映画「海街diary」の感想(ネタバレ)

2017.03.21 Tuesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「海街diary」の感想(ネタバレ)



■監督:是枝裕和
■出演者:綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 風吹ジュン 樹木希林 大竹しのぶ

WOWOWで放送していた映画「海街diary」を鑑賞。

【映画「海街diary」のあらすじ】

父が不倫で家を捨て、母の都が再婚で出て行った後、鎌倉の一軒家で姉妹だけで暮らしていた幸、佳乃、千佳の香田3姉妹。ある日、彼女たちのもとに父の訃報が届く。葬儀に出席した3人は、そこで異母妹のすずと出会う。生みの母も亡くなり、家庭に居場所のないすずに、幸は鎌倉で一緒に住まないかと誘う。すずは受け入れ、4人の共同生活が始まった。だが、祖母の七回忌で都と再会してから、穏やかだった生活に波風が立ち始め……。

WOWOWから引用

【映画「海街diary」の感想(ネタバレ)】


吉田秋生の漫画を「海よりもまだ深く」の是枝裕和監督が綾瀬はるか、長澤まさみら若手女優陣を迎えて映画化した人間ドラマ。

いいかげん2015年の邦画の話題作を見ようと思い録画リストの中からあえて選んでみた。

内容は、3姉妹と腹違いの妹がひょんなことから同じ家で一緒に暮らすようになって…という話。

特にこれと言って胸躍るようなエンタメ的な展開はないが、妹が生活に入ってきたことで揺れる、姉妹(または周辺)それぞれの微妙な心境の変化と人間模様を丁寧に描いている。

巷では、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、そして新人の注目株の広瀬すずら4女優が共演していることに話題が上っていたが、実際、家にこんな4人がいたらすごいことだが、画的に見ると、リアルさ(自然体)を重視してるため、化粧やライティングなど、女優を引き立たせるための演出は、最小限のため(というか何もしてないかな)、CMやドラマ等で見てる油の乗った(盛ってる)彼女たちを想像してると、素材そのもの過ぎて、少し肩透かしに合う。

特に、綾瀬はるかと長澤まさみは、実年齢はすでに20代後半になっていて(撮影当時)、全盛期の良さを知ってる身としては、さすがにおばさん的な実年齢感を節々から感じてしまう。おばさんっぽい役というのもあるんだけど。また長澤まさみも、大雑把な性格の役どころと相まって、本来の良さ(多少猫被った感じ)は皆無で、素材そのまますぎて見てて悲しくなってくる。こちらも役に徹しているといえばそうなのだが。

結果的に、10代の現役イケイケの広瀬すずは、もともとの素材の良さと役柄の素朴さと合わさって、一際この中で光っている。演技も自然で上手いし、サッカー練習での数秒のドリブルシーンでは、女優の動きではない運動神経の良さが一目でわかる。男ならあのレベルは経験者なら普通にいるかもしれないが、女の子であの容姿であの動きをするのは、なかなかいないと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(まとめ:内容(物語)そのものより女優陣の方が気になる人間ドラマ。上記出演女優が好きなら見といて損はないが、アイドル的なキラキラ感とか追い求めるのは間違い。田舎生活というか、姉妹(兄弟)ならではの同居の良さ(楽しさ)はすごく出ていると思う。そういった意味では、好感度のある物語。一応、冒頭に長澤まさみの貴重な下着姿が見れるので、その辺もおすすめ。)



宝ものなんかじゃ

ないですよ私


-?


>>海街diary DVDスタンダード・エディション



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links