「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第4話の感想(ネタバレ)

2012.07.07 Saturday アンダーカバー・ボス 社長潜入調査

■「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第4話の感想(ネタバレ)




出演者:デヴィッド・ライフ ほか

WOWOWで放送していた「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第4話を鑑賞。

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第4話のあらすじ】

ハンバーガー・チェーン元祖のホワイト・キャッスル社をまとめる社長で、創業者のひ孫であるデヴィッド・ライフが社内に潜入し、曽祖父の基本理念が守られているかどうかをチェックする。まず訪れたのは、1ヵ月前にオープンしたばかりの店舗。デヴィッドはこの店舗について、人数が多すぎて暇な従業員が大勢おり、マネージャーが複数いるために指示が乱れて現場が混乱していると指摘する。その晩、彼はパン工場で働くが……。

※WOWOWから引用

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第4話の感想(ネタバレ)】


今回のアンダーカバーボスは、アメリカの老舗ファーストフートチェーン店”ホワイトキャッスル”の社長が登場。いつも通り店舗や工場への潜入調査を開始する。

まずは、新規開店して間もないお店へ。そこでは、オープニングスタッフとは別に他店からヘルプがわんさか手伝いにやってきていた。お客が少ないにも関わらず厨房は従業員で埋まり、何もすることがないスタッフも多くいた。

また厨房にマネージャーが四人いるため、それぞれの指示を聞きながら、その下で働く従業員はかなり困惑していた。病気を患いながらも家族を一人で養っている中年の女性も働いており、社長のデヴィッドは、自身も数年前に病から立ち直って現在に至っていたため、彼女の話を聞いて自分のことのように深く同情してしまう。

その後、ハンバーグのパンを製造している巨大パン工場に潜入するが、出荷する前のパンの袋詰め作業を手伝うが、思い通りにこなせず、パンをつぶしてしまい、ダンボール20ケース相当以上のパンを台無しにしてしまう。※廃棄に回ったパンは養豚場のエサになるようだ。

翌日、別の店舗へ。そこでは、17歳の少年がコックになる(自分の店を持つ)夢を叶えるため、学校に行きながら真面目に働いていた。彼は、サルサ?ソースを手作りして持ってきて、ランチを一緒にしたデヴィッドに分けていた。ハンバーグにそのソースを付けて食べたデヴィッドは、旨い!これは合う!と彼の料理(ソース)を高評価していた。

今度は別の店舗の夜勤へ。そこでは、ドライブスルーを経験する。お客の注文を取り、メニューを作り、会計という作業をこなすが、混雑する時間帯だったこともあり、ミスを連発し、てんてこまいになってしまう。

そこを仕切るマネージャーは、とても簡単そうにやってのけていた。彼からコツを教えてもらうと、とてもわかりやすく説明をしてくれた。

息子が視覚障害者だから、なんでもわかりやすく話すクセがついていると彼は語った。そして仕事に対する姿勢も真面目だった。デヴィッドは、彼こそ会社が求める人材だと賞賛していた。

翌日、今度はハンバーグの冷凍食品を作る工場へ。そこで、ハンバーグの包装のライン作業に携わる。一緒に働く若い女性スタッフとともに、作業をするが、ラインの速度についていけず、何個も失敗して、彼のラインはボロボロになってしまう。

また、チームで作業をしても、彼らの人数ですべてこなすには、人手が足りていないことを知る。若い女性スタッフも、ここでは誰も手助けしてくれないと不満をもらしていた。

そこを取り仕切る中年女性のマネージャーは、あたりを歩き回っていたが、ラインが混み、スタッフが人手を必要としても全く手を貸そうとせず、休憩室で休憩したりと、自分のことを優先させていた。デヴィッドは、ここではチームプレーが取れていないことを問題視する。

■以上のようなうすべての潜入調査が終了すると、いよいよネタ晴らしする。彼が社長だと知った従業員は、それぞれ驚きを見せる。そして、いつも通り、社長は彼らにサプライズを送る。

病気を患っていた女性従業員には、同じように悩む人へ向け健康維持プロジェクトを立ち上げる。またコックを夢見る少年には、会社の料理部門への紹介と5000ドルの奨学金を与える。子供が視覚障害を持つマネージャーには、会社で用いるカリキュラム作成に携わる新たな仕事と、子供当てに5000ドルの賞与を与えた。

チームプレーが出来ていなかったマネジャーには、手が足りないときはみなで助け合って協力するよう伝えた。若い女性スタッフは、自分の意見が会社に伝わったと感謝していた。



評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(今回はハンバーガーチェーン店の潜入調査だが、親族が代々引き継いでいる会社ということで、第2話のフーターズと似た境遇の社長が登場し、先代(創業者ら)に認めてもらいたいと語る社長には感情移入が強い。その影響かコックを目指すスタッフや視覚障害の子供を持つマネージャーの話には、涙腺が緩んだ。アプレンティスではないが、アンダーカバーも結構感情的な話が多く、見ていて心を揺さぶられる。この第4話は結構きた。数年前に心を入れ替えて、志が高くなった社長も良い感じだ。)


肝心なのは人と話すこと


-ジョー


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:テレビ全般
 

「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第3話の感想(ネタバレ)

2012.07.04 Wednesday アンダーカバー・ボス 社長潜入調査

■「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第3話の感想(ネタバレ)




■出演者:ジョー・デピント ほか

WOWOWで放送していた「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第3話を鑑賞。

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第3話のあらすじ】

セブン-イレブンの社長兼CEO、ジョー・デピントが自社の各店舗や工場でさまざまな体験をする。最初に訪れたのは、コーヒーが1日2500杯売れる店。ジョーはここで、常連客と友人や親子のように接する元気な従業員・ドロレスに出会う。明るい彼女が抱える問題とは……。次に訪れたのは、ボルチモアにあるパン類製造工場。ユーモアあふれるトレーナーのフィルから指導を受けた彼は、フィルの優秀さとあるモノに感動し……。

※WOWOWから引用

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第3話の感想(ネタバレ)】


今回のアンダーカバーボスは、日本でもお馴染みのセブンイレブンが登場。いつも通りセブンイレブンの社長(CEO)が店舗や工場への潜入調査を開始する。

社長のジョーは、身分を隠すと、まずはコーヒーが一日2500杯売れるという人気店でその理由を探るべく潜入する。そこでは長年勤めている一人の女性従業員に出会う。店員を始め顧客ですら、彼女とは名前で呼び合う間柄になっており、彼女の存在が、売り上げに大きく作用していたことを知る。また彼女は腎臓が一つで人工透析を受けるハンディキャップを抱えながら仕事をしている事実を知る。

次に菓子パンを製造しているパン工場へ潜入。そこでは、軍隊経験者の黒人男性が軍隊の経験を生かしチームで楽しく仕事をしていた。また子供の頃から絵を描いており、職場の片隅には彼が描いた絵が飾られていて、ジョーは、彼の絵を見て驚き、彼の才能に惚れ込んでしまう。

次は、夜勤の店舗へ潜入。夜中の仕事では、掃除や商品陳列作業などを経験する。特に問題は内科に思えたが、賞味期限切れのドーナツがチャリティに寄付することになっていたが、その店舗では、数十個単位でゴミ箱にそのまま捨てられていて、管理が徹底されていないことを知る。

また、そこでは昼間大学に通いながら、セブンイレブンで夜勤の仕事をする若者に出会う。真面目に働く彼だったが、セブンイレブンでは長く勤めても店員では将来がないという言葉を耳にする。

次に、別の店舗に行き店舗のメンテナンスの仕事を行う。そのフランチャイズ店では、店屋、バッグヤードの電球がすべて切れていて、安全上や見た目に問題を抱えていた。早速規則どおり本部に電話して、メンテナンスを頼むが、作業の優先順位があり、電球が店舗に来るのは1ヵ月後だと知り愕然とする。

ジョーは、早急に対処する必要があると思い、身分を隠しつつ、車に戻ると、幹部と連絡を取り、早急に対応するように指示を出した。

次に、店舗へ品物を届けるトラックの搬送に潜入。外国人のトラック運転手ともにルートを回る。彼は50ドルだけもってアメリカに来ていて、今の仕事を手に入れていた。そして、アメリカという国にとても感謝していると語る。またアメリカ人はとても恵まれているよと、ジョーに伝えた。

■すべての潜入が終わると、ジョーは今回関わった従業員を本部に呼びネタばらしする。彼らはジョーを見ても始めは誰か分からず、ネタばらしすると一様に驚き、そしてジョーの話を聞くと、それぞれ感謝をあらわした。

はじめの病気を抱えた女性従業員には、彼女の病気と同じような人々を救うべく、アメリカとカナダ?にある各店舗で腎臓ドナーを募るキャンペーンを行うことを告げた。絵の上手い黒人男性には、広告PR部門の仕事を紹介する。

学生と夜間店員の二束のわらじを履く若者には、セブンイレブンでも将来があることを見せるため、ルートマネージャーの仕事を与えた。トラック運転手の彼には、フランチャイズ件を与え、店長の仕事を与えていた。それらをもらった従業員は一様に喜んだ。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(前回の第二話のフーターズと違い、今回のセブンイレブンは、潜入調査するが人材にすごく恵まれていて、変な従業員は一人もいなかった。どこもかしこも良い人どれも良い話。ただ、彼らの頑張りとは別にアメリカ政府(支配層)のやっていることを知ると切なくなる。黒人男性が描いていた絵はアメリカンコミックみたいなタッチでかなり上手くて感動した。そして、一日2500杯売れるという人気店だが、アメリカ人ってコーヒー好きだなと改めて思った。カフェイン取りすぎ。)


なんてたって

ここはアメリカですから


-ジョー

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:テレビ全般
 

「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第2話の感想(ネタバレ)

2012.06.23 Saturday アンダーカバー・ボス 社長潜入調査

■「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第2話の感想(ネタバレ)




■出演者:コビー・ブルックス ほか

WOWOWで放送していた「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第2話を鑑賞。

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第2話のあらすじ】

売り上げが伸び悩んでいる外食チェーン、フーターズ・オブ・アメリカ社の社長兼CEO、コビー・ブルックスが1週間潜入。初日はキッチンの裏方を担当したが、久しぶりに厨房に入ったコビーは現場の忙しさについていけず、幾度も失敗をしてしまう。翌日は宣伝のため、ウエートレスたちに同行して街頭で目玉商品のチキンウィングを配りながら店の評判を聞くが、その結果、フーターズは女性からの人気がないことがわかり……。

※WOWOWから引用

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第2話の感想(ネタバレ)】


アプレンティス2が終わったので、同じくアメリカのリアリティーショー番組「アンダーカバーボス」シリーズを久々に鑑賞。

第二話は、セクシーな格好をしたウェイトレスで有名なアメリカの人気の外食チェーンレストラン「フーターズ」の社長が潜入調査していた。

今回も前回の廃棄物処理会社の社長同様、各支店を訪れて実際に働いて問題点がないか調査していたが、フーターズの社長もキッチンの雑用作業を任されて担当するが、あまりの忙しさについていけず、仕事の邪魔をしてしまう。

結局、マネージャーから仕事が遅れているから今日はこの辺で帰っていいと言われてしまう。

インタビューで彼(社長)を雇いたいか?と聞かれたそのマネージャーは「NO!」と答える。

翌日、社長は次の店舗へ。そこでは、フーターズガールらとともに町へ出て試食キャンペーン行った。そこで、市民からいくつかのフーターズに関しての生の声を拾う。フーターズを評価しているものもあれば、女性を侮辱している、自分の子供には働かせたくないといったフーターズガールの格好についての悪い意見も出てきて、社長はホテルに戻ると気を落としてしまう。

翌日、また別の店舗へ。フーターズガールを管理しているゼネラルマネージャーの下で彼女たちの仕事ぶりをチェックする。そこで、社長は衝撃的な現場に遭遇する。

ゼネラルマネージャーがフーターズガールに手を使わず豆を食べさせるという屈辱的なゲームを行っていた。権力を私物化しているようなマネージャーの仕事ぶりに社長は、今にも怒鳴りつけそうだったが、潜入調査中なのでその場はなんとか我慢した。しかし、車に戻ると早速、彼の上司に当たる部下に連絡し、改善策を検討させる。

翌日、社長はまた別の店舗へ。そこでは、子供を持つ女性がマネージャーとして働き、フーターズガールらをまとめていた。同じ女性ということと、彼女たちと同じくフーターガールを経験したこともあり、彼女らと上手く仕事を行っていた。

ただ、仕事でのストレスが溜まっているようで、表情は疲れた顔をしていた。そのお店ではマネージャ一ひとりに責任が重く圧し掛かっていることを社長は知った。

翌日、今度はドレッシング工場へ。その会社は現社長(コビー)の亡き父親が、席を置いて管理していた会社だった。そこに務める社員から話を聞くと、口々に前の社長はすごくよかったと父を評価していた。

しかし、今の社長の噂を聞くと、あまり顔を見せずよくわからない…と低く評価しており、先代の時代と比べると、仕事に対する社員のモチベーションがかなり下がっていたことがわかる。この状況に後を告いだコビーは、現状を悪くしてしまった責任の重さを実感し、涙を流した。

潜入調査が終了すると、今回関わった社員を本部に呼び正体をばらした。

それぞれ真面目に働いていたものについては、フーターズガールらには、企画やPRの新しい仕事を与えたり、よくやっていた女性マネージャーには負担の少ない部署への移動や家族旅行をプレゼントした。

また彼を雇わないと言っていた真面目な軍人上がりのマネージャーには、5万ドルの寄付金を彼の名で軍のチャリティに寄付したりするサプライズもあった。彼らは社長と知らされ評価されると、涙を流すものや、喜びを表すものなど感動が込みあげていた。

一方フーターズガールらを侮辱していたマネージャーには、彼女らへの謝罪を強く要求し、彼も一応納得して帰っていったが、後姿は、怒りや不満を隠せない表情をしていた。結局彼は、その後番組が終わると、辞職し、別の仕事に移ってしまったようだ。


評価 ★★★☆☆ (星3.5つ)

(今回は、父親の会社を継いだ息子の苦悩が理解できる内容でかなり共感度が高く泣ける。特にドレッシング工場の社員から社長の評判を聞いたコビーの心情は、相当胸に突き刺さりキツイ。偉大な父の後を継いだ息子の責任の重さが伝わってくる。息子が親父の会社を悪くしてしまっている罪悪感は半端ない。社長業も大変だ。)


私が父の代わりを務めることは

できませんが

父が誇りに思ってくれるような

仕事をしたいです

-コビー(社長)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:テレビ全般

「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)

2012.04.27 Friday アンダーカバー・ボス 社長潜入調査

■「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)




■出演者:ラリー・オドネル ほか

WOWOWで放送していた「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話を鑑賞。

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話のあらすじ】

北米最大の廃棄物処理会社、ウェスト・マネジメント社の社長兼COO、ラリー・オドネルが複数の作業現場で働きながら、会社の改善に努める。最初に訪れたのは、ニューヨーク州にあるリサイクル施設。ベルトコンベアでゴミの分別作業に挑戦するが、まもなくラリーは現場の厳しさを目の当たりにして……。

※WOWOWから引用

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)】


社長が身分を隠し平社員として各現場で実際に仕事を体験するというアメリカの人気番組「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」。

以前WOWOWで放送していたのをチラっと見て面白く、再放送しないかなと思っていたら、今度第二シーズンが始まるらしく、第一シーズンの再放送があったので、ちょっと見始めてみた。

第一話は、「廃棄物処理 “ウェスト・マネジメント”」と題し、リサイクル会社の社長が、会社が管理する施設や工場など各現場の実体を知るため平社員として潜入していく。

この番組の面白いところは、社長が平社員やバイトとして働いたときの仕事力の有無と、社長と知らずに扱う社員、最後に「実は私は社長でした!」と社員にネタばらししての社員へのドッキリが結構好き。

ちなみに、今回は、リサイクル業界に潜入している。

ダンボールと一般ゴミを仕分けするレーンを担当することになった社長は、ダンボールを取り除く作業が遅くて、機械を詰まらせてしまう。

また、ゴミ工場の埋立地では風で散らばっているゴミをビニール袋へ拾う作業を行うが、全く上手くいかず、担当の上司から使えないとクビにされてしまう。

今回のリサイクル会社の社長だが、体を動かす労働はかなり不器用のようだ。特にゴミ拾い業務に関しては、全然動けてなくて、仕事の出来ないっぷりが面白い。たぶんこの人運動も音痴だと思う。こういう不器用な人はたまにみるが、長く現場にいると典型的ないじめられっこになりそうだ。

ちなみに、ゴミ収集車に乗って各家庭を回る業務では、社員がお客から感謝の手紙を読まれたり、好きな食べ物をもらったりと、お客との間に人間関係が構築されていて、そのやりとりには、なかなか感動させられる。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第一話は、リサイクル業界の現場が出てくるが、遊園地の仮設トイレの汚物の回収作業の担当者は、ウ○コをバキュームで吸い込む作業を「ランディ行け行け〜」とゲーム感覚で楽しみながらやっているのが、良かった。ドッキリ後も社長からかなり評価されていたが、なぜか現在は別の職業に転職してしまったようで、ちょっと残念だ。あの人ならどんな仕事でも楽しんでやってそうだ。)


残念だが使えない

-?


仕事をクビになったのは

これまでの人生で初めてだよ


-社長


まさかゴミ収集車で回りながら

こんなふうに感動するとは

夢にも思わなかった


-社長


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:テレビ全般
 

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links