映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の感想(ネタバレ)

2016.07.31 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:樋口真嗣
■出演者:三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多 三浦貴大 桜庭ななみ 松尾諭 石原さとみ ピエール瀧 國村隼 武田梨奈

WOWOWで放送していた映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を鑑賞。

【映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のあらすじ】

100年以上前、突如現われた謎の巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊した。そして生き残った人々は円状の巨大な壁を3重に築き、それらの中で暮らしていた。壁の外の世界を夢見る若者エレンは壁に守られて安穏と暮らす人々にいらだちを感じるが、想定外の超大型巨人が一番外側の壁を破壊し、そこから巨人たちが侵入してくる。2年後、人類は対巨人兵器“立体機動装置”で武装した調査隊を結成。外壁の修復作戦に踏み切る。

WOWOWから引用

【映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の感想(ネタバレ)】

諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」の三浦春馬、長谷川博己らを迎えて実写映画化した二部作の前編。

WOWOWで初放送していたので見てみた。

マンガの「進撃の巨人」自体は、ジャンプかマガジンで数話程度読んで、大まかな世界観はある程度知っているが、ストーリーやキャラクターやその他、内容はほとんど良く知らない。

そんな中でこの実写映画版を見てみたが、見どころの巨人のCGは、日本のレベルではがんばってはいるが、どうしても特殊メイクを施した俳優を合成で、そのまま映像にはめ込んでる部分は、普通の人間感がもろバレしていて、マンガの世界観とはなんか違った雰囲気に感じる。

松本人志の大日本人のCGのような人間感で、チープさは否めない。巨人は完全CGで作り上げた方が良かったような気がする。

また最後に三浦春馬演じるエレンが巨人となって、他の巨人たちを圧倒するどんでん返しがあるが、これがオリジナルのストーリーなのかはわからないが、せっかく巨人と人間が生きるという独自の世界観を作り上げてたのに、最終的に人間の一人が巨人に飲み込まれた後、巨人の体を乗っ取って他の巨人たちとプロレスのようにして格闘を繰り広げて戦うという、ほぼウルトラマン状態になってしまうのは、どうだろうか。

こうなってしまうと、せっかくの巨人の設定(スペクタクルな世界観)があまり意味のないような気がしてしまう。巨人の目線で見れば、同じサイズの巨人同士が闘ってる映像は、建物だけがミニチュア化しただけで、ウルトラマンとやってることは同じ。

ウルトラマンって、結局戦い始めると、スペクタクル感はあんまない。人間のサイズから怪獣を見てるときは、スケール感あるが、同サイズの目線になった途端、ほとんどの人間の世界と変わらないことになってしまう。

ちなみに、CGは問題も多いが、まーそれなりに見れるが、問題は、ストーリー感情移入の部分だろう、内容がとにかく薄いし、ほとんど中身がないという位ぺらっぺらだ。なんといってもそこで生きているような人間感(実在感)が無い。

俳優の演技も、特に冒頭は、後からアニメのように本人が吹き替え音声を合わせている部分があり、違和感が半端ない。セリフの口調も違和感がある。

また、ほとんど大半の出演者が、この世界観に嵌っていない。どこか存在感が浮いている。現実感がない。その中でも石原さとみはかなりひどい。桜庭ななみ、ピエール滝はがんばってる方。


評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:完全に人気俳優を集めすぎてアイドル映画みたいになってしまった実写化アニメの失敗作。とりあえず、後編が残ってるので、そちらに期待したい。)



狼を恐れて

柵の中で暮らす

そんな動物をなんと呼ぶ

家畜


-?


>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN【Blu-ray】 [ 三浦春馬 ]



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links