映画「UDON」の感想(ネタバレ)

2010.10.11 Monday 邦画レビュー

■映画「UDON」の感想(ネタバレ)



■監督:本広克行 
■出演者:ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 片桐仁

少し前にWOWOWで放送していた映画「UDON」を鑑賞。

映画「UDON」のあらすじは、ニューヨークでエンターテイナーになる夢を抱くも道半ばで挫折した香助。借金を抱えて帰国した彼は故郷・香川のタウン誌に新たな職を得るが、小さな県の小さな雑誌では部数も限られ、歩合で契約した給料も上がらない。そこで香助は旅行者にもタウン誌を買ってもらうべく、同僚の恭子と共に知られざるうどん店を食べ歩くコラムを企画する。やがて香助たちの連載は評判を呼び、全国的な讃岐うどんブームが巻き起こるのだが……。

この映画「UDON」は、ユースケサンタマリア演じる香助が、夢を追って故郷を離れるが、結局夢破れ地元のさぬきうどんの記事を書く仕事に就くと、その影響で最終的には、うどん職人の父親の後を継ごうとする話。

話は、意外と単純なのだが、途中にCGを使ったヒーローのアクションムービーみたいな映像(※結局夢オチ)があったり、またラストにも再度夢を追いニューヨークに行ったりするが、この映画撮ってます的な、海外ロケやCGアクションシーンはこの映画にはない方が良いと最後まで見てみると思う。

うどんブームが去り廃れ、閉店に追いやられるお店や、うどん職人の父親が亡くなっても、毎日楽しみに食べに来ていたお客さんが、閉まったお店に通い、励ましの言葉をノートに書き連ねて、お店の復活を待ち望むシーンなどはベタに感動する。こういう人情エピソードに自分は弱い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(うどん好きには、たまらない作品で食事シーンが豊富にある。いろんな経験をして最終的に親父の仕事を継ぐというよくある話だが、ベタな演出もあり個人的に感動作だと思う。ヒロインの小西真奈美もかわいくて良いし、スケール感のあるクラシック音楽も良く、踊る大走査線やアマルフィを思い出せる。)

「UDON」オリジナル・サウンドトラック

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links