映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)

2017.03.18 Saturday 邦画 コメディ/お笑い

■映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)



■監督:福田雄一
■出演者:鈴木亮平 清水富美加 ムロツヨシ 安田顕 佐藤二朗 池田成志 片瀬那奈

WOWOWで放送していた映画「HK/変態仮面」を鑑賞。

【映画「HK/変態仮面」のあらすじ】

殉職した刑事の父を持つ高校生・狂介は、正義感こそ人一倍だが、実力が伴わず不良に立ち向かっては返り討ちに遭っていた。そんなある日、彼が想いを寄せる同級生の愛子が銀行強盗の人質にされる。彼女を救い出そうと拾った覆面で変装する狂介だったが、それは覆面ではなくパンティだった。だがその瞬間、ドMの父とSMの女王の母から受け継いだ変態の血が覚醒し、彼は人間の潜在能力を極限まで引き出した超人・変態仮面となった。

WOWOWから引用

【映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)】

あんど慶周のギャグ漫画を「勇者ヨシヒコシリーズ」の福田雄一監督が鈴木亮平を主演に迎えて実写映画化したコメディ。

原作は、少し読んだことがあったので(内容はもう覚えてないけど)、実写版ということで見てみた。

まーいわゆるギャグ漫画が原作のコメディ映画なのだが、なんでしょう、描き方が完全にコントのような空気感になっているので、通常の映画の時間(106分)という長さで描かれると、非常に時間が長く感じる。個人的に最初の10分か15分でもうこの作品は十分かなという気がしている。

一応最後まで早送りしながら見たが、ずっと内容は、同じパターンの繰り返しで、まーもともとそういう傾向の話ではあるんだけど、実写で描くと、設定が無理あり過ぎだし、俳優陣も演技が完全にコントのような笑いを求めてる確信犯の演技をしていて、逆にそれが笑えない。完全に原作のキャラクター(登場人物)をバカにしている。

個人的には、ツッコミの上手い芸人に副音声でずっとツッコミを入れてもらえれば、そっちの方では笑えると思うが、この映画の求める方向の笑い(コメディ)では、一向に笑えない。

この映画の面白さは、良い年した俳優がほぼ全裸に近い衣装で、頑張っているという俳優そのものをいじるという撮影秘話的な裏の笑いでは、多少の面白さはあるかもしれないけど、変態をひたすらこすって笑いにするメインの作品の部分は、ただ登場人物をバカにしてるだけで、お笑いとしては、全くセンスが感じられない。ずっと、素人みたいなことを永遠やっている。

まー、いつもの福田監督の作品傾向だからしょうがないといえばそうだが。

ちなみに事あるごとに心の声や解説をたくさん入れているのも、もう作品を台無しにしている。コントならいいけど、映画で解説するのはどうなんだろうか。誰目線の話なんだよ。

映画は基本的に、映画(物語)の世界で起こっている出来事を勝手に遠くから覗き見ているというのが視聴者の一般的な目線だと思うが(視聴者は、その世界観に一切干渉しない)、それが、こちらに対して必要以上に作品側が語りかけてくるような演出というのは、もう前提がズレているとしかいえない。それは、作品といえるのだろうか。

結果、終始内輪笑いに陥っており、本来の映画的な登場人物の世界観に入り、人間的なキャラクターの掘り起こしは全く出来ていなく、そのため実在感(リアリティ)がないので、彼らに対して巻き起こることに共感が全く湧かない。だってずっと場所を変えてその場その場で、大人が遊んでるだけにしか見えない。

真剣に世界観が作られていないのでキャラクターに共感ができるわけないし、感動もしずらい。結果笑えない。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:行ききったコメディではあるけど、見る人を完全に選ぶコメディ。内容に関しては、ほとんど面白くないけど、全裸でがんばってる俳優陣のがんばりにだけ星1つです。あと、映画と関係ないが、少し前に出家して芸能界を辞めて話題になった清水富美加がこの作品に出ている。たしか芸能界を辞めたい理由のひとつに水着になりたくないって言ってましたけど、この映画で水着になってたけど、もしかしたら芸能界を辞める原因のひとつはこの映画だったのかなと、そんな気がしないでもない。仕事とはいえ、こんなヒロイン役、絶対やりたくないですね(笑) 芸能界にいてもマイナスでしかない。)


この変態は勝てない

-?


変態であればあるほど

強いなどという法則など

どこにも存在せん


-?


>>HK/変態仮面(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links