映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)

2017.02.04 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)



■監督:ミカエル・サロモン
■出演者:ディラン・マクダーモット ピーター・ファシネリ ユーリヤ・スニギル デヴィッド・マクナリー アンドレイ・イフチェンコ ミラン・マリシック

WOWOWで放送していた映画「タイムリミット(2014)」を鑑賞。

【映画「タイムリミット(2014)」のあらすじ】

ニューヨーク。恋人とカフェにいたはずのロバートは、トイレで襲われ、気付くと大型冷凍コンテナに監禁されていた。やがてロシア人ギャングたちが現われ、彼をさんざん痛めつけた揚げ句、組織の金800万ドルを返せという。ロバートは人違いと訴えるが、ギャングたちはまったく耳を貸さない。再び極寒の中に閉じ込められた彼は、物陰で気絶していた半死半生の男を見つける。男は、潜入捜査が発覚して私刑に遭った刑事サムだった。

WOWOWから引用

【映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)】


TVドラマ「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」のディラン・マクダーモットが主演したシチュエーションスリラー。

シチュエーションモノを見つけたので見てみた。

ラスト以外ほぼ冷蔵庫の中で繰り広げられる話だが、一応、ラストには、どんでん返しが用意されているのだが、ただ、このオチに関しては、騙された〜という感じではなく、ただただ微妙としかいいようがない。

なぜかと言うと、どんでん返しの部分が、ただ、主人公たちが真相を知ってるのに黙っていたことに尽きるから(今まですべて演技していた、ウソついていたから)。

後半になって、実は、前半の私たち(主人公)は、全部この目的があったのでウソでした?って言われても、それはないと思う。

例えば、主人公以外ならいくらウソついてもいいけど、主人公自体が目的はどうあれ、最初からセリフの中にどんでん返しがしたいために意図的にウソを紛れこませてたら、それは、ただただずるいだけでしょう。上手いとかじゃなくて、ずるい。サスペンスとしてルール違反。

見てるほうは、一応彼(主人公)はずっと真実を言ってると思って、その発言を信じて、動向を同じ目線になってみてる訳だが、後々になって、語られていない最初の部分で、実は、事情が違っていまして、結果的にこうなりました、すごいでしょみたいな感じに最後、終わられても、それって、最初の導入で、こっちにしっかり導入の説明をしてくれてないからで、別に上手くもなんともない。後だししてるだけ。

主人公目線では、もともと目的の中に彼女を救うためにギャングの中に潜り込もうとする意図があった訳で、そこの説明なしに、急に冷蔵庫に詰め込まれた部分からミスリードのように話を進めていくのは、どうもフェアじゃない。

それと、潜入してるのに、最初にいろいろ初体験みたいな感じのリアクションしてる演技は、どう考えてもおかしい。予定通り(実際は予定通りではないかもしれないが)、潜入できたのは事実なんだから、それ用の潜り込めたかも?のシメシメ感の演技はあっても良い。

演技がこの映画を見てる人、スクリーンの向こうに向けて演技をしているのは、映画じゃなく、コメディかコント。映画の中で起きてる状況の中で演技をするのがやっぱり映画でしょう。

その辺のルールがなんか、グダグダなので、見終わった後のどんでん返しが、どうもすっきりしない。



評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:ワンシチュエーションはいいが、ルール違反をしているサスペンススリラーです。そもそも閉じ込められたのに積極的に逃げようとしていない部分からおかしいし、銃口を突きつけられ、相手が撃てないのをわかってるのに、相手を倒そうともしなかったり、もうおかしさ満点。最後に説明されれば、そういうことかと思うけど、じゃあ、それならそうと、最初から始まりを考えると、描き方があきらかにおかしい編集の仕方。)




ここから出られるかは

君次第だぞ


-?


聞き飽きた文句だ

-?


>>タイムリミット [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links