映画「マイレージ、マイライフ」の感想(ネタバレ)

2016.04.25 Monday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「マイレージ、マイライフ」の感想(ネタバレ)



■監督:ジェーソン・ライトマン
■出演者:ジョージ・クルーニー ヴェラ・ファーミガ アナ・ケンドリック ジェーソン・ベイトマン ダニー・マクブライド

WOWOWで放送していた映画「マイレージ、マイライフ」を鑑賞。

【映画「マイレージ、マイライフ」のあらすじ】

ライアンは企業のリストラ対象者に解雇を通告する“リストラ宣告人”として、全米各地を飛び回る毎日。わずらわしい人間関係のしがらみに背を向け、いまや航空会社のマイレージ制度で1000万マイルを達成することだけが自分の人生の目標となっていた。そんなある日、彼は自分と同じく出張で全国を飛び回っている魅力的なビジネス・ウーマン、アレックスと出会い、お互いに後腐れのない気軽な恋愛関係を持つようになるが……。

WOWOWから引用

【映画「マイレージ、マイライフ」の感想(ネタバレ)】


アカデミー賞で6個のノミネートを受けたジョージクルーニー主演の人間ドラマ。

5〜6年前にHDDに録画したままになってたのを消化するため見てみた。

主演のジョージクルーニーがアカデミー男優賞ノミネートなど、当時話題になっていた作品だが、ジョージクルーニー演じる、リストラ宣告人の人生が意外と深く描かれていて、ノミネートも納得の内容。

ただこの映画の良さを一言で伝えるのは、難しい。

個人的には、主人公が、マイレージをただ貯めることに執着してる子供の部分と、それを維持するために仕事はきっちりこなしている大人の二面性がしっかり描かれていて、共感できるところだろうと思う。

マイレージが貯めたいために、出張がたくさん出来るリストラ宣告人をやってるのか、かといって、会社の方針が変わり出張が出来なくなっても、すぐに会社をやめたりするわけでもない。ただ、再び出張ができるようになると、また出張する…。

意外と人間(大人)って、声に出して言わないだけで、仕事をしている本当の理由って実は、こんなところにあるのかもしれないと思わされる。っというかそう思う。。

例えば、仕事とは特に関係ないけど、出張先に行きたいキャバクラがあるから、その仕事をやってるとか。その仕事が特別したいわけではないけど、仕事がクビになってお店にいけなくなるのが、嫌だから仕事をがんばる。こういう動機で実はそんなにやりたくない仕事をしている人がいる。という現実があるような気がする。

仕事そのものが目的ではなく、仕事をすることで得られるなんらかの満足感(楽しみ)。

そんな人生の複雑さも描かれてる映画です。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:秀作と呼ばれているが実際に見てみても秀作なオススメの人間ドラマ。大まかな感想は上記の通りだが、中盤でのアレックスに夫と子供が発覚しての人間関係での大きな挫折感は、よりこの映画を深くしている。絶望感(空虚感?)を感じてあらためて、自分自身の本質、自分らしさが、自分を支えてることに気付く。結局のところ、自分とは何か…マイレージマイライフなのだ。この”マイレージ”の部分が人によって変わる。)



人生も同じ

我々は重荷で動けなくなってる

だが生きることは動くことだ


-?


帝国を築いた成功者も

同じ経験をし

苦境をバネにしたんです


-?



マイルにならない金は

使わない主義だ


-?


目標はマイル

そのものだ


-?


一生パートナーを変えない

動物もいます

白鳥がそのひとつ

我々は違う

動きを止めたら死ぬ

我々は白鳥じゃない

サメです


-?


人間死ぬときは独りだ

-?


若いから妥協が負けだと

思うのよ


-?

自分に合った相手なら

妥協と感じない

批判するのは23歳の女の子だけ


-?

本物の定義は

年齢で変わる


-?


>>[Blu-ray] マイレージ、マイライフ



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links