アニメ映画「PERFECT BLUE」の感想(ネタバレ)

2010.10.04 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■アニメ映画「PERFECT BLUE」の感想(ネタバレ)



■監督:今敏 
■出演者(声優):岩男潤子 松本梨香 辻親八 大倉正章

WOWOWで放送していたR指定のアニメ映画「PERFECT BLUE」(パフェクトブルー)を鑑賞。

2010年8月24日に急逝したアニメ監督の今 敏の初監督作品ということで録画してみましたが、内容はアニメでは珍しいサイコサスペンス。また主人公(未麻)のアイドルの苦悩がリアルに描かれ、アニメとは思えない、表現力が

アニメ映画「PERFECT BLUE」のあらすじは、アイドル・グループ《チャム》から独立して女優に転身した霧越未麻だが、アイドル上がりの女優ということで、脚本家から良い役が貰えず、結局レイプされる汚れ役をいきなり演じさせられることに。そんな彼女の周囲で、脚本家やカメラマンが殺される事件が続けて発生。未麻も女優に転身したことを後悔しだすなど、精神が不安定になっていく。そして殺人事件はなおも続き……。

アイドルユニットを脱退し女優になったことでファンのストーカーから被害に悩みつつ、ドラマで新しく演じる役では、今までにない汚れ役に、描いていた理想とは違う現実にアイドル時代の自分の影が追ってくる。そして、役柄と現実の境で、主人公(未麻)の精神は不安定になっていき、最後には、夢なのか現実なのか見ているこちら側もわからない物語が進んでいく。

夢から覚めて現実だと思ったらそれもまた夢で、また現実の話だと思ったら、それもまた夢みたいな。一体今は現実なのか?…というのが、アニメで描かれている、今までにないアニメ作品だと感じた。過去にガイピアース主演の映画「メメント」のような記憶を見失う感覚があります。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(R指定が入っているアニメ映画ですが、エロスとサイコという両方で過度の描写があります。ラストは、結局主人公の妄想は関係なく、アイドルを夢見ていたマネージャーの妄想に巻き込まれていたというのが答えになるのかな。最後にルームミラーを見て「私が本物よ」と言うが、ラストはなんとなく解りにくい。)

パーフェクトブルー 【DVD】

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アニメ感想
 

スポンサーサイト

2020.04.04 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!