映画「奪還者」の感想(ネタバレ)

2016.09.06 Tuesday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「奪還者」の感想(ネタバレ)



■監督:デヴィッド・ミショッド
■出演者:ガイ・ピアース ロバート・パティンソン スクート・マクネイリー デヴィッド・フィールド アンソニー・ヘイズ

WOWOWで放送していた映画「奪還者」を鑑賞。

【映画「奪還者」のあらすじ】

世界経済の破綻から10年後、もはや紙幣はただの紙くず同然となり、鉱物資源を求める荒くれ者どもが世界中から群れ集まって、すっかり無法地帯と化したオーストラリア。各地を孤独にさすらっていたエリックは、ある場末の店で休憩中、自分に残された唯一の財産たる大切な車を、逃走中の3人の強盗団に盗まれてしまい、強盗団のボスたるヘンリーに冷酷にも見捨てられた彼の弟レイとともに、必死に彼ら3人組の後を追いかける。

WOWOWから引用

【映画「奪還者」の感想(ネタバレ)】


ガイピアース主演の犯罪サスペンス。

あらすじを読んで面白そうだったので選んでみた。

ちなみにガイピアースが主役で出演してるのだが、最後のエンドロールで名前が出るまで、誰だかはっきりわからなかった。 役作りのためか大分外見が変わっているし、メメントやアイアンマン3の時のシティ派のようなシュッとした感じはない。

ただただ、老けていて、野生的なワイルドさがあるのみ。額も大分上がって、髪も減ってかなり薄くなっている。まだ実年齢は40代なのに、年齢以上(60近く)に老けて見えた。

ちなみに「トワイライト」のロバートパティンソンも出演してるが、こちらも髪を短く切り、トワイライトの時の中性的なイメージから正反対の男臭い&知的障害?っぽい役柄で、最後まで誰かわからなかった。

どちらも雰囲気は多少残ってるけど、ずっと名前が出てこない。

さて、内容の方だが、無法地帯と化した世界で(マッドマックス的な世界?)生きてる男の話で、特にこれと言ってごちゃごちゃしたストーリーはなく、強盗に車を盗まれてしまったのを執念深く最後まで追う男の話。ただそれだけ。シンプルでわかりやすい。

しかし、個人的に好きな映画演出である、セリフが極力少なく、ほぼ映像のみで、登場人物の心情等を見せていくスタイルの映画で、映画的好感度は非常に高い。ラストのなぜ執念深く車を追っていたのかその理由(愛犬の死体をトランクに積んでいた)も渋い。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(まとめ:荒廃した世界での男臭い生き様が見たい人にはおすすめの映画。作品として傑作とまでは、言えないが、十分楽しめる。ちなみに、前作?の「アニマルキングダム」という映画で注目されたデヴィッド・ミショッドという監督らしいが、その過去作は見てなかったので、放送してたら録画しようと思ってたのだが、今のところWOWOWで放送予定はないらしい。番組情報では、しきりに「アニマルキングダム」で注目されたって書いてるので、それなら過去作も同時に放送してほしいね。)


殺した相手を忘れるな

苦しんで当然だ


-?



>>奪還者 【Blu-ray】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links