映画「誘拐の掟」の感想(ネタバレ)

2016.10.01 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「誘拐の掟」の感想(ネタバレ)



■監督:スコット・フランク
■出演者:リーアム・ニーソン ダン・スティーヴンス デヴィッド・ハーバー ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー ダニエル・ローズ・ラッセル ボイド・ホルブルック

WOWOWで放送していた映画「誘拐の掟」を鑑賞。

【映画「誘拐の掟」のあらすじ】

ニューヨーク市警の元刑事で無免許の私立探偵マットのもとに、裕福なドラッグディーラーの美しい妻が誘拐された事件の調査依頼が入る。調査を進めるうち、正体不明の2人組が警察に通報できない麻薬関係者の身内を狙い、血も涙もない犯行を繰り返していることが分かる。その後、犯人たちは新たな獲物として14歳の少女を誘拐する。交渉を任されたマットは、警官時代に起こしたある過ちの許しを請うかのように犯人に立ち向かう。

WOWOWから引用

【映画「誘拐の掟」の感想(ネタバレ)】

L・ブロックの小説“マット・スカダー”シリーズの1編「獣たちの墓」を、「マイノリティリポート」の脚本のスコット・フランク監督がリーアム・ニーソンを主演に迎えて映画化した作品。

リーアム・ニーソン主演作を見つけたので見てみた。

少し前に見た同じくリーアムニーソン主演の「ラン・オールナイト」と比べると、こちらの役は、元警官の探偵。「ラン・オールナイト」は殺し屋。

その違いがあるからか、「96時間」ばりのヒーローアクション?は、最初の銃撃戦位で、あまりない。地道に捜査して、誘拐犯に迫っていくタイプの映画。アクションシーンこそ少なめだが、これはこれで、普通に見れる。

特にこれといってないが、アルコール依存症患者に対するステップ式の改善ノウハウが少し紹介されている。

アメリカだからなのか、カウンセリングのノウハウに神(信仰)に頼る概念(信仰が前提)が入ってるのが、日本とは違う部分。信仰を使って正しい道に戻る。日本の場合は、こういう時どうすんだろ。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)


(まとめ:リーアムニーソン好きなら見といても良い作品。アクション主体の「ランオールナイト」とは違った捜査&交渉でのリーアムニーソンの活躍が見れる。)


ヤツラ低所得者に

ソーダを出す

薬品漬けで不妊症さ


-?

こめかみに当てて

引き金を引け

自分の頭を撃て

死ぬなら今にしろ

銃を持ち歩けば

どうせいつか命を落とす


-?


酒を断つ会ではこう言う

”奇蹟が起きる5分前に諦めるな”

諦めたら軌跡の存在にも気付かない


-?


ステップ1

我々はアルコールに対して

無力で人生がつらいと

認めること



ステップ2

我々を超えた力が

健康な心に戻してくれる



ステップ3

我々の意志と生き方を

自分なりの神に委ねること



ステップ4

自分自身を恐れずに

見つめること



ステップ5

自分の過ちの本質を

神 自分 第三者に対して

認めること



ステップ6

性格上の欠点を

神に取り除いてもらうこと



ステップ7

短所を正して下さいと

神に求めること




ステップ8

傷つけた人の一覧を作り

埋め合わせすること



ステップ9

直接埋め合わせすること

その人や他の人を

傷つけない限り




ステップ10

自分自身を見つめ続け

間違った時は

すぐ認めること



ステップ11

祈りと黙想を通じ

自分なりの神との

触れ合いを深め

神の意志を知りそれを

実践する力を

求めること



ステップ12

これらのステップを経て

霊的に目覚め

メッセージを依存症者たちに伝え

その原理を

すべて実行すべく努めろ


-?


>>[Blu-ray] 誘拐の掟


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links