映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の感想(ネタバレ)

2019.11.15 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の感想(ネタバレ)


■監督:ジョス・ウェドン
■出演:ロバート・ダウニー・ジュニア クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エヴァンス スカーレット・ヨハンソン ジェレミー・レナー ジェームズ・スペイダー


【映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のあらすじ】

“アベンジャーズ”は東欧にある秘密組織ヒドラの要塞を攻撃し、邪神ロキのつえを回収する。“アベンジャーズ”のアイアンマンでもある実業家スタークは、つえから見つかった物体を使い、人工知能による平和維持システム、ウルトロンを開発するが、自我に目覚めたウルトロンは地球の平和を守るには人類こそ排除すべきと考え、自ら肉体になるメカを作り、それに入って逃亡。“アベンジャーズ”はウルトロンの暴走を止められるのか。

WOWOWから引用

【映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の感想(ネタバレ)】 

 

アイアンマンやマイティーソー、キャプテンアメリカ、ハルクなどマーベルヒーローが大集合した映画「アベンジャーズ」シリーズの続編(第二弾)。

 

少し前に「キャプテンアメリカ:ウィンターソルジャー」を見てようやく、アベンジャーズを見る準備が整ったので、続編を見てみた。アベンジャーズは見るまでに時間がかかる。

 

ちなみに、マーベルヒーローが主役の映画は現在、30作品に迫る勢いで公開しているが、一応オールスター映画の「アベンジャーズ」は、各ヒーロー作品とストーリーが多少関連して繋がっていたりするため、きっちり話を追いたい人は、各ヒーローが主役の映画も合わせて見ていく必要がある。

 

そこで今回、アベンジャーズを見るために最低限見る必要がある、マーベル映画作品を公開順に集めてみた。

 

普通に映画好きでマーベル映画も公開年に合わせて、逐一見てる人には全く関係ない話だが、映画の好みや時間がなくて見れてない、見逃してしまったという人は、この公開順を参考に過去に放送された作品を見ていくと話についていけないということもないと思う。

 

そういえば見てなかったわと思って、公開順関係なく選んでしまうと話についていけなかったり、序盤からネタバレして他の作品を見るときに冷めることがあるので、損したくない人は気をつけましょう。

 

ちなみにアベンジャーズ映画ではないが、「デッドプール2」(2018年)とかも、アベンジャーズの過去作品の準備が整うまでは見てはいけない作品です。「デッドプール」見たし、アベンジャーズと関係ないから「デッドプール2」も見とくかなんて感じで見てしまうと、いきなりアベンジャーズの話が出てきて、アベンジャーズそんなことになってるのかと、かなり後悔します。この映画は要注意。※現状開始5分ほどで途中停止しました。

 

とりあえず、2008年に始まった「アイアンマン」からアベンジャーズの流れができてきたようなので、アベンジャーズをしっかり楽しみたいなら、それ以降に公開されたマーベル映画(海外ドラマ含む)の作品を見ておく必要があります。

 

ちなみに2008年から現在の2019年まではこんな感じで公開されています。

 

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
『アベンジャーズ』(2012年)
『アイアンマン3』(2013年)

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013年9月〜2020年)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
『アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2016年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年)
『ブラックパンサー』 (2018年)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 (2018年)
『アントマン&ワスプ』 (2018年)
『キャプテン・マーベル』 (2019年)
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (2019年)
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)

 

 

例えば、2012年に公開した「アベンジャーズ」をしっかり楽しみたいなら、とりあえず、以下の5作品は最低限見ておく必要がある。

 

 

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)

 

また、さらにアベンジャーズの続編「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)をちゃんと見るなら、以下の4作品は必須である。

 

『アイアンマン3』(2013年)

海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013年9月〜2020年)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)

 

個人的には、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はまだ見てないので、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を見るには早かったのかもしれません。ちょっと迂闊でした。

 

またより深く楽しみたいなら、アベンジャーズのサミュエルLジャクソンが所属する秘密組織?シールドの活躍を描く海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』も必須と言えるが、そこまではさすがに時間が足りないと思うので、そこらへんは好みで良いかと。一応ストーリーというか関連してるようです。

 

また、アベンジャーズの第三弾にあたる「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)をきっちり見るなら、以下7作品が必須となる。


『アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2016年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年)
『ブラックパンサー』 (2018年)

 

また、『アベンジャーズ/エンドゲーム』 (2019年)については、以下2作品がある。

『アントマン&ワスプ』 (2018年)
『キャプテン・マーベル』 (2019年)

 

ちなみに「アベンジャーズ」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を見て思うのは、アベンジャーズ作品単品だけ見ても、楽しめなくはないが、若干ストーリーやアベンジャーズの個々の人間関係の変化があって、その分で損をしてる感じがあります。

 

学校を数日休んだ後、学校に行って、友達の直近話についていけないというような、あの孤独感というか疎外感を感じます。

 

そういう部分を踏まえると、特に理由が無ければ、過去作品をきっちり順番に見ていくことをおすすめします。

 

長くなりましたが、この「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の感想だが、ストーリー的には、大きく見れば悪との対決なので、話はわかりやすいが、アイアンマンのAI(人工知能)とか、そっちの細かい話(設定)が、アイアンマン3を見てから大分時間が経ってると多少思い出すのに苦労します。

 

出来れば、過去作品は、最低限2週間以内位にすべてまとめて見てから、アベンジャーズ作品を見ると勢いに乗って見やすいとそう思います。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.8)

 

(まとめ:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』には劣るがそれほど悪くはないアベンジャーズシリーズ第二弾。序盤からいきなりアクションで始まったので、一時ひどい駄作臭がぷんぷんしていたが、意外と新キャラの活躍もあり、徐々に落ち着きを取り戻し、なんとか上手くまとまった感じです。アベンジャーズは人数が多い分、それぞれのキャラに対する感情移入の時間が少なく、どうしてもわかりやすさばかりを求めるあまり、内容が薄っぺらく散漫になりがちなので、共感は弱い。一人のキャラをじっくり描いてくれた方が、評価は高くなるが、お祭り的なアクションの娯楽作品と割り切れば、それなりに及第点はあると思います。ワイルドスピードスカイミッションよりは全然マシ。これはスクリーンで見たい作品です。)

 

 

 

金融は不思議だ

 

だが手に金をつかませれば

 

真の友がわかる

 

-?

 

 

>>アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEX ブルーレイ+DVDセット

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「メカニック:ワールドミッション」の感想(ネタバレ)

2019.11.11 Monday 洋画 アクション/SF

■映画「メカニック:ワールドミッション」の感想(ネタバレ)


■監督:デニス・ガンゼル
■出演:ジェイソン・ステイサム ジェシカ・アルバ トミー・リー・ジョーンズ ミシェル・ヨー サム・ヘイゼルダイン


【映画「メカニック:ワールドミッション」のあらすじ】

“メカニック(機械)”と呼ばれるほど優秀な殺し屋だったビショップは引退し、リオデジャネイロで静かに暮らす。そこへ元同業者クレインから仕事の依頼が届くが、ビショップは過去の因縁から自分を恨んでいるクレインを警戒し、タイのビーチに逃走する。そこで若い女性ジーナと出会うが、それはクレインの罠だった。ジーナを人質に取られたビショップはクレインに、世界の大物フィクサー3人を事故に見せかけて殺せと命じられる。

WOWOWから引用

【映画「メカニック:ワールドミッション」の感想(ネタバレ)】 

 

 

1972年のチャールズ・ブロンソン主演の映画「メカニック」をジェイソン・ステイサム主演でリメイクしてヒットした同名アクションの続編。

 

少し前に「ワイルドスピード スカイミッション」を見た際に悪役でジェイソン・ステイサムが出てたのを久々に見て、彼が主役の作品をたまたま見つけたのでそっちも見てみた。

 

こちらも「ワイルドスピード スカイミッション」と同様、どちらかというと中身無い娯楽系アクション作品。

 

見せ場はこちらもほとんどアクションで、ドラマ性は、ヒロインのジェシカ・アルバを助けると言う要素以外に特に見当たらず、感情移入度も思ったほど無い。

 

その原因は、ヒロイン(ジェシカアルバ)をマフィアらが連れ去りに来るのが事前にわかっているはずなのに、当日、ほとんど準備もなく、無駄に素手で抵抗しただけで、あっさり連れ去られてしまうのは、まるで意味がわからない。(狙ってくるマフィアのボスの居所を知ろうとしてた作戦なのかわからないけど、それならそれでもっと別のスマートな方法はなかったのか)

 

抵抗するなら抵抗する。逃げるなら逃げる。

 

きっちりやってほしい。メカニックさがそこに全然ない。

 

大切な腕時計を渡して絶対に助ける。とかじゃない(笑)

 

まだ連れ去られてないうちから。連れ去られた後のことばかり考えてるのはどうなんだろうか。

 

ヒロインを連れ去られないように未然に防ごうとするのが、ヒーローとしての態度じゃないのか。

 

しかも、事前に襲ってくるのがわかってるのに、準備を何もしないって。

 

そもそも彼女が連れ去られた後に、マフィアの手下へのあの無駄な抵抗はいるのか。その後、自分も捕まってるし。

 

ヒロインをあえて危険に晒してから、助けに行くマッチョ演出をしてる場合じゃない(笑)

 

結局、アクション映画なのに、1.5倍速で早見してしまった。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:「ワイルドスピード スカイミッション」よりはマシなジェイソン・ステイサム主演作(メカニック)の第二弾。ヒロインにジェシカアルバが出てて久々に見たが、まだまだいい女でセクシーだった。ハリウッド女優は、少し見ないうちに「あら、やだわ!」と思っちゃう位、劣化してしまう人がいるが、ジェシカアルバはまだまだ大丈夫だった。安心した。全然関係ないが、モヤさまの田中瞳アナは、ジェシカアルバ系統(ライン)の顔とタイプ(人種)だなと思う。だから見ちゃう。)

 

 

>>メカニック:ワールドミッション 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の感想(ネタバレ)

2019.10.24 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の感想(ネタバレ)


■監督:ジェームズ・ワン
■出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジェイソン・ステイサム ドウェイン・ジョンソン ミシェル・ロドリゲス ジョーダナ・ブリュースター タイリース・ギブソン トニー・ジャー


【映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のあらすじ】

かつてロサンゼルスで大暴れしたドミニクなど多国籍の顔ぶれからなるストリートレーサーたちは、オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させることに成功したが、オーウェンの兄デッカードは弟の復讐のための戦いに着手。ドミニクの家族に危険が及んだことを受け、ドミニクは親友ブライアンら仲間たちを集め、デッカードとの決戦へ。彼らの戦いは最新の監視用コンピュータープログラム“ゴッドアイ”の争奪戦に発展していく。

WOWOWから引用

【映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の感想(ネタバレ)】 

 

ヴィン・ディーゼル×ポール・ウォーカーの「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。

 

主演のポールウォーカーが撮影中にプライベートで交通事故に遭って亡くなり、今作が遺作となってしまったという作品。

 

残りの撮影部分は、代役としてポールウォーカーの弟二人が演じたらしいのだが、撮影後に顔だけCGでポールウォーカーの顔を貼り付けたということで、ポールウォーカーが亡くなってる事実を知らない人なら、そんなことは、ほとんど気づかないでしょう。

 

ちなみに、見終わった後にその情報(顔が全部貼り付けられてること)を知った身としては、見てる最中、ずっと代役に変わったのが、どこのシーンからなのかと細かく探していたのだが、結局最後まで見つけることができず、ほとんど無意味な作業をしていた。

 

この代役(兄弟)似てるな〜とか、どの角度からもポールウォーカーみたいな顔してるわ、この兄弟似すぎだろとか。

 

あんまりにも似てるもんだから、途中から急に疑いだして、まじまじと見るとポールウォーカーってもともとこんな顔だったっけ?とか、本人を疑いだす始末で、そもそも最初のポールウォーカーからもしかしたら違うのか?とか、もう訳の分からない状態になっていた。

 

これから見ようとしてる人は、ポールウォーカーの代役シーン探しは止めましょう。意味がないので(笑) 体つきが多少違う位かな。

 

個人的には、顔貼り付けの誤魔化しCGなんかせずに、あきらかに代役に変わったことがわかるようにそのまま弟が演じて作品にしてくれた方が、ポールウォーカー追悼作品という感じがして良かったと思う。

 

すでに映画完成の時点で彼が亡くなってることはみんな知ってるわけだし。

 

以前、ヒースレジャーが撮影中に亡くなった時には、「Dr.パルナサスの鏡」(映画自体は見てないけど)で、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが彼の役を代役したことがあったが、そんな感じで良かったと思う。

 

なんで、こんなことを言うのかというと、この「ワイルド・スピード SKY MISSION」は、遺作なのにこんなことを言うのもアレだが、作品自体が娯楽作品としても、大して面白いものではなかったからだ。(娯楽作なら、キャプテンアメリカ:ウィンターソルジャーの方が面白い)

 

興行的には、ポールウォーカーの遺作という部分で物凄い助けられてる作品だと思う。

 

都合の良すぎるアクションシーンに、危機一髪の数々(危機一髪が多すぎ)、もうCG連発し過ぎて、アニメを見てる位の印象で、世界観は、スケールアップしてる一方で、実写映画感(人間感)が希薄になったことで、ハラハラドキドキがない(最初くらいか)。

 

途中から、大音量で見てたら、アクション疲れしてきて、見るだけでしんどくなってきた。

 

結局、メインストーリーの2時間の映画は(悪役のジェイソンステイサムは頑張ってたけど)、振り返ってみても、適度に共感はあるが、ほとんどどうでも良い内容。

 

最後のポール追悼シーン部分の5〜10分ほどが、一番作品として良くできていて、短編映画として一番感動した。

 

これ見ちゃうと、最初の二時間は、一体なんだったんだって思う。中身がねえ。

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:作品としてはペラペラで駄作だが、ラストシーンだけは、★5つをあげたいワイルドスピード第7弾。ワイルドスピードは、車を愛する人達の作品だと思っていたが、ただただ都合良く乗り捨てる感じで、ぶっ壊していて、まるで車への愛情が感じられなくなってしまった。以前はもう少し車と人が向き合ってたと思うが(※イメージ)。こんな映画が遺作になってしまったと思うと、ポールウォーカーも悲しいだろう。車がただの物になってしまった。)

 

 

表現する言葉がない

 

-?

 

 

別れなんかない

 

-?

 

 

>>ワイルド・スピード SKY MISSION 【BLU-RAY DISC】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)

2019.10.19 Saturday 洋画 アクション/SF

■映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)


■監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
■出演:クリス・エヴァンス スカーレット・ヨハンソン ロバート・レッドフォード サミュエル・L・ジャクソン ヘイリー・アトウェル セバスチャン・スタン コビー・スマルダーズ


【映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のあらすじ】

1941年に米軍の“スーパーソルジャー計画”によって超人的な肉体や運動能力を得た“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ。北極で冬眠状態になり、約70年後によみがえったが、現在は“シールド”で女性の“ブラック・ウィドウ”らと働いていた。彼らを指揮するフューリーは、“シールド”に危機が迫っていることを知り、スティーブにも警告。そのころ、スティーブは謎の暗殺者“ウィンター・ソルジャー”に命を狙われ……。

WOWOWから引用

【映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)】 

 

 

アメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』を主演にした実写映画のシリーズ第二弾。

 

録り貯めしてたアベンジャーズ出演メンバーの映画を久々に消化してみた。

 

キャプテンアメリカの映画は、前作パート1が結構良かったと記憶してるが、この第二弾も普通に面白い。

 

個人的にやはりアベンジャーズメンバーの中では、キャプテンアメリカが一番好きだなと思う。

 

理由は、ヒーローとなるまでの背景が昔はひ弱だった(以前は体が小さかった)ところからスタートしていて、一番自分の弱さを知っていて、人として身近感があるところ。

 

また、肉体的にも他のメンバーに比べて(アイアンマンは、ほぼロボットだし、ハルクは、超人で、ソーは、宇宙人(ほぼ神))、一番人間(生身)に近く、銃で撃たれるだけで普通に死にそうになるほど弱い(死ぬ緊張感がある)し、武器(防具?)も盾という、そこをカバーしてるのかどうかも微妙なところも個性的で良い。

 

そして、何よりヒーロー作品で主役映画にも関わらず、ヒーローキャラとしての押し付けがましさがほとんどないところだろう。

 

アイアンマンやソーなどは、どちらかというと、主役がリーダー的ポジション(軍事会社の社長であり、星の王でもあるので)なのでワンマン的傾向(自信家)が強い作風だが、このキャプテンアメリカは、一兵卒上がりで性格も控えめなところもあるからか、ブラックウィドウのスカーレット・ヨハンソンはじめ、フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、アイアンマン的なテクノロジーで空も飛べるニューキャラ:ファルコン(アンソニー・マッキー)を始め敵役のウィンターソルジャー(セバスチャン・スタン)、ロバート・レッドフォードなどの脇役たちがかなり存在感を持って活き活きしていて、時々、誰の映画なのかわからなくなるほど、存在感が希薄になっているときがあるほど。※男でも女でもリーダーシップがあるキャラクターに主導権を握られやすいし、押されやすい。

 

よく言えば、仲間に助けられている。チーム感が非常に良く出ている。

 

しかし、それにも関わらず、キャプテンアメリカという映画であるということは、しっかりと印象として残っている。

 

戦友の話や一途な妻との恋愛などの過去の話には、やはり人間性が溢れているからだろう。

 

キャラをごり押ししてないのに、キャラの良さが自然と出ている。

 

ヒーローとしては、非常に控えめな日本人的なキャラ。

 

監督や脚本家の力と言っても良いけど、アクションしかりストーリーしかり娯楽作品として、よく出来ている。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:続編になっても外さないキャプテンアメリカシリーズ第二弾。娯楽作なので細かいことを気にせず娯楽作として楽しみましょう。一応、スペクタクル系映画なので、大画面や大音量で見ることをおすすめします。大画面が無理でも大音量にするだけでもアクションシーンの迫力が違います。こういうの見ると、プロジェクターが欲しくなる。)

 

 

 

誰も信用するな

 

-?

 

 

真実なんて状況で変わる

 

相手次第でもね

 

-?

 

平和は功績ではない

 

それは責任である

 

-?

 

秩序は痛みに勝る

 

-?

 

 

 

>><BLU-R> キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX ブルーレイ+DVDセット

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「ラグナロク オーディン神話伝説」の感想(ネタバレ)

2019.10.08 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「ラグナロク オーディン神話伝説」の感想(ネタバレ)


■監督:ミケル・B・サンデモーゼ
■出演:ポール・スヴェーレ・ハーゲン ニコライ・クレーヴェ・ブロック ビヨーン・スンクェスト ソフィア・ヘリン マリア・アネット・タンデレード・ベルグリッド ユリアン・ラスムッセン・ポドルスキ


【映画「ラグナロク オーディン神話伝説」のあらすじ】

考古学者シーグルは、発掘したバイキング船から“ラグナロク”と記されたルーン文字を発見する。さらに研究を進めたい彼だったが、スポンサーの獲得に失敗、勤め先の博物館で閑職に回されてしまう。そんな時、同僚のアランがルーン文字で暗号が刻まれた石を見つけ出す。発掘船からの出土品を合わせて解読すると、ラグナロクの秘密が隠された場所を示していると分かる。シーグルは子どもたちを連れ、その場所へと向かうのだが……。

WOWOWから引用

【映画「ラグナロク オーディン神話伝説」の感想(ネタバレ)】 

 

 

第85回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされたノルウェー映画「コン・ティキ」に出演していたポール・スヴェーレ・ハーゲンが主演し、本国ノルウェーで大ヒットしたというアドベンチャーアクション。

 

番組情報でノルウェーで大ヒットという言葉に惹かれて選んでみた。

 

あらすじから、バイキングの戦いをテーマにした歴史(神話)ものかと勝手に思ってたら、バイキングっぽさは序盤数分だけで、それ以降は普通に現代の宝探し系の冒険映画で、いい意味でこの作品には裏切られた。

 

ちなみにノルウェーで大ヒットしたと書いてあったが、それもうなずける面白さ(わかりやすさ)というか、作品(エンタメ)としては良くできている。

 

あえて、見てない人のためにストーリーには触れないが、前知識なしで見るほど(ハードル下げて見た方が)、嵌ったときのストーリーの深さというか、そっちに展開するのという感じでハラハラドキドキが味わえる。

 

映画好きならどこかで見たようないろんなハリウッド映画の詰め合わせのような感じもあるが、ただ集めただけじゃなく、それらを上手く作品として消化できてるし、この世界観にちゃんと緊張感が伴っているのは作り手のうまさが光る。

 

最近ではCGが溢れていて、派手なCGを見ても、ほとんど映像で驚くことはないが、この作品は、昔のCGが出始めの頃を思い出させてくれるような感じで、実写とCGの使い方(バランス)が巧み。いろいろと映画の見せ方と言うか、ツボをわかってらっしゃる。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.8)

 

(まとめ:ノルウェー産の良作アドベンジャーアクション。こういう作品は、意外と登場人物の心理描写が雑になって駄作になりがちだが、主人公(親父)の心理描写が丁寧で、突飛な話ではあるものの、意外と気持ちが離れない。細かく見れば、ツッコミどころはあるが、トータルで見れば、正統派だしそれほど悪くない。映像もノルウェーの大自然をワイドに撮影して、ちゃんと映画を見てる気にさせてくる。この作品は、出来ればスクリーンなど大画面で見ることをおすすめします。冒険モノだが、細かいストーリーより、アクションが見どころ。小さい画面で見ると良さが半減します。)

 

 

 

50種以上の生物が

 

毎日地上から消えてる

 

-?

 

 

 

>>ラグナロク オーディン神話伝説 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:洋画

映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)

2019.09.19 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)


■監督:ルーク・スパーク
■出演:ダン・ユーイング テムエラ・モリソン ステファニー・ジェイコブセン リアノン・フィッシュ ザカリー・ギャレッド イジー・スティーヴンズ


【映画「オキュペーション−侵略−」のあらすじ】

オーストラリア。フェスティバルでにぎわう田舎町に、突然空から巨大な宇宙船が現われ、瞬く間に町を占拠してしまった。元フットボール選手のマットや刑務所帰りのピーター、ウエートレスのアメリアやホームレスのデニスら襲撃から生き残ったわずかな人々は森の中へと逃れ、身を寄せ合うように暮らし始める。やがて、敵の偵察部隊からいくらかの武器を奪った彼らは、捕らわれている人々を助けるため、即席の軍隊を組織するが……。

WOWOWから引用

【映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)】 

 

 

オーストラリア産のSFアクション。

 

侵略というタイトルに惹かれて見てみた。

 

内容は、インデペンデンスデイ的な宇宙人の侵略を描いたSFアクションで、巨大宇宙船の襲来などスケールは結構大きく、派手なアクションでそれなりに頑張っているのだが、序盤こそ、宇宙人の襲来と攻撃に緊張感はあるものの、しばらくすると途中から話は数ヵ月後へと飛んだりすると、そこから、なんとなく失速していく。

 

そもそも、登場人物に対する共感が全体的に弱い。唯一、アジア人の少年は感情移入しやすい傾向があったが、そこは話が伸びず、全体として見せ場となるような恋愛的な盛り上がりはイマイチ。

 

基本的に友情と恋愛など人間描写が話が進むほど雑になり、最後は取ってつけたような、都合の良い平和(友好)思想で締めくくられている。ただの一兵士のはずだが、急に宇宙人捕虜と握手をして、取りまとめてしまう(笑)

 

またエイリアンが二足歩行のプレデタータイプで、あきらかに中に人間が入っている感じがしてしまうのも、話が進むほど妙に冷めてくる。そこはCGで描いてほしいね。もう中に人が入ってると思うと、人間と変わらないし。

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1.5)

 

(まとめ:ハリウッド映画ではなくオーストラリア産のSFアクション作品と言う部分でいろいろ違和感を感じるSFアクション。個性といってしまえばそれまでだが、同じ白人映画ではあるのだが、アメリカとオーストラリアで微妙に映画の作りにセンスの違いがあるように思う。オーストラリア映画としては満を持しての第一級の大作作品として制作されてると思うが、ハリウッド映画に慣れてる身としては、出演俳優をほとんど知らないこともあってか、どうも調子に乗ってるB級映画のように見えてしまう(笑)実際、内容はB級といって良いだろうけどね。)

 

 

>>オキュペーション -侵略- 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の感想(ネタバレ)

2019.08.10 Saturday 洋画 アクション/SF

■映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の感想(ネタバレ)


■監督:ジェイク・カスダン
■出演:ドウェイン・ジョンソン ジャック・ブラック ケヴィン・ハート カレン・ギラン ニック・ジョナス ボビー・カナヴェイルアナ・シュタール


【映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のあらすじ】

1996年、高校生アレックスの父親が砂浜で拾ったボードゲーム“ジュマンジ”はビデオゲームに変化し、それを始めたアレックスは行方不明になる。20年後の2016年、ゲームオタクのスペンサーら問題を起こした高校生4人は居残りをさせられ、地下室を掃除するが、そこで見つけた“ジュマンジ”のゲームを始めると、4人とも“ジュマンジ”の中のジャングルに飛んでゲームのアバターとなり、ある宝石を捜すという冒険に挑む。

WOWOWから引用

【映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「ジュマンジ」「ザスーラ」に続く、ドウェイン・ジョンソンが主演したシリーズ第3弾。

 

ジュマンジというタイトルに惹かれて見てみた。

 

第一作目の「ジュマンジ」は、過去に見たと思うが、ほぼ記憶が無く、「ザスーラ」は見た覚えが無い。そんな訳で、過去作との比較は出来ないが、本作のみの評価で言えば、悪過ぎるということもなく、まあまあの出来。

 

冴えない主人公のゲーム内でのアバターがドウェイン・ジョンソンだったり、学校一のモテ女の操作アバターの外見がジャック・ブラックだったりという、俳優がキャラに無い別の役を演じさせてる設定は、巧み。

 

また全体的にゲーマー目線の笑い(死ぬと天から落ちてきて復活する)があったり、会話で面白さはあるのだが、全体的に世界観をコメディ調に振ってしまっているせいか、メインの冒険自体のシリアスさを感じにくく(ふざけてるように思える)、さらに120分ともやや長い収録時間の割に内容はファミリー向けの普通の冒険劇で、ゲーム自体の展開の無さに多少飽きてくる。

 

この作品内容なら、90分で十分でしょう。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:個々のアイデアは光るが、本筋(冒険ゲーム攻略)に捻りがないジュマンジ第三弾。ストーリーについて語ることはないが、4K放送でもなく、WOWOW放送のフルハイビジョンの割り映像が結構綺麗(暗いシーンでも)で見やすかったのは、評価できる。(自然(ジャングル)が綺麗に撮れてる)商業映画の良さは、最終的な画質が意外と良いところだろう。その意味では、より大画面で見ると、この映画の迫力を味わえると思う。スクリーン向きです。)

 

 

 

リュックしょってんだ

 

水に入れるかよ

 

-?

 

 

俺の心配しろ

 

人間着陸パッドかよ

 

-?

 

 

 

人は時に…

 

自分のことばっか考えて

 

他人の問題に目を向けない

 

-?

 

 

 

現実じゃ命(ライフ)は

 

一つだ

 

-?

 

 

 

>>ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(Blu−ray Disc)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「リミット:ゼロ」の感想(ネタバレ)

2019.08.04 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「リミット:ゼロ」の感想(ネタバレ)


■監督:マヌエル・フォーゲル
■出演:ヴィヴィアナ・ロス ベネディクト・ブラスコヴィッチ マイク・ファン・エッペレ カトリン・アナ・シュタール


【映画「リミット:ゼロ」のあらすじ】

廃墟を見て回ることを趣味にしている自称“都市探検家”の女性ジェシカは、友人の男性マーカスと、ネットで知り合ったやはり“都市探検家”の男性マイクという3人で、かつて水力発電所だった廃墟に忍び込む。だがそこにはオルロフという女性を指揮官とする武装したグループがいて、何かテロ計画を準備しているらしく、グループから銃弾の嵐を浴びせられてしまう。ジェシカはグループに捕まったマーカスを救出しようとするが……。

WOWOWから引用

【映画「リミット:ゼロ」の感想(ネタバレ)】 

 

 

ほとんど全編がワンカットで撮られたというドイツ産のB級アクション。

 

WOWOWの番組説明にあるとおり、最初から最後まで本編がワンカット(ほぼ?)で撮られた作品ということで選んでみた。

 

ワンカット(風)のホラー映画などは、聞いたことがあるが、ワンカットで撮ったアクション映画は今まで聞いたことが無い。っということでどんな仕上がりになってるのか期待してみたが、やはりというか、アクション映画で1カット撮影はさすがにキツかった。

 

銃撃戦部分はまだしも、格闘シーンでの敵俳優との馴れ合い(共同作業)感は、これまでに見たことが無いほどのぐだぐだアクションで、笑えてしまう。

 

個人的には、こういう1カット作品で全く動けない俳優を使った、本人たちは大真面目に取り組んでるけど、アクションとしては、全く動けていないダラダラしたアクション映画は逆に見たい気がする。

 

間合いの取り合いで、お互い隙がありすぎて、見ててちょっと癖になる(笑)

 

攻撃待ちの時間や受け(防御)待ちの時間がある。

 

この作品を見ると、普通のアクション映画が、どれだけカット割りや編集に頼っているかがよくわかる。A級映画でも俳優の運動神経がなければ、実際の現場でやってることはこれと対して変わらないと思う。

 

もともとこの作品に出てる俳優が動けるタイプの俳優(アクション俳優)ではないというのもあるけど、それらを差し引いても、ところどころメイキング映像かなと思うほど、緊張感が無い瞬間が結構ある。

 

味方兼ラスボスが、最後に撃たれて穴に落下する時のあきらかに定位置に移動してから落ちる微妙な移動の間は好きです。

 

なぜそこに自ら移動する?

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:作品としては突っ込みどころ満載で星1つだが、これらを1カットで撮り終えた?という部分でがんばったで賞を送りたいB級映画。レンタルで借りてまでは見るほどではないが、放送してたら興味本位で見るには、なかなか面白い映画だとは思う。内容は完全にB級ではあるが、1カットでのカット割(撮り方)はそれなりに工夫していて、俳優スタッフは相当練習して撮影に望んでるのかなと思う。これだけの長いセリフやアクション(カメラワーク含め)を覚えるのはなかなかすごい。途中あきらかに連携が取れてなく敵に見つかってるときが何度かあったけど。90分近い作品でセリフ含め、作品が大破するほどの大きなミスは見られない。作品が終わった瞬間、映画が終わったことより、作品を無事撮り終えたことに出演者同様ホッとする映画はなかなか無い。前回見たマンハントより個人的にこちらをおすすめします。)

 

 

 

>>リミット:ゼロ 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「イコライザー2」の感想(ネタバレ)

2019.07.24 Wednesday 洋画 アクション/SF

■映画「イコライザー2」の感想(ネタバレ)


■監督:アントワーン・フークア
■出演者:デンゼル・ワシントン ペドロ・パスカル アシュトン・サンダース メリッサ・レオ ビル・プルマン


【映画「イコライザー2」のあらすじ】

あるロシアンギャング組織を壊滅させた元CIAのロバートは、現在はタクシー運転手をしてひっそりと暮らしながら、同じアパートに住むアーティスト志望の少年マイルズが悪の道を歩まないように望む。そんなロバートを支えてきたCIA時代の上官でもある親友スーザンはブリュッセルで起きた殺人事件をCIAのヨークと捜査するが、ホテルで何者かに殺される。ロバートはその復讐に立ち上がるが、殺し屋に命を狙われてしまい……。

WOWOWから引用

【映画「イコライザー2」の感想(ネタバレ)】 

 

デンゼルワシントンが主演した映画「イコライザー」の続編。

 

前回パート1を見たので、パート2も見てみた。

 

大抵、パート1がヒットして、その勢いで作った続編は、どういう訳かパート1から方向性が大きくズレてしまって、作品がつまらなくなることが多いが、この「イコライザー」は、パート2になってもパート1の良さを一応維持。

 

主にパート1で、主人公のキャラ基盤となっていた暴力から売春婦を助ける等の弱者救済のヒーロー要素が、パート2でも引き続きあり、画家を志す黒人青年を非行から戻す(行方不明の娘救出、姉?を探す老人を見つける)等で健在。

 

ただ、パート1が売春婦の暴力被害を発端に最終的にそこに関わっていたマフィアの壊滅まで、すべて一つのストーリーで繋がっていたが、パート2は、近所の弱者救済から話が伸びていくわけではなく、過去の仕事の仲間(CIA)の友人が殺されたことによって、そっちの方で怒りが爆発する。

 

ちなみにネタバレになるが、友人の死は、同じく過去のCIA仲間が殺害に関与していたということで、パート2では、昔の仲間との対決が最終バトルとなる。

 

しかし、パート1では、完全に外部の悪者が制裁の対象だったが、パート2は、昔の同僚が黒幕ということで、パート1に比べて、悪人とはいえ、見ていてやや気持ちが乗りにくい。相手バリバリの妻子持ちだし。

 

この辺がトータルで見ると、パート1の方は、感情が乗りやすい。

 

ちなみにラストのバトルアクションについても、舞台はスケールアップはしているものの、場所(ラストステージ)の用意のされ方が、かなり強引というか、ご都合主義全開だ。

 

ターミネーター2の溶鉱炉は、流れ上自然だったが、こっちは、あきらかにおかしい。

 

テレビゲームのボスキャラとの対決並みに急にステージが変わる。

 

なぜか、急に台風(ハリケーン)になり(そんなフラグあったっけ?)、避難指示が出され誰も人が出入りしなくなった地域で、悪人(昔の仲間)とバトルを繰り広げる。

 

さらにそこでは急に両者とも法(不法侵入、器物損壊など)を一切無視する。

 

さっきまで人が住んでた家で、台風が去ったらまた戻ってくるだろうとかそういう配慮なんてお互い何ひとつ考えていない。悪人側はそれでいいとして、デンゼルワシントンの方は少しは気を配れよと思う。

 

積まれた小麦粉の袋とか当たり前のようにナイフで切り開いて中身を出した上に、それを扇風機で部屋中に撒き散らし(笑)、さらに悪人が入ってきたらそれを点火して、家ごと爆破(笑)

 

あの家に住んでた人が帰ってきたらどう思うんだろうか。

 

「おい、これなんだよ、台風が去ったと思ったら、家が爆破されてる!」

 

主人公のデンゼルワシントンの存在って一体なんだろうか?

 

この辺の一般人に対するヒーローの細かい気配りが、この映画全然ないよね。主に最後の部分だけど。そのくせ、自分の住んでるアパートの落書きは率先して消そうとするとか。

 

人間として両極端すぎて理解が出来ない(笑)

 

狂人だよね、狂人。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:アクションはスケールアップしたが、ヒーローとしての行動に疑問が沸くパート2。内容は、パート1に引き続き、途中脱落しないで見れます。最後のバトルは、バトル内容は別にして、映像というか台風で荒れてる、あの場の雰囲気(電信柱や電線が大きく揺れている、台風の緊張感)は、結構好きです。)

 

 

 

痛みには二種類ある

 

体の痛みと改心の痛み

 

-?

 

 

 

歯ブラシに

 

近づける者には

 

優しくな

 

-?

 

 

 

誰でもできることを

 

やらないから

 

誰かがやるべきなんだ

 

-?

 

 

”男”は”銃(G-U-N)”と

 

書かない

 

-?

 

 

環境だとか人種差別を

 

言い訳にするな

 

-?

 

 

 

罪など無い

 

善もな

 

人の行為は愚かだ

 

-?

 

 

 

すご腕エージェントも

 

お荷物になる

 

-?

 

 

>>イコライザー2 【Blu-ray】

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)

2019.07.11 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)


■監督:アラン・テイラー
■出演者:クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン アンソニー・ホプキンス  クリストファー・エクルストン ステラン・スカルスゲールド イドリス・エルバ 浅野忠信


【映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のあらすじ】

アスガルドの王オーディンは地球を滅亡させようとした次男ロキを牢獄に幽閉する一方、長男ソーに自分の王位を譲ろうと考えるが、ソーは愛する地球人女性ジェーンが気掛かりだ。そのころ、怪しい重力異常の調査をロンドンでしていたジェーンは異次元空間に飛ばされてしまうが、生還した彼女には恐るべきエネルギー体“エーテル”が宿っていた。太古の昔に“エーテル”を使った闇の王マレキスは覚醒すると、アスガルドに襲いかかる。

WOWOWから引用

【映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)】 

 

アベンジャーズの仲間、ソーを演じるクリス・ヘムズワース主演の「マイティ・ソー」本編シリーズの第2弾。

 

パート3の新作放送に当たり見忘れていた過去作のパート2も一緒に再放送してたので見てみた。

 

各ヒーローが集結して活躍するアベンジャーズだが、この作品自体もシリーズ化し、さらにその仲間が主役として活躍する本編映画も各自続々と続編や新作が作られている。

 

一度どれかを見逃すと、もうどこから手をつけていいかわからなくなってくるほど、関連作品が多くて手に余るマーベル映画だが、もうストーリーの順番とか気にせず(それほど重要じゃないだろうと勝手に思い)、とりあえず見ていない映画をただ見ていくということにした。

 

そんな訳で、ソーの第二弾を見てみたが、ほとんど前作パート1の記憶が無くなっていたのだが、ソーを演じるクリス・ヘムズワースとヒロインのナタリポートマンの長距離恋愛ヒーローアクションというテーマで見れば、ソーが住むアスガルドや地球を滅ぼそうとする勢力との大規模バトルがあるだけで、話が始まれば、案外すんなりストーリーに入っていける。

 

基本、危機を乗り越えるという部分でパート1とやってることは同じだし。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:長距離恋愛という部分に共感できれば、それなりに見れてしまうマイティーソー第二弾。ちなみにマイティーソーの世界観は、北欧神話(ゲルマン神話?)をベースにしてるらしいが、日本で言えば、古事記の神話部分(アマテラスとスサノオらへん)をベースにした話みたいなものだと思うが、そのため多少北欧神話について知ってると(最近たまたま読んだ)、このマイティーソー映画を見ると少し発見がある。オーディンしかり、ロキ(キャラクターの名前)、九つの世界など、もろ北欧神話から取ってる部分がもろわかりだからだ。ただ、実際の北欧神話とは内容や設定が違うので、ネタ元はこれかという感じでしかないけど。ベース(歴史)を知らないと勝手に全創作の話だと思ってしまうけど、ベースを知ると、例えば、ドラクエ(ドラクエ3)なんかは当時は全く引っかからなかったけど、古事記や各国の神話や聖書の影響がたくさん入ってることに後になって気づかされる。くさなぎのつるぎ(剣)、ヤマタノオロチ、とか、ラーの鏡(エジプトの太陽神ラ−)、ロト(聖書)など。ちなみにすぎやまこういちの音楽は、ワーグナーを参考にしてるとか。自分がただ知らなかっただけで、一からすべて作ってすげえと勝手に思ってたものが、意外と先人の影響(元ネタ)の方が大きくて、オリジナルと思ってたものが影響されたパロディだったのかと思うと、結構ショックではある。B’Zも洋楽の影響すごいし。)

 

 

 

祝杯は戦いより

 

荷が重い

 

-?

 

 

 

>>マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX(期間限定盤) [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品