映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の感想(ネタバレ)

2016.08.02 Tuesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:樋口真嗣
■出演者:三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多 三浦貴大 桜庭ななみ 松尾諭 石原さとみ ピエール瀧 國村隼

WOWOWで放送していた映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」を鑑賞。

【映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」のあらすじ】

人間を襲う巨人たちを入れないよう築かれた壁が超大型巨人に破壊された事態を受け、人類の生き残りが結成した調査隊の一員として外壁修復作戦に出発した若者エレンだが、仲間のアルミンを救おうとし、全身を巨人にのみ込まれてしまう。だがその直後、黒髪の巨人が出現して他の巨人を攻撃するという不可解な事態が起きる。やがて人類の生き残りと巨人たちの知られざる関係が明らかにされていく。

WOWOWから引用

【映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の感想(ネタバレ)】
 
諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した2部作の前編「〜ATTACK ON TITAN」に続く後編。

時間が空いてしまったが少し前に見た実写版「進撃の巨人」の二部作の後編分を見てみた。

内容は、前編からの続きとなる後編だが、相変わらず物語がどうということより、ほぼ前編から引き続き同じメンバーの出演俳優の演技が気になってしまう。特に石原さとみのキャラ設定(役柄)と演技のひどさは、前編からもれなく引き続いており、この映画全体を一人で台無しにしている感じすらある。

役柄としては、マンガの中ではよくいるタイプのアネゴ肌のオタク系女子(ウザキャラ)だと思うが、マンガではさほど気にならない存在(ある種ムードメーカー?)ではあるが、これを実写でそのままのキャラで描いてしまうと、空気の読めない、リアル感に欠けただけの存在に見えてしまう。

これは役柄(演出)が原因なのか、石原さとみの演技自体があれだからなのか原因はわからないが、とりあえず、ひどいことはたしかです。普段の石原さとみは、好感度があって好きだが、この作品の石原さとみは、不快感の方が強い。全くいつもの良さ(魅力)が出ていない。これは前後編見ても思う、完全にミスキャストじゃないだろう。演技の演出方法も悪いのかもしれないが。

物語の方も、オリジナルを知らないので直接比較はできないが、結局、前編からの普通の人間が巨人になれちゃう設定を、存分に後編でも引き継いでいて、巨人同士の格闘も引き続き行われている。

そして、ジャンピングニー(膝蹴り)がある種の必殺技として表現された時(前編でのフリを回収した)には、もう飽きれてしまった。相手を巻き返す用の必殺技がひざげりってね(笑) こんな壮大な映画なのにしょぼいっす。

あと、後編になり、巨人の誕生の謎が解明(紹介)されましたが、別にいらないような気がします。

あえてそこはふせた状態で、とりあえず謎の巨人が出てきて戦うというので、突き進んで欲しかったと思います。

結局、普通に人間が大きくなったという設定だと、ほとんど「大日本人」の焼き増しになってしまった。大日本人は、シュールコメディだけど、こっちは、真面目な映画ですからね。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:巨人に成れる人間が増えすぎて、スケール感があるのかないのかよくわからない後編。とりあえず、この作品はテレビサイズで見ちゃダメですね。映画館やスクリーンで見て始めて、この意図する世界観を感じれると思います。テレビではスケール感を感じるには限界。といいつつテレビで見ちゃったけど。なので、映像に関しては、スクリーン推奨です。ただ、前後編ともに見て思うのは、物語に関しては、感情移入がほぼ出来ない、彼らがどうなろうが、どうでもいいと思えてしまう人物との距離感がずっとあります。どこかで見たようなわかりやすい展開の連続というか、死ぬ人は決まっているし(自分を犠牲にする人)、脇役の扱いは、アクションで死んでもほとんど語られることもない。ご都合主義的な展開。総評として、前後編ともに、失敗作というしかない。ただ、実写化してがんばって作ったチャレンジ精神は、買います。(星3つ)あと、脚本が前後編ともに映画評論家の町山智浩が担当していて、彼の映画評論は好きなんですが、映画の裏表から良し悪しをかなり知っていると思っていたんですが、この脚本はどうなんですかね(笑) 巨人の謎解明の理屈は、わかりますが、やっぱり評論家は、評論が天職なのかなと思ってしまう。まー脚本以前に俳優(出演者)がどうしようもなくひどいですけど。)




捨てなければ

得られない


-?


>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド【Blu-ray】 [ 三浦春馬 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links