クリントイーストウッド監督の映画「グラントリノ」の感想(ネタバレ)

2010.06.22 Tuesday 映画レビュー(★★★★★)作品

■クリントイーストウッド監督の映画「グラントリノ」の感想(ネタバレ)



■監督:クリント・イーストウッド 
■出演者:クリント・イーストウッド ビー・バン アーニー・ハー クリストファー・カーリー 

クリントイーストウッド監督、主演の映画「グラントリノ」を見てみました。ちょうどWOWOWで丸一日クリントイーストウッドの映画を流すクリントイーストウッド祭りがありましたが、その最後にやっていたのが、たしかこのクリントイーストウッド監督の最新映画「グラントリノ」です。

あらすじは、愛妻に先立たれてしまった元軍人で人間嫌いの偏屈な老人が、隣に引っ越してきたアジア人の家族との交流を経て、改めて人生の意味について考えるというヒューマンドラマ。

なんとなく同監督のケビンコスナー主演の映画「パーフェクトワールド」を彷彿するような、男の友情が描かれていて、友情ものに弱い自分としては、心に響く内容だった。

個人的にこの映画の中で気に入っているシーンを挙げると、隣に住む内気なアジア人の少年に、アメリカ男としての立ち振る舞いを教えようと、クリントイーストウッド演じる男が、バーバ−ショップ(美容室)を営むイタリア系の友人を紹介して、アメリカ式の汚い挨拶や会話を教えるというシーンが一番に浮かぶ。

ハリウッド映画でお馴染みの、男同士のゲイネタや差別用語、悪口のしくみを上手く挨拶、会話に入れる方法を例題を挙げながら、詳しく?解説している。

この部分を観るだけでも、アメリカ人の男同士の人間関係の付き合い方が少し学べるのが面白い。

日本人は、初対面の人に対していきなり誰かの悪口を言ったりしませんが、アメリカ人は、その場にいない人の悪口を積極的に言うことで、より関係が円滑になるという面があるらしい。ここの3人のシーンは、まるでコントのようで笑えます。

こんなシーンもありますが、最終的には泣ける感動作ですね。この映画も「HACHI 約束の犬」と同様、個人的に思い出し泣きが出来る素晴らしい作品です。

★★★★★ (星 5つ)

(この映画は、ラストのオチも含め、ホント素晴らしい。人に全く興味を抱かなかった老人(男)が、血の繋がった実の家族ではない、単なる隣人に徐々に心を開き、最終的には、自分の命を懸ける決断(自己犠牲)をしてしまうという、人間関係の凄さ、素晴らしさが描かれている。)


グラン・トリノ

JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
 

スポンサーサイト

2018.10.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links