海外ドラマ「ザ・パシフィック」第2話の感想(ネタバレ)

2010.10.09 Saturday 海外ドラマ ザ・パシフィック レビュー

■海外ドラマ「ザ・パシフィック」第2話の感想(ネタバレ)




■製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トム・ハンクス ゲーリー・ゴーツマン
■出演者:ジェームズ・バッジ・デール ジョー・マゼロ ジョン・セダ

前回に続いてWOWOWの海外ドラマ「ザ・パシフィック」の第2話を鑑賞。

海外ドラマ「ザ・パシフィック」第2話のあらすじは、ガダルカナルのアメリカ軍は第一海兵師団を中心に日本軍との戦いを続け、レッキーたちの第一連隊やバジロンたちの第七連隊が飛行場を守りながら、偵察や戦闘を繰り返していたが、日本艦隊による夜毎の艦砲射撃のため、眠れない日々が続く。慣れない熱帯の環境でマラリアや食料不足に悩まされながらも、次第に適応していく兵士たち。第七連隊では第一大隊長・プラー中佐が、バジロンの小隊からロドリゲスを伝令に選ぶが……。

「ザ・パシフィック」第2話は、主人公らが所属する海兵隊の隊員達に食糧不足や弾薬不足、人員不足の危機が襲い掛かる、そのため不満を持った海兵隊らは近くに常駐している陸軍の物資(缶詰や葉巻、酒など)を盗みに行く。なぜか陸軍の物資や武器は、補給が良いのか意外と豊富にある。軍隊と言っても陸軍と海兵隊ではどこか扱いが違うようだ。

そして、圧倒的に数で負けている海兵隊の軍に向け日本軍は進軍し、夜に玉砕覚悟の攻撃を加える。その進軍を隊員らは機関銃で応戦し、何とかその場を守りきるが、まともに日本軍の砲撃を食らってしまった仲間は、数多く死んでいた。

「もし向こうでなくこっちに弾を避けていたらあいつは…」と親しい仲間の死を悔やむ隊員に、別の隊員は「そういうことは考えないようにしている。もともとそこにいたんだ。」と言う。

戦争で仲間が死ぬことに対しての、隊員それぞれの死への考え方、受け入れ方も語られており、このシーンは印象的だった。


評価 ★★★☆☆

(第2話も夜の銃撃戦があり音は凄まじい。ストーリーとは関係ないが、ほとんど同じ衣装(軍服)で動き回っていると、一体誰が誰だかわからない。(※特に夜戦はわかりにくい)第2話までパシフィックを見たが、まだ出演者の顔と名前が覚えられない。この2話で亡くなった兵士も正直誰だか覚えきれていない。この辺がかなり残念だ。パシフィックの出演者は、日本ではまだまだ無名の俳優が多く、映画の主役級の俳優があまり出ていないので、顔を覚えるという問題が付きまとう。慣れるまでしばし我慢が必要だ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:海外ドラマ「ザ・パシフィック」について
 

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links