映画「ビリギャル」の感想(ネタバレ)

2016.09.24 Saturday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「ビリギャル」の感想(ネタバレ)



■監督:土井裕泰
■出演者:有村架純 伊藤淳史 野村周平 安田顕 吉田羊 田中哲司

WOWOWで放送していた映画「ビリギャル」を鑑賞。

【映画「ビリギャル」のあらすじ】

高校2年生のさやかは中学入学以来、まったく勉強をしていなかったせいでついに学年ビリという成績を取ってしまう。担任の西村からクズ呼ばわりされた彼女は一念発起し、坪田が講師をする学習塾に入る。だが、金髪でへそ出しルック、超ミニスカの彼女の知識は小4レベル。超難関の慶應義塾大学合格という誰もが不可能と一笑に付するであろう目標を持ったさやかに対し、坪田は独自の教育方法で次第に彼女を本気にさせていく。

WOWOWから引用

【映画「ビリギャル」の感想(ネタバレ)】


塾講師の坪田信貴のノンフィクション小説を「ハナミズキ」の土井裕泰監督が有村架純主演で描いた青春ドラマ。

見忘れてたビリギャルがWOWOWで再放送してたので見てみた。

ほぼ有村架純目当てで見たが、その目的だけでも十分見れる内容。

っというか、それ以外は、受験生でも無い限りは、取り立てて見るところはあまりない。

ちなみに勉強ノウハウで言うと、日本史の勉強では、マンガ(学習マンガ?)の日本の歴史シリーズ(全20巻位の)を読むのが、歴史の流れをおぼえるには良いらしい。あと、小論文は、反論も想定して書くとか。

あと子供の子育てや教育面で言えば、子供に対して、お前にはできないなど、可能性を潰すような発言は言わないとか。

この映画、基本的には、教育的に良いこと言ってるのだが、一番大事な肝心なところが抜けている。

この彼女が、慶応大学を目指そうとしてるのは、良いのだが、なぜ目指すべきなのか、彼女にとっての理由がずっとない。

完全にとりあえず大学はいい学校に入っておけば良いという、学歴社会の考え(洗脳)の選択の延長線上でずっと話が進んでいる。

”途中で何のために勉強してるのかわからない”というセリフをヒロインが吐くが、そりゃそうだと思う。

もともと慶応に入りたい理由や入らなければならない理由は、彼女にはない。

もともと勉強が好きだったわけでも無い。

ただ、反骨精神で何かしたいという目的意識だけが芽生え、そこに塾講師が勝手に高い目標設定を与えただけだから。

反骨精神が続いてる間はいいが、結局冷静になると、なんで慶応に入ったんだっけ?という空虚さが必ずやってくる。

もともとゴールは、慶応までしか設定していなかったわけで、そこから先は、真っ白だ。

本来なら、○○が好きで○○を勉強したいから、○○大学に入って○○を勉強するという流れで、大学を選ぶのが理想というか、それしかないと思うのだが、この映画は、とりあえず、目標は高い方が良いという理由のみで、全く彼女の好き嫌い等をガン無視して慶応に行く話が進んでいる。

一応、誰かに応援されたり、褒められたりすれば、悪い気はしないので、そこに向って頑張ろうとするのは、人の性質だと思うが、それと、自分が心から本当にやりたいことは全く別だと思う。

この映画で、彼女は結局、勉強で何が好きなのかは、わからない。とりあえず時間が無いので勉強、勉強。そして、話(時間)だけはどんどん進んでいく。

唯一、友達と遊んでいる時が一番楽しそうだったのを見れば、友達と一緒にビジネスでもやった方が、人生の青春を楽しいまま過ごせただろうにという気持ちはある。

なぜ大して行きたくもない慶応に行くために、無理してあんなにしんどい勉強をして大学に入ろうとしたのか、もう謎です。

この映画で、ヒロインが勉強して、○○って面白いねって言ってくれれば、すべて救われた気がするが、最後まで、そんなことは言ってなかったような気がする。慶応に入ったあとも、彼女はそこで何をしたいのかも曖昧で描かれてないし。

完全に手段と目的が混同してる典型例みたいな話。

慶応に入るのは、何かをするための手段であって、入るのが目的(ゴール)じゃない。もちろん入れれば、結果、夢や可能性は広がるけど、結局、他人(社会)の価値感に合わせた生き方(高学歴なら人生有利)がずっと染み付いていくだけ。人生を経済重視(安定収入確保)というだけで見れば、そういう生き方が有利ではあるが、もっと大きな視点で見ると…。



評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:有村架純ファンならおすすめの青春ドラマ。いろんな有村架純が見れる。ギャルやダサい格好のものまで。ただ、いろいろやり過ぎて、ダメな状態(似合ってない)の有村架純もわかってしまう。温泉のシーンで髪をアップにしているが、髪をアップにしちゃうとどうもいつもの魅力半減。顔は全部出さないほうがいい。やっぱり有村架純は髪を下してなんぼですね。)




なんのために勉強してんのか

わからなくなったの

今は苦しいだけです


-?


意志のあるところに

道は開ける


-?


>>映画 ビリギャル スタンダード・エディション [ 有村架純 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2018.01.23 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links