映画「ルパン三世」の感想(ネタバレ)

2016.12.13 Tuesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「ルパン三世」の感想(ネタバレ)



■監督:北村龍平
■出演者:小栗旬 玉山鉄二 綾野剛 黒木メイサ 浅野忠信 ジェリー・イェン キム・ジュン

WOWOWで放送していた映画「ルパン三世」を鑑賞。

【映画「ルパン三世」のあらすじ】

クレオパトラが愛したという秘宝“クリムゾン・ハート”。現在それは“光の首飾り”と“真紅のルビー”に分けられ、首飾りは伝説の老盗賊ドーソンが、ルビーはアジアの闇社会を牛耳るプラムックが所有していた。2人は互いの宝を狙い合っていたが、ついにプラムックがドーソンの暗殺に成功、クリムゾン・ハートを完成させる。初代ルパンと縁あるドーソンを父のように慕っていたルパン三世は、仲間たちと秘宝奪還に動きだすが……。

WOWOWから引用

【映画「ルパン三世」の感想(ネタバレ)】


モンキーパンチ原作の人気アニメを「ミッドナイト・ミートトレイン」でハリウッドデビューした北村龍平監督が小栗旬、黒木メイサら豪華キャスト共演で実写映画化した作品。

WOWOWで小栗旬出演映画特集で放送してたので見てみた。

お馴染みのルパン三世の実写映画化ということで、誰もがどうしても原作アニメとキャラ比較してしまうが、その部分に関して言うと、もう別モノとしてみた方が精神衛生上良い。

一応似せてきてはいるけど、う〜んというレベル。やはりアニメをそのままの雰囲気やノリを維持しつつ、実写化で再現するには非常に難しいと思う。似せれば似せるほど、やっぱり全然違うという感じがどんどんしてくるし。

っということで、その辺のルパン感には目をつぶり、窃盗団の話ということで映画を楽しもうと思ったが、これもどちらかというと、微妙な出来。最初から最後まで吸引力はイマイチ。

アジアで海外ロケもして、アクションやスケール等も邦画としては結構頑張ってはいるけど、本場(ハリウッド映画)と比べてしまうと、まだまだ劣っている。あと、どこかで見たようなアクションが展開されているのも、製作者サイドで完全オリジナルというよりも、あの映画のあれみたいなのをやろうという感じがところどころうかがえてしまう。

特に五右衛門の手によって、車が宙を舞うシーンは、完全にどこかで見たことがある。

あと、終始いえることだが、盗人の話として命を賭けたスリル、盗むスリルみたいなドキドキやハラハラ感を感じない。アクションもただアクションしてるだけで、そこにストーリー上の意味(必要性)が乗っかってこない。

カーチェイスシーンも取ってつけたように、いきなり始まるし。

またレーザー光線の警備システムに限っては、ダッシュで走って通りぬけちゃうとか、もう何がしたいんだかよくわからない。

ミッションインポッシブル的な、レーザーに触れる触れない、汗たれる、拭うみたいなのがあるから、難易度の高さ、困難さとかが伝わってくると思うけど、とりあえずタイミング良くダッシュでそこを通り過ぎることが出来てしまったら、そこの難易度が全くこちらに伝わってこない。

もう基本的にルパンとか登場人物が凄すぎて、アクションにハラハラしない。それに尽きる。

唯一のドキドキは、不二子ちゃん役の黒木メイサ。この映画を見ると、黒木メイサの美人度を再認識する。さすが世界の顔ランキングで100位以内に入るだけある。

ナイスバディの不二子ちゃんにしては、スレンダー過ぎてボディはときおり盛っててあれだけど、しっかりフェロモンは感じる。まー量で言えば檀蜜とか、橋本マナミとかの方があると思うけど、この映画は、そういうことじゃないと思うしね。


評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:ルパンより不二子ちゃんの方が気になるルパン実写版。個人的に黒木メイサ以外は、特に見どころはない。最後に外国人の俳優(日本の俳優も含め)は、字幕を使わず(現地の言葉をしゃべらせず)に声優(俳優本人)の吹き替え音声で対処してるのだが、最初は気になったが、あえてそうしたのは、良かったと思う。ただそれなら、ルパンの吹き替えは、栗田寛一で良いじゃんって気がしてしまうけど。というか全員声は原作の声優でいいじゃんって思う。そうすれば、外見が似てない問題とか大分解決したんじゃないかと思う。)



裏切りは

女のアクセサリー

みたいなもんだ


-?


>>ルパン三世 スタンダード・エディション [ 小栗旬 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.07.18 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links