映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)

2017.03.07 Tuesday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)


■監督:熊澤尚人
■出演者:山下智久 小松菜奈 水川あさみ 小瀧望 山本美月 新井浩文

WOWOWで放送していた映画「近キョリ恋愛」を鑑賞。

【映画「近キョリ恋愛」のあらすじ】

どんなときもクールな表情を崩さない女子高生ゆには、成績こそ学年トップだが、英語だけは大の苦手。そんなある日、彼女は赴任したての英語教師ハルカに放課後の特別補習授業を言い渡されてしまう。感情表現が苦手なゆには、自信満々なハルカの態度に反発するが、常に気持ちを抑え強がっていることを見抜かれ、心を乱す。一方、ゆにの親代わりでもある数学教師・明智は、彼女がハルカに惹かれていくことを危惧するが……。

WOWOWから引用

【映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)】


みきもと凛の同名少女コミックを「君に届け」の熊澤尚人監督が山下智久×小松菜奈共演で映画化したラブストーリー。

山下智久が主演してたので見てみた。

少女コミックからの映画化は後から知ったが、内気なヒロインに自信過剰な?イケメン教師という設定からすぐに見て、少女コミック(女性目線の作品)が原作だろうとわかる。

そのためか、男がこの作品をみると、どうも物足りなさがある。

男としてみたときに、自信過剰な?イケメン教師という男性設定に対して、あまり共感が湧いてこない。

女性にとっては、いわゆるかっこいい男性像になっていると思うが、それが=男が見て、共感できる男かという部分では別問題。もちろん、外見だけでなく、過去に何か抱えている(共感させる)部分も一応描いてはいるが、あまりこちらの感情にヒットするほどでもない。

結局、この作品は、基本女性向け映画であって、男は除外されている作品なんだという気がしてしまう。少し前に見た「俺物語」は、原作は少女マンガでも、十分楽しめたけど。

個人的に山下智久は、ブザービートとか好きで普通に好感持ってるけど、そういう作品に比べると、この作品は、かっこう良さにのみ重点的に演出されていて、人間的な良さ(弱さ)があまり出ていないので、共感しづらい。

ヒロイン役の小松菜奈も全然悪くないと思うけど、性格が内気なこともあって、男として、外面を見ているだけだと、あまり魅力が伝わってこない。高校卒業して、多少笑顔を見せるようになってからかな、魅力が出てきたのは。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:悪くないけど、それほど良くもない女性向けラブストーリー。やはり教師と生徒という禁断の関係にしては、話がライトに収まり過ぎてるのが(肉体関係なし)、原因のような気がします。ちなみに泥沼化しなかったのは、好感度はあるけど、結局、卒業まで恋愛するのは待とうという大人の考えで、二人ともちゃんと対応してしまうと(また外部が積極的に二人の恋愛を問題化せず沈静化してしまうなど)、意外と恋愛要素が弱まり、気持ちが一定以上高まらず平凡な話になってしまっている。とりあえず話が王道というか、どっかで見た内容でベタベタですね。)



人は無意識な行動で

ウソはつけないって


-?

ひどい熱

-?


>>近キョリ恋愛 Blu-ray通常版


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links