映画「デッドフォール 極寒地帯」の感想(ネタバレ)

2014.08.24 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「デッドフォール 極寒地帯」の感想(ネタバレ)




■監督:ステファン・ルツォヴィツキー
■出演者:エリック・バナ オリヴィア・ワイルド チャーリー・ハナム クリス・クリストファーソン シシー・スペイセク

WOWOWで放送していた映画「デッドフォール 極寒地帯」を鑑賞。

【映画「デッドフォール 極寒地帯」のあらすじ】

カナダを目指して車で逃走中、アメリカ北部の極寒の地にさまよいこんだ3人組の強盗犯。思わぬ事故で仲間がひとり死に、2人きりとなったアディソンとライザの兄妹は、いったん別行動を取ることに。寒さで凍えかけたライザを車で拾い上げたのは、八百長試合の片棒を担がされ、その日ようやく出所して実家に向かう途中の元ボクサー、ジェイ。一方、アディソンが格好の隠れ家として占拠したのは、くしくもジェイの実家だった…。

WOWOWから引用

【映画「デッドフォール 極寒地帯」の感想(ネタバレ)】


「ハルク」のエリック・バナ主演の日本劇場未公開のサスペンス。

95分という収録時間の短さから選んでみた。

内容は、あらすじの通りで、一言で説明するには非常に難しいちょっとゴチャゴチャした話。

結局、出所した息子のために感謝祭の準備をしているその息子の実家に、強盗犯や地元の警察などキャストが勢ぞろいして、緊迫の展開になるというのをやりたかったようだ。そこがこの作品の見せ場?。

ちなみに、強盗犯が逃亡者ということで、逃亡中に適度にアクションがあり、アクションサスペンスとしては、普通に見れる。

ただ、ラストのエンディングがかなり微妙な終わり方。

結局、極悪人の兄が妹に撃たれて、一応事件は収束するが、出所した元ボクサー(ジェイ)の正当防衛での殺人?の罪のその後や、そのボクサーと強盗犯の妹の恋愛のその後などは、全く触れられず、急にバサっと終わる。あの家族はハッピエンドなのか、はたまた、そこ一番大事なのに。

散々、小ネタを挟んでいたのに、全くそこが回収されず投げっぱなしなので、この映画の言いたいことがよくわからない。しかも、始めと終わりは、死んだ強盗犯の兄の視点の語りが入っている。兄目線?…わけわからん。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(主人公は、極悪の強盗犯(兄)だったという変わった映画。結局、メインストーリー(主人公)だと思っていた元ボクサーの話(善側)は、実はこの映画の主題ではなかったと…そう思うしかないラスト。こういう映画は、教訓の捉えかたがわからないし、人へのおすすめの仕方もわからない。途中で強盗犯の兄妹の親の話(現在に至る背景)が出てくるが、あきらかに今が悪党(兄)に仕上がってるので、そこにどう共感していいのかわからない。せめて途中で人(警官)を殺してなければ、多少共感はできたのかもしれないが、さすがに、最低でも2人は殺めちゃってるので、そっち目線は無理だな。)


罪悪感は忘れるな

-?


男は選べても

義理の家族は選べない


-?


誰かの母親よ

-?


デッドフォール 極寒地帯 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「ソウ6(SAW6)」の感想(ネタバレ)

2010.11.18 Thursday サスペンス映画レビュー

■映画「ソウ6(SAW6)」の感想(ネタバレ)



■監督:ケヴィン・グルタート 
■出演者:トビン・ベル コスタス・マンディロア ベッツィ・ラッセル マーク・ロルストン ピーター・アウターブリッジ ショウニー・スミス

WOWOWで放送していた映画「ソウ6(SAW)」を鑑賞。

【映画「ソウ6(SAW6)」のあらすじ】

ホフマン刑事はジグソウ事件を追うFBI捜査官ストラムを殺害し、自分が引き継いだジグソウのゲームの犯人に仕立て上げた。状況証拠は事件がストラムの犯行であったことを示し、これにより捜査は終了したかに思えた。だがストラムの上司エリクソンはこの結果に不審なものを感じ、独自に捜査を続行する。一方、ジグソウ=ジョンの元妻ジルは、自分に託された遺品と遺言とに困惑していたが、やがて彼の遺志を果たすことを決意する。

※WOWOWから引用
------

残虐なショッキングシーンが満載のソウシリーズの第6弾。今回は、死を選別する保険会社の男が、テーマになっている。

過去に病気をしていないか、手術や入院したことはあるかなどあらゆる可能性から病気で死ぬ確立が低い人間とだけ保険契約を交わす方程式を作り出した保険会社の男が、患者からの請求に保険金を支払うか否かを決定していたのだが、ジグソーが新種のガン治療を行いたいからと保険金の請求をするのだが、あれこれ理由をつけ契約(ルール)に反するから、認められないと断る。

その男の答えに対し、ジグソーが物申す。

「(お前の方程式には)患者の”生きる意志”が考慮されていない」

客観的なデータではなく、患者が生きたいという意志があるかの方が重要だと告げる。

そして、この男を捕まえるとソウのゲームの世界に連れ出し、命を懸けた生死の選別をさせる。

人は死に直面するまで、自分が生き残る価値があるのかわからない

ジグソーの言葉通り、死を目前にした人間は、自分がなぜ生きたいのか理由を言うが、その理由を元に保険会社の男は、同僚達の命を自らの体を犠牲にしながら選別していく。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(残虐シーンが多いこの「ソウ」だが、それを抜きにした映画のテーマは至って真面目。「ある国では、健康な時に保険料を払い、病気になると医療費はすべて無料だ。この国は先に保険金を払っても、後で戻ってくることはない」など医療保険の制度についての話も出てくる。ジグソーの格言は意外とためになる。)

ソウ6

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」の感想(ネタバレ)

2010.11.14 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」の感想(ネタバレ)



■監督:トム・ティクヴァ 
■出演者:クライヴ・オーウェン ナオミ・ワッツ アーミン・ミューラー=スタール

WOWOWでかなり前に放送していた映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」を鑑賞。

インターポールの捜査官サリンジャーはNY検事局のエレノアと共に、ある国際的事件の捜査へ。2人の標的は、世界中の富裕層から莫大な資金が集まるヨーロッパのメガバンク《IBBC》だ。同銀行にはかねてからテロ組織への資金提供という黒い噂がつきまとっていたが、不正を証明するはずの証人や証拠が何者かに次々と消されていく異常事態が続く中、ニューヨークを訪れたサリンジャーが武装グループに襲われる事件まで起き……!? 

※WOWOWからの引用
-----

クライヴオーウェン、ナオミワッツ出演のアクションサスペンス映画。世界トップの巨大銀行がなぜかミサイル誘導装置を買っているという情報を入手したインターポールの捜査官サリンジャーが、真相を突き止めるため奮闘する物語ですが、最初の捜査員が暗殺されてしまうシーンから緊張感が漂う。

前回見たミッキーローク出演の映画「キルショット」のその場の勢いで行動し失態的なミスをしてしまう緩さはほとんどなく、常に緊張感のあるサスペンスが味わえる。そして途中の螺旋状に吹き抜けになっている美術館?での銃撃戦は、かなりの見せ場になっている。

基本的に落ち着いた感じで物語は進んでいくのだが、真相に近くなればなるほど銀行関係者や仲間が次々に殺されてしまうあたりが、闇に迫っている感じでスリル満点。

銀行がテロリストへの資金提供をすることで、テロリストもコントロールしてしまおうという銀行の発想もすごい。※実話を元にしているとかそうでないとか。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(女性がゲームオーバーになりながら何度も街を疾走するドイツ映画「ランローララン」で有名にあったドイツのトムティクヴァが監督をしているが、その監督とは思えない、全く違うテイストの社会派サスペンスに仕上がっている。クライブオーウェン、ナオミワッツのキャストも説得力があり、GOOD。)

ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「キルショット」の感想(ネタバレ)

2010.11.11 Thursday サスペンス映画レビュー

■映画「キルショット」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・マッデン 
■出演者:ミッキー・ローク ダイアン・レイン トーマス・ジェーン ジョセフ・ゴードン=レヴィット ロザリオ・ドーソン

WOWOWで放送していた映画「キルショット」を鑑賞。

【映画「キルショット」のあらすじ】

殺し屋のアーマンドは、ひょんなことから無軌道な青年リッチーとコンビを組んで、ひと儲けすることに。ところが金を脅し取るつもりで押し入った不動産屋で、2人は、たまたま店内に居合わせた男性ウェインをその経営者と間違えたうえ、ウェインの別居中の妻カーメンにもその恐喝の現場を目撃されてしまう。かくして命をつけ狙われるはめとなったウェイン夫妻は、やむなく新天地に移り、別人になりすまして第2の人生を送るが……!?

※WOWOWからの引用
-----

「どこから入りどこから出るか

弾は何発必要か

周囲に目を光らせ

姿を見られないようにする

綿密に練った計画を

正確に実行する

それが鉄則(ルール)だ

長居はせずに、情は捨てること

でなければ しくじる」

ダイアンレイン、ミッキーローク出演のサスペンス映画ですが、殺し屋を演じるミッキーロークの上記の言葉が印象的であり、この言葉通りの出来事が起きるという映画。

ダイアローグとラストにこの言葉が語られるのだが、はじめは一級のヒットマンに思えたミッキーローク演じるアーマンドだが、感情に左右されやすい無謀な男リッチーと組んだ時点で、ラストはなんとなく予想できてしまう。

”綿密に練った計画を正確に実行する”とあるが、はじめからまるで出来ていない。次から次へとボロが出まくりで(リッチーのせいで)、完璧からは程遠い計画。またウェイン夫妻を襲う動機も”顔を見られた”という理由なのだが、覆面を被らず恐喝を実行に移しており、突発的な行動にも程がある。

始めから歯車が狂っており、直そうともがくのだが、どんどん狂っていくという感じのストーリー。とりあえず言いたいことは上記の言葉意外には見つからない。

それなりに楽しく見れるが、なんとなく中途半端な感じは否めない。

ただ、ラストのダイアンレインの下着姿は、とにかくエロかったのだけは印象に残る。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー作品賞を受賞したこともある監督ジョンマッデンの本作だが、過去の彼の作品と並べても異色な内容でなぜこんな映画を撮っているのか疑問に思える作品。狂ったリッチー役のジョセフゴードンの演技はかなり奮闘していて、終始このキャラクタ−にはイライラする。)

キルショット

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「パニックエレベーター」の感想(ネタバレ)

2010.11.07 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「パニックエレベーター」の感想(ネタバレ)



■監督:リゴベルト・カスタニーダ 
■出演者:アンバー・タンブリン アイダン・ギレン アーミー・ハマー ケイティ・スチュアート

【映画「パニックエレベーター」のあらすじ】

男手ひとつで育てる愛娘との約束に急ぐ医師のカール、親代わりで自分を育ててくれた祖母が事故で危篤に陥り、約束の品を届けるため病院へと向かうクラウディア、父親に虐待される恋人を連れて逃げようとしていた青年トミー。それぞれの事情で急ぎの用を抱える他人同士の3人が、たまたま乗り合わせた古びたマンションのエレベーターで閉じ込められてしまった。だが一向に救助は現われず、3人のストレスは極限へと高まっていく。

※WOWOWから引用
-------

それぞれ急ぎの用がある男女三人がエレベーターに閉じ込められるという映画「パニックエレベーター」だが、原題は「BLACK OUT」になっている。

なぜ”パニックエレベーター”なのかとう疑問は、映画を観ると理解できた。

内容はパニックといわれればパニックなのだが、ストーリーにはさほど関係なく、デビッドフィンチャー監督の「パニックルーム」を彷彿とするカメラワークがあるからだと推測した。「パニックエレベーター」のパニックは「パニックルーム」のパニックといえる。

さてストーリーなのだが、急ぎの用が重なる3人が集まったところまでは良いが、結局異常者が乗っていたということで、最終的にエレベ−ター内で殺人が起きてしまう。

その異常人物は最初にこんな言葉を言っていた。

「運命もない、宿命もない、世界から奪われるか、世界から奪うかだ」

妻に先立たれた夫はたしかこんな感じの言葉を吐いた。

そして、ラストにエレベ−ター事故に巻き込まれた女性が助かった病院のベッドで祖母に写真を届けられずに悔しくて涙を流すと「なぜこんなことに?意味はあるの?」というのだが、死をたくさん見てきた医者が「物事に意味はないんだ、そういうことも起きるんだ」と言って終わる。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(この映画「パニックエレベーター」は途中までは良かったが、殺人犯の異常者が乗り込んでいたということだけで、3人が絡む共通項はエレベーター以外に特になかった。ラストも意外と投げやりな言葉で締められていて、空虚さが残る。それぞれの急ぎの用も途中半ばでもがれていて、やりきれなさが残る。ちなみにR-15指定相当の視聴制限が掛けられてるが、異常者の性行為の表現と言う部分で制限が掛かったものと思われる。)


パニック・エレベーター

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「羊たちの沈黙」の感想(ネタバレ)

2010.11.07 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「羊たちの沈黙」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョナサン・デミ 
■出演者:ジョディ・フォスター アンソニー・ホプキンス スコット・グレン テッド・レビン 

WOWOWで放送していた映画「羊たちの沈黙」を鑑賞。

【映画「羊たちの沈黙」のあらすじ】

FBIの女性訓練性クラリスは上司クロフォードの指示で、女性ばかりが狙われている連続猟奇殺人事件解決の糸口を見つけるべく、かつて同様の連続殺人を起こして拘留された元精神科医の天才的殺人者、レクター博士を訪ねる。レクターはクラリスに対して犯人特定に結びつくヒントを与え、クラリスはそれを手がかりにしながら連続殺人犯を追っていく。一方、レクターが護送中に脱走する異常事態が……。

※WOWOWから引用
------

映画好きなら誰もが知る有名な作品でもあり、アンソニーホプキンスが狂気な殺人者レクター博士を演じる映画「羊たちの沈黙」ですが、最初から最後まで見た記憶がないので、この機会に見てみた。

映画好きの中でも評価が高いこの映画ですが、檻の中にいる元精神科医のレクター博士がプロファイリングのみで会ったこともない外にいる殺人者の年齢や特徴までピタリと当ててしまうという部分では新しいスタイルの犯罪サスペンス映画といえる。

レクターが警察官に取り囲まれた場所から逃げる方法で、刑務官の顔の表面の皮膚を切り取り、マスクのように自分の顔に装着し、外見だけ別人になって救急車で運ばれるという方法は圧巻で恐ろしい。リュックベッソンの映画「レオン」でジャンレノが突入してきた特殊部隊に成り代わって(変装し)、外に脱出するアレを急に思い出し、この映画「羊たちの沈黙」の影響があるのかなと思った。

ただラストは意外とあっさりしていて、レクター博士が逃亡してしまうと、その後目立った行動は取らずフェードアウトしてしまう。もう少しクラリスとのやりとりがあっても良い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(個人的には、続編の「ハンニバル」でレクターが他の殺人者からクラリスを助け出す話が人間的で好きです。邦題は「羊たちの沈黙」というタイトルがつけられていますが、映画を見ても何が”沈黙”しているのか、いまひとつよくわからない。レクターの”本質”を見極めろという言葉はシンプルだが、説得力がある。)

羊たちの沈黙

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「実験室KR-13」の感想(ネタバレ)

2010.09.26 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「実験室KR-13」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョナサン・リーベスマン 
■出演者:クロエ・セヴィニー ティモシー・ハットン ピーター・ストーメア ニック・キャノン クレア・デュヴァル

WOWOWで放送していた映画「実験室KR−13」を見てみました。

この映画「実験室KR-13」のあらすじは、ケリー(クレアデュヴァル)、トニー、クロフォード、ポールという、お互いに見ず知らずの男女4人が、その詳しい内容をよく知らぬまま、ある実験に参加するため、小さな部屋に集められる。

一般的な実験の相場が一日50ドル〜75ドルという価格に対し、博士から提示された金額は250ドルだった。そして、その実験内容は4段階に分けて行われ、各段階で1人ずつ脱落者が出るという簡単な段取りを説明した後、彼らの私物を集めると、私物を渡さず隠していたケリーに気づいた博士は、不意に拳銃を取り出しケリーの頭を撃ち抜いた。呆然とする残りの3人を部屋に残し、博士は立ち去ると、1〜33?の数字の中でアメリカ人が選ぶ好きな数字は?という質問が出され、それと同時に2時間というタイムがカウントされていく。残された男達は‥・。

過去に実際にあったというCIAの民間人への洗脳実験を映画化したという作品ですが、この映画を観た後は、9.11のテロはアメリカ(CIA)の自作自演だったのでは?という考えも生まれるような衝撃的な内容だった。

この”実験室KR-13”で行われていた実験内容は、民間人を集め、極度の緊張感を与えた場合に、動物(人間)の中に存在している種の保存?という細胞(仲間のために自分が進んで犠牲になる)を見つけ出し、そこから人間兵器を作り出そうという実験だった。

いわゆる自爆テロを行うにふさわしい人物を探し、洗脳し育て上げるというプログラム。現在では、代々のアメリカ大統領の勅命によりこの実験は中止(禁止)されている。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(映画「ソウ」的なものを想像していたが、想像を裏切られたラストに驚愕。戦争で殺しにいく人間も自分達と同じ人間だ。というセリフがあったが、同じ人間に対してこの洗脳実験を行える人間は残酷な動物だと改めて思う。この映画は、第一段階の人を”選別”する実験だけの内容だったが、ラストに語られた”教化”と題される第2段階の実験の内容も気になる。)

実験室KR-13

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links