映画「人生スイッチ」の感想(ネタバレ)

2016.10.09 Sunday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「人生スイッチ」の感想(ネタバレ)



■監督:ダミアン・ジフロン
■出演者:リカルド・ダリン オスカル・マルティネス レオナルド・スバラーリャ エリカ・リバス リタ・コルテセ フリエタ・シルベルベルグ ダリオ・グランディネッティ

WOWOWで放送していた映画「人生スイッチ」を鑑賞。

【映画「人生スイッチ」のあらすじ】

「おかえし」指定された航空機に乗ったファッションモデルは隣の席の男から話し掛けられる。「おもてなし」郊外のレストランで働く女性は、恨みのある金融業者の男が客として来店して驚く。「エンスト」地方の道路で新車に乗った男性は、のろのろ走るポンコツ車を追い抜く。「ヒーローになるために」ビル解体職人の男性は娘の誕生日パーティーの日、車をレッカー移動されてしまう。ほか、「愚息」「HAPPY WEDDING」。

WOWOWから引用

【映画「人生スイッチ」の感想(ネタバレ)】


第87回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされ、制作国のアルゼンチンで大ヒットしたというブラックコメディのオムニバス映画。

WOWOWの予告編を見て面白そうだったので見てみた。

全6本からなる短編コメディをまとめた作品で、それぞれアプローチの異なるブラックジョーク(コメディ)のエピソードが収録されているという珍しい映画。またコメディといってもハリウッドのノリ重視のバカコメディではなく、それぞれしっかりとテーマとストーリーがある真面目?なコメディ作品。

日本で言うところの世にも奇妙な物語的な感じというべきか。

ただ個人的に好みもあり、2本目のレストランと6本目の結婚式の話は、強引な感じ(狙いすぎ?)でイマイチかなと思う。

個人的に、4本目のビル爆破職人の話が、序盤からオチが予想できるベタベタな作りで一番好き。結局、最後は、レッカー会社を爆破するんだろという最初の予想を裏切らないのがいい。実際レッカー移動はホントに腹立つし、共感度高い。

それと3本目のエンストも。ちょっとしたいざこざで頭のおかしい男ともめて、最終的に二人とも車大破で爆死するというブラックユーモア的なオチもよく出来ている。かなり前にショーンペーン主演の「Uターン」というのがあったが、あれに出てきそうな男とその世界観を広げたような作りで、短編サスペンスとして非常に良く出来ている。南米の頭おかしいタイプ(人間)は怖いです。

あと、5本目の交通事故偽装(身代わり)と1本目の機内に集められた人々もそれぞれ普通にサスペンスとしてよく出来ている。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(まとめ:馴染みの薄いアルゼンチン(スペイン)映画だが、意外とコメディの質は高い秀作オムニバスコメディ。何も知らずに選んでもそれなりに楽しめると思う。おすすめ。)


上司がいない?

大統領か

-?


>>人生スイッチ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links