映画「呪怨−ザ・ファイナル−」の感想(ネタバレ)

2016.05.30 Monday 邦画 ホラー

■映画「呪怨−ザ・ファイナル−」の感想(ネタバレ)



■監督:落合正幸
■出演者:平愛梨 小林颯 最所美咲 おのののか 桐山漣 柳ゆり菜 佐々木希

WOWOWで放送していた映画「呪怨−ザ・ファイナル−」を鑑賞。

【映画「呪怨−ザ・ファイナル−」のあらすじ】

ホテルの従業員として働く麻衣のもとに、小学校教師の妹・結衣が失踪したとの知らせが届く。結衣から念願の学級担任になったと聞いて間もないだけに、麻衣は妹が仕事を放棄したとは信じられない。そんな矢先、彼女の夢の中に結衣が奇妙な白塗りの少年とともに現われ「俊雄」と言い残す。自宅に届けられた結衣の荷物を調べていた麻衣は、やがて結衣が失踪前に佐伯俊雄という不登校の生徒の家を訪ねていたことを知り……。

WOWOWから引用

【映画「呪怨−ザ・ファイナル−」の感想(ネタバレ)】


「リング」に続いて、2003年に発表されたジャパニーズ人気ホラー「呪怨」シリーズの完結編。

ちょうど1年位前に見た佐々木希主演の「呪怨 終わりの始まり」に続いて、いよいよ完結編がWOWOW初放送してたので見てみた。

ただ、これでシリーズ最終回(ファイナル)というわりに、特に思い切った内容の変化は感じられずほとんど通常通り。いつもの白いブリーフを穿いた白い少年と床を這って追いかけてくる髪の長い女、この二つが主な脅かしのポイントになっているのは変わらない。

シリーズを見ているとそろそろやることが定番化しているため、もうその脅かし方はいいです!と思えてくる。っというかファイナルになり、製作者のネタ切れ感も感じる。怖がらすという意味では、前回の「呪怨 終わりの始まり」の方がいろいろ攻めていたし、心象に残る。

ちなみに映画「リング」では、テレビから女が飛び出てきた衝撃の脅かし方があったが、このファイナルでは、玄関のドアポストの僅かな隙間から人が入ってくるという、上記のリングの影響をもろに感じる方法(テレビがドアに変わっただけ)もあって、いよいよやばいなと思う。それ以外にも、脅かしがスベってる(大して怖くない)ものも結構ある。ファミレスで女子高生が湯気が出て死ぬというのは、ないな。

また、物語に関してもまだまだ続く(繰り返す)というホラーの定番のラストになっており、ほとんど何も解決していないように思う(一応、あの家そのものが原因ではないらしい?、っというか物語は全然頭に入ってきてないけど)。ファイナルと言ってはいるが、そのうちスピンオフみたいな感じで名前を変えて、再開するんじゃないかと思う。

ちなみに唯一、出演者だけは、おのののかを始め、柳ゆり菜など、人気が出だしている、若手女性アイドルを起用したりしていて(前回のトリンドル玲奈や佐々木希に続いて)、新鮮さがある。またユーチューブでお馴染みのHIKAKIN(ヒカキン)もちょい役で出ている。びびってる演技はユーチューブの時と大して変わらず。

ただ、柳ゆり菜に関しては、青空の下での水着グラビアの印象しかなかったせいで、普通にこの映画で女子高生の役柄を与えられて制服を着て出演してるが、服を着たせいなのか(じめっとした暗い映画だからか)、ほとんどいつもの(グラビアの時の)良さが出ていない。服を着ただけで、急に地味な感じになって、オーラが消えたように思う。

あと、それと関係ないが、暗い映像が結構多いが、液晶テレビ(42z1)では、ほとんど暗がりで、何が起きてるのかわからない点もマイナスですね。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:いろんな意味でファイナルというタイトルで良かった「呪怨」ホラー。そろそろホラー映画も視聴者を脅かすためにのみ作っているホラー演出(例えば、物語の登場人物の視界にだけ入ってなくて、視聴者にだけはその危機が近づいていることがわかる演出(黒いモヤモヤ)や(主人公見てないところで起きてる現象って誰目線だよ)、また、死んだように見えるが、近づいて、声を掛けると急にビクっと起き上がって首を絞めてくる等)は、よく考えると、なんでだよって思う。完全に霊や呪い側が、人を脅かすための遊びを仕掛けている。そういうのではなくて結果的に怖くなってるのはいいけど、完全に人を脅かすだけの遊びになってる演出は、いいかげん見てて冷めます。前提として、霊や呪う側に少しの余裕があってはいけないでしょう。襲ってくることに一生懸命だから怖いので合って、廊下曲がったところで待ち構えてるとか、エレベータ開けたら、さっきまでいなかったのに、もう一度開けたら急にいるとかもなんか違う。今いるのはわかったけど、じゃあさっきなんでいなかったんだよって思う。今いたのとさっきはいなかった、その因果関係は、何?。基本、呪いって過去に何か悪いことがあったことで、現在に影響してるわけなんで、少なからず呪う意味(原因)がある。それが、脅かすこと(呪うこと)に遊びがみられる。原因と結果の間に、少し遊びがある…しかも意図的に。どうしても気になっちゃう。そういう遊びが見えた時点で、スタッフと出演者のメイキング映像が頭の中に見えてしまう。)


止められない

また繰り返す


-?


呪怨 ザ・ファイナル(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror

スポンサーサイト

2018.02.11 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links