映画「超強台風」の感想(ネタバレ)

2017.03.12 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「超強台風」の感想(ネタバレ)



■監督:フォン・シャオニン
■出演者:ウー・ガン ソン・シャオイン リウ・シャオウェイ イン・グォホワ ジョウ・ジェンポー

WOWOWで放送していた映画「超強台風」を鑑賞。

【映画「超強台風」のあらすじ】

太平洋上に発生した大型台風12号は、地球温暖化の影響で観測史上最大級に勢力を拡大、人口120万を抱える中国沿岸部のある都市へと進路を向けていた。上陸の可能性は五分五分、市民の避難を断行して進路がそれれば経済的な損失は計り知れない。責任の大きさに行政担当者たちが尻込みする中、市長は台風が直撃してからでは遅いと避難を決断する。やがて台風が上陸、市長はなおも逃げ遅れた被災民をひとりでも救おうと奔走する。

WOWOWから引用

【映画「超強台風」の感想(ネタバレ)】

中国ドラマ「-大明帝国- 朱元璋」のフォン・シャオニン監督が監督、製作、脚本、撮影を担当した災害スペクタクル。

あらすじでミニチュアを多用した中国映画と言うことで気になって見てみた。

災害スペクタクル部分ではCG+ミニチュアを使って表現しているが、CG全盛の時代にあえてミニチュア?という気がしないでもないが、精巧につくられた家や、車などを実際に津波?(水)でぶっこわしてるので、CGでは出てこない生々しさ(リアルさ)があり、意外とミニチュアありだなと感じた。

ミニチュア感はどうしてもわかってしまうけど、どこか平面的で薄っぺらいCGに比べると断然リアル。

ちなみにこの映画、災害スペクタクルアクション部分は素晴らしいが、ストーリー部分(演出)は、極端に過剰な演出が施されていて、まるでコントのようで笑ってしまう。

しかも、あえて笑わそうとしてそのように作ってる訳ではなく、製作者はたぶん一生懸命真面目に作っているのに、結果的にお笑い文化がある日本人がみると非常に面白い出来になっている。

そういった意味では、日本のほぼパターン化されたお笑い(フリを作ってからボケる)に慣れていると、みない種類のいきなり笑わそうとする(別に笑わそうとしてはいないんだけど)天然の笑い?がかなり隠れていて楽しめる。

もし仮に、こういう映画を日本人が狙って作ろうとしたら、もっと整理された感じになるが、そうなってしまうと、この映画の本来の面白さは、無くなってしまうと思われる。それを考えると、やはり日本人にとっては、この映画は、特出した貴重な映画だと思う。

ちなみにこのおかしな流れに見えるすべての原因は、中国ならではの儒教文化によるところが大きい。この儒教文化を理解してるかどうかで、この映画の面白さも変ってくると思う。

儒教は、民が苦しみから救済される(解放される)条件(この映画で巨大台風から助かる方法)は、神様の意志(祈る)でもなく、また人民の協力でもなく(平民がいくらそれぞれがんばっても実はあまり関係なく)、聖人が君主(皇帝)となり正しい良い政治(判断)を行うことによってのみ、民は救済されるという理屈が根本にあるのだ。正しい政治が行われさえすれば、経済だけでなく、自然災害すらも無くなってしまうというのが宗教としての儒教。

この映画も根本的にそういう流れで作られているため、上記説明にある聖人役がしっかり登場している。それがこの映画の中での最高権力者である市長。この映画での彼の活躍といったら、必要以上にいろんなところで口を出してきては、正しい判断を下すのだ。というか、彼の正しい決断がないことには、人民は救われないという教えなのでしょうがないのだが。

日本人からすると、市長が市長職以外の決断まで勝手にしてることに違和感ありありなのだが、中国では、彼を頂点として政治判断を下す事に意味があるので、ごく普通のことなのだ。別に遊んでいる訳ではない。

しかし、この市長の強引さというか、聖人っぷりに対する、過剰なまでの持ち上げる演出は、度を越えていて時々笑えてしまう。ときには、モーセかと思うくらいの荒れた海すらも味方にするくらいの聖人(超人)ぶりだ。これも別に遊んでいるわけでもなく、聖人の力というのは、超能力者にも思えるほどになる。

ちなみに彼(市長)の学校の先生であった女性の気象科学者?も出てくるが、彼(市長)が本当に正しい判断を下したかどうかは、彼女の反応にて、一応確認されるようになっている。中国にとって、両親や先生、師匠というものは、この上なくありがたき位の高い人物。その尊敬された人物から、褒められるということは、行動が正しいという結論になる。

この二人の関係は、劉備(市長)と諸葛孔明(先生)だと思ってみると、わかりやすいかもしれない。

この二人のやりとりもまた実に面白く、政治判断を学校のテストの点数に例えて、先生が言うセリフ「満点よ、また満点よ!」は、もうコントでしかない。

ちなみに、聖人(市長)を過剰に持ち上げる演出はいいのだが、その反面一般人が、必要以上に低くされてしまって、妊娠した妻を持つ夫役の人は、大人なのに小学生みたいな駄々っ子になっていて、かなりアホキャラクターにさせられている。

映画として見ると、儒教の理想主義が強めに反映されて(プロパガンダ映画?)、弊害がいろんなところに出ているが、日本人として、中国の根本思想を理解するには、この上なき教材ではないかと思う。


評価 ★★★★★ (星5つ)

(まとめ:ところどころ退屈ではあるが、意表を突く面白さが味わえる中国災害アクション。暇があれば、一度見てみて欲しい、最近では、おすすめしたい中国映画。ぜひ夜中とかに見て欲しい。面白さを自分で見つけられる人なら、この映画のいろんな場所に面白さが隠れていることを発見することでしょう。個人的には、サメの登場シーンが一番笑えたかな。完全に投げ入れてるよね。)



そのあと、

僕の携帯電話が

壊れて


-?


電話番号も覚えてなくて

-?



俺たちはみんな

ただの漁師ですよ


-?


市長だ

-?


命ずる

-?


満点よ

また満点よ


-?



サメだ危ないぞ

-?


人民解放軍が来てくれたぞ

-?


>>超強台風 [ ウー・ガン ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2018.04.22 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    • いつも見てます!

      このタイトル、そして中国映画、それなのに星5つ!!
      だから映画って良いですよねー

      観てないので気になっちゃうじゃないですか〜

    • まさお | 2017/03/13 5:48 AM
    • まさおさん


      >いつも見てます!


      いつもありがとうございます!


      >このタイトル、そして中国映画、それなのに星5つ!!
      だから映画って良いですよねー

      観てないので気になっちゃうじゃないですか〜


      今回の星5つは、通常の評価(映画として優れている)ではない、ダメ過ぎて逆に星5つ付けたくなってしまったパターンですので、あらかじめご了承ください。いい意味で、期待していなかったので裏切られたといいますか。

      またWOWOWでたまたま放送していてほぼタダ同然の感覚で見れたから良いようなもので、もし仮にこれを1個幾らとしてレンタルで借りてきたら、たぶんゴミ箱に捨てたくなったかもしれません。実際はそんな映画です(笑)


    • 管理人 | 2017/03/14 12:51 AM
    • こんにちは!

      『ダメ過ぎて逆に星5つ』だったんですかー、いやいいですよ、そういうの自分好きですから(^○^)

      自分もWOWOWオンリーって感じなので、ここをよく見させてもらってます。

      特に管理人さんのB級映画レビューを勝手に、参考にさせてもらってます!
    • まさお | 2017/03/14 4:36 PM
    • まさおさん



      こんばんは!


      >『ダメ過ぎて逆に星5つ』だったんですかー、いやいいですよ、そういうの自分好きですから(^○^)


      あまり期待せずに見ていただけると(ハードルを出来るだけ低くすると)、いろんな意味で裏切られる映画ではあります(笑)



      >自分もWOWOWオンリーって感じなので、ここをよく見させてもらってます。


      ろくなレビューを書いてないですけど、何かの参考になるようでしたら幸いです。




      >特に管理人さんのB級映画レビューを勝手に、参考にさせてもらってます!


      個人的にそんなにB級映画見ていたつもりじゃなかったんですけど。気がつくと、自然とB級に手が伸びてましたね(笑)



    • 管理人 | 2017/03/15 1:54 AM

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links