映画「マッド・ナース[R15+指定版]」の感想(ネタバレ)

2016.04.24 Sunday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「マッド・ナース[R15+指定版]」の感想(ネタバレ)



■監督:ダグ・アーニオコスキー
■出演者:パス・デ・ラ・ウエルタ カトリーナ・ボウデン コービン・ブルー ジャド・ネルソン ニーシー・ナッシュ

WOWOWで放送していた映画「マッド・ナース[R15+指定版]」を鑑賞。

【映画「マッド・ナース[R15+指定版]」のあらすじ】

ニューヨーク。女性の新人看護師ダニーが働きだしたオール・セインツ病院には、美人の先輩ナース、アビーが働いていた。実はアビーは夜な夜な街に繰り出しては、妻子がいながら不倫したがっている男性を見つけ、次々に命を奪っていた。アビーは後輩のダニーをかわいがるようになるが、ダニーに救命士である恋人スティーブがいるのが面白くない。アビーはダニーの義父が浮気をしていると知って、自身の手で殺害してしまうが……。

WOWOWから引用

【映画「マッド・ナース[R15+指定版]」の感想(ネタバレ)】


「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」でルーシー役を演じたパス・デ・ラ・ウエルタ主演のスプラッターホラー風サスペンス。

マッドサイエンティストならぬナースにマッドが付くという、攻めたタイトルに惹かれて見て見た。

序盤は、妻子がいるが女性と遊ぶ不倫男に対して、過度の制裁を加えて行くアビー演じるマッドナースを主役に描かれていくが、次第に制裁が行き過ぎ感が表面化してくると、主役は入れ替わり、同じ病院に勤める常人の美人看護士:ダニーに視点が切り替わり、アビーの異常性を暴くようになる。

なぜ浮気男(不倫男)を必要以上に悪視するのか、アビー(マッドナース)の幼少期の出来事が明かされる。幼少期に両親がヤッてたのをたまたま見てしまい、父親が母親をいじめていると勘違いしたアビーは、その後、父親を殺してしまう。これが発端となる。

そんなことがきっかけとなり、性欲を求める不倫男に制裁を加える行為を日常化していくことになったとわかるのだが、最後は、大量殺戮を行っていながら、捕まることなく上手く逃げ切り、また新たな地で、別人になり代わり、同様の行為を繰り返す…という恐怖は続く…というホラーのお決まりのような着地で終わる。

不倫男に罰をという部分で、女性目線で見れば多少の正義感が感じられるので、やり方によっては、マッドナースをダークヒーロー的に仕上げることも出来なくないが、罰則のやりすぎ感と逃亡時に無実の人も多数巻き込んでるため、共感はほとんどえられない。

ってことで、ストーリーの深さは、よくあるホラー話のひとつです。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:スプラッターホラーのエロナース版。マッドナース役のパス・デ・ラ・ウエルの脱ぎっぷりに◎。ちなみにこの映画の演出で、なるほどと思ったのが、マッドナースは、下着は、ブラは付けてもパンティを一切穿かないで半裸で部屋をうろうろするところに、マッドナースのリアルな変態感(奥行き)が出ていたかなと思います。上はつけるのに、下をあえて穿かないんだって。あ、やっぱり変態だ!(マッド)。男も部屋で裸でパンツ一丁なら普通だけど、上にTシャツ来て、下パンツ履かないで、下出したままウロウロしてたら、やっぱり変態(マッド)だなって思います。アイツは何か違うって。)



殺人が起きる職業は

医療従事者が最多

有名な連続殺人犯も

医療従事者が

最も多い


-?


>>マッド・ナース【無修正版】 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links