠牲にするシーンは、いろんなドラマや映画、マンガでもときたま描かれるが、どのシーンでも印象深い。

 

ドラゴンボールならピッコロのシーンは印象的だし、ダイの大冒険なら序盤で師匠のアバンが死ぬところ(この部分は今回のファイナルファンタジーのシーンと酷似している)、ロードオブザリングならパート1のボロミアのシーンなどどれも良い。

 

ちなみにこのファイナルファンタジーは、世界観というか設定も良い。

 

魔法王家では国王の力によって兵士は魔法が使える状態があるが、国王が死ぬと魔法も使えなくなるという制限は、国家(国王)と国民が目に見える形で価値を共有しているのが見えて、運命共同体感があって良い。

 

また、魔法が使えるときにナイフを投げると、自分がナイフになり、そこに飛んでいける(移動できる)という設定(技)は、スピード感があるし、見た目もかっこいい。これ考えた人はすごい。

 

ドラキュラが移動時に一時的にコウモリになるみたいな発想だが、ナイフを投げるというのに置き換えたのは、アナログ感(投げる)と特殊能力のバランスがベスト。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4.2)

 

(まとめ:物語のツボはしっかり押さえている完成度が高いファイナルファンタジーの大作CG映画。CGのクオリティはすばらしいのだが(静止画)、動きが早いシーン(カメラワーク)や都市などを遠くから撮った際の細部に至るフォーカス感のピントが緩くてボケてしまうのが惜しい。これはCGを使った映画全般にいえることだが、細部のピントは実写には勝てない。CGでは、実写のクオリティを目指せば目指すほど(人間により近づけようとするほど)、実写にはほど遠いと感じてしまう。(一時的にはCG綺麗で凄いとなるけど)逆に実写を目指さず、ドラゴンボールのようにいわゆるマンガやアニメという世界観でのみ動かしたほうが、CGの荒さが気にならない。

最後にこの作品、字幕版と吹き替え版の両方が放送していたが、見比べてみて字幕でなくても大丈夫そうだったので、今回吹き替え版で見てみた。主役の声優は、綾野剛がやっているが、意外と声優も合っていた。逆に姫役の声は、棒読み感あってなんか微妙だった。)

 

 

力には責任が伴う

 

-?

 

 

>>KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の感想(ネタバレ)

2018.01.08 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の感想(ネタバレ)



■監督:山室直儀
■出演者(声):野沢雅子:中尾隆聖:山寺宏一:森田成一:堀川りょう:古川登志夫:田中真弓

WOWOWで放送していた映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」を鑑賞。

【映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」のあらすじ】

破壊神ビルスとの戦いも終わり、地球は平穏を取り戻していた。だがある日、フリーザ軍の残党ソルベとタゴマがドラゴンボールを集め、フリーザを復活させてしまう。悟空への復讐に燃えるフリーザは、これまでしたことのなかった努力と訓練によってさらなる力を身につけ、新生フリーザ軍を率いて地球に襲来。だが、肝心の悟空とベジータは修行中で不在、やむなく悟飯、ピッコロ、クリリンたちがフリーザ軍を迎え撃つのだが……。

WOWOWから引用

【映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の感想(ネタバレ)】  


原作者の鳥山明自身が初めて脚本を手掛けたという劇場版「ドラゴンボール」の第19作。

前回劇場版の「ドラゴンボールZ 神と神」を見たので続けて、一緒に録画していた現在(2018年現在)のドラゴンボール劇場版の最新作にあたるこちらも見てみた。

今回は、サブタイトル?に”復活のF”というタイトルが付けられてることからもわかるとおり、未来のトランクスに粉々にされてしまったフリーザが再生、復活してまた地球征服(悟空への復讐)を企むという話。

ちなみに、前回の「ドラゴンボールZ 神と神」では、ほぼ悟空のワンマン映画になっていたが、今回は、復活したフリーザが1000人の部下を地球に引き連れてきたことから、その弱いザコ戦闘員と戦うために地球にいるZ戦士(ピッコロ、天津飯、クリリン、亀仙人、悟飯)の活躍(戦闘)が見られる。

個人的に、ベジータ以降の元から地球にいるZ戦士(悟空の仲間たち(ドラゴンボール時代の仲間))は、スーパーサイヤ人化してしまう悟空やベジータほか、その子供サイヤ人(トランクス、悟天)ですら戦闘力が開きすぎてしまい、活躍機会がほぼない。

今回もクリリンと天津飯、亀仙人は、本来なら全く必要性はないが、特殊な事情をそろえたことで同情出演のような形で、活躍機会が実現している。戦闘力で言えば、クリリンより嫁の人造人間18号の方が強いし、天津飯は、修行してるとはいえ、やはりナメック星で最長老にパワーを引き上げられたクリリンよりは弱いだろう。

亀仙人に関しては、いくら人間として強いとは言っても、もう他の誰にも勝てないだろう。ピッコロも彼ら全員よりは強いが、スーパーサイヤ人になれる悟飯がいたらそれだけで、戦力としている意味があまりない。

ただ、そういった事情はあるが、そんなことを言ってしまうと今回の話自体(今更フリーザが復活したところで…どうなんだ)もともこもないので、今回の特殊な事情(ストーリーに邪魔な脇役キャラクターを都合よく捨象してる)を踏まえたストーリー構成は、これはこれでありだと思う。

やはり、個人的にドラゴンボールは同じ地球人のクリリンが活躍してるかどうかが、非常に大きな要素を占めていると思っている。

そういった意味では、今回の話は、誰もが求めていたであろうドラゴンボールZの痒いところに手が届くような構成で好感が持てた。


評価 ★★★★☆ (星4.2)

(まとめ:原作者の鳥山明の初脚本がファンの期待に存分に応えてきたドラゴンボール劇場版の良作。当時フリーザに殺されてしまったクリリンが、再び殺されそうになるのをベジータが寸前で助けるというシーンがこの劇場版であるが、このシーンだけでこの劇場版を見た甲斐が十分にあった。やっぱベジータは、こうでなくてはね。ピッコロと一緒にコメディ要員になってる場合ではない。)


おい クリリン

カカロットに仙豆を

食わせてやれ

-?



>>ドラゴンボールZ 復活の「F」【Blu-ray】 [ 野沢雅子 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「ドラゴンボールZ 神と神」の感想(ネタバレ)

2017.12.29 Friday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ドラゴンボールZ 神と神」の感想(ネタバレ)



■監督:細田雅弘
■出演者(声):野沢雅子:山寺宏一:森田成一:佐藤正治:鶴ひろみ:田中真弓:堀川りょう

WOWOWで放送していた映画「ドラゴンボールZ 神と神」を鑑賞。

【映画「ドラゴンボールZ 神と神」のあらすじ】

魔人ブウとの戦いから数年。悟空らは穏やかな生活を取り戻していた。だが一方、創造神と対をなす破壊神・ビルスが復活を遂げる。ビルスは《超サイヤ人ゴッド》なる存在が出現するとの予言を聞き、そのときまで眠りについていたのだ。やがて、宇宙最強と恐れられたフリーザを倒したサイヤ人がいると知ったビルスは、悟空の前に姿を現わす。強敵の出現にわくわくする悟空だが、ビルスの圧倒的な力の前に無残な敗北を喫してしまう。

WOWOWから引用

【映画「ドラゴンボールZ 神と神」の感想(ネタバレ)】  

原作者・鳥山明の全面協力で実現したという「ドラゴンボールZ」の劇場版アニメ。

ドラゴンボールの劇場版アニメがWOWOWで二作品連続放送してたので見てみた。

こちらは、ドラゴンボールの劇場版作品ということでコミックでは描かれなかった?番外編というか、コミックで完結した魔人ブウ以後の話。

ちなみに、ピッコロやベジータ、フリーザ、セル、魔人ブウなど、悟空の敵だったものは、ほぼ改心するか死んでいなくなってしまってるので、新たな敵として、ビルス神が登場している。

ただ、宇宙の中の神という強すぎる設定(戦闘力)の関係で悟空以外(悟空すらであるけど)はほぼ戦闘で使い物にならない状態なので、Z戦士(クリリンを始め地球人の出番はほとんどなく)、ピッコロやベジータ(多少ある)にしても対して見どころがない。

ドラゴンボールは、ベジータ、フリーザあたりの、地球人の仲間たち(クリリンでも)がほどよく活躍できる戦闘力レベルの敵が現れて一緒に戦うのが、理想で、それ以上の強い敵の場合は、ほぼ悟空のワンマン映画になってしまうので、中身としてかなり微妙だ。

この作品もほぼ悟空のワンマン映画になっているが、ただ、それでも、いつものメンバーは、ほぼ登場していて、それなりにキャラを生かしたやりとりがあって、それだけでも全然見れてしまうのはすごい。キャラクターの強さと言うべきか。

過去に実写版のドラゴンボールがハリウッドで作られたりもしたが、出来としてはそれほど良くはない今作のドラゴンボールではあるが、それでもドラゴンボールは、アニメがやはり一番合ってると思うし、あの柔らかい映像を見て癒されます。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:安定と癒しのドラゴンボールアニメの劇場版。とりあえず内容の評価は別にしてドラゴンボールは常に作られているだけで、それだけで何か満足感があります。個人的にベジータがただのお笑い要員になってしまってる扱いは、非常に残念です。やっぱりピッコロ、ベジータあたりは、クールキャラを維持していて欲しい。)



よくも 俺のブルマをー!

-?


>>ドラゴンボールZ 神と神 スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ 野沢雅子 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)

2017.08.27 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)



■監督:バイロン・ハワード
■出演者(声優):上戸彩/森川智之/三宅健太/高橋茂雄/玄田哲章/Dream Ami

WOWOWで放送していた映画「ズートピア」を鑑賞。

【映画「ズートピア」のあらすじ】

地方で生まれ育った女子ウサギのジュディは警察学校を首席で卒業し、ウサギ初の警官として多彩な動物が共存共栄する大都市“ズートピア”の警察官となるが、駐車違反の取り締まりという平凡な任務を与えられたことを不満に思う。そんなジュディは詐欺師のキツネ、ニックと出会った後、カワウソが失踪した事件の捜査を担当することに。それは実は“ズートピア”全体を揺るがしかねない巨大な陰謀につながる可能性がある事件だった。

WOWOWから引用

【映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)】

全世界合計興行収入が10億ドルを突破したという2016年のディズニーアニメーション。

新作のCGアニメを見つけたので見てみた。

内容は、なんでも夢が叶うという様々な動物が暮らすズートピアで、警察官になったウサギがある事件を担当し…という話。

興行的に大ヒットしたアニメ作品らしいが、実際に見てみると内容は意外と普通でよくありそうな事件解決の冒険モノ。

ちなみに日本語吹き替え版で見たが(CGアニメは基本吹き替えで見ます)、ヒロインのウサギの吹き替えは上戸彩が担当してるが、相性は抜群。

もともとウサギが原型のはずだが、上戸彩の吹き替えによって、もうウサギ(のしぐさや動きまで)が上戸彩にしか見えなくなってくるほどだ。いや、上戸彩がそもそもウサギになってるのかもしれない。それ位、声や雰囲気は同化するほどドンピシャで合っている。

ちなみにこの映画に関しては、この吹き替えの上戸彩とナマケモノのシーン位しか印象がない。※あと、バッファロー?にたかるハエもあったか。

ナマケモノについては、たぶんこの作品を作るにあたり、製作者が一番やりたかったような感じすらする(かなり時間取ってるし)。


評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:吹き替えの上戸彩が抜群のディズニーのファミリー向けCGアニメ。キャラクター(ウサギ、キツネ)の成長は、しっかり描かれているが号泣するような感動作ではない(それほど来なかった)ので評価は、やや低めです。でも内容は、ディズニーアニメで安定してるので、子供と一緒に見るには、ちょうど良い作品です。あと上戸彩ファンにはおすすめです。)



一番怖いのは理由もなく

怖がること


-?



私に何が出来て

何が出来ないかは

私の問題よ


-?


>>[Blu-ray] ズートピア MovieNEX


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links