映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の感想(ネタバレ)

2017.04.01 Saturday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の感想(ネタバレ)



■監督:瀬々敬久
■出演者:岡田将生 染谷将太 成海璃子 松岡茉優 黒島結菜 豊原功補 伊原剛志

WOWOWで放送していた映画「ストレイヤーズ・クロニクル」を鑑賞。

【映画「ストレイヤーズ・クロニクル」のあらすじ】

1990年代初め、ヒトが自らの手で進化できるのかを検証するためにある極秘機関が実験を行なう。結果、突然変異的に人間の潜在能力を極限まで発揮できる子どもたちと遺伝子操作によって違う生物の能力が宿った子どもたちが誕生する。後に機関は閉鎖され、視力・聴力・筋力が異常に発達したグループの昴たちは計画の中枢にいた外務副大臣、渡瀬から闇の仕事を請け負うことになる。だが、そんな彼らはやがて意外な面々との戦いへ。

WOWOWから引用

【映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の感想(ネタバレ)】

ヒット小説を岡田将生ほか若手人気俳優共演で映画化したというSFアクション。

岡田将生が主演していたので見てみた。

小説からの映画化で、原作は読んでいないが、超能力が使える人種(同じ人間だが、人体実験によって作られた)の活躍を描く話で、なんとなく、一般人に混じって若者が生活している感じは、トワイライト(ヴァンパイアではないけど)の日本版的な感じに思えなくもない。

超能力を用いたアクションは、結構がんばっていて、それなりに見れるのだが、少し考えると超能力の使い方はもっと工夫できる余地があってなんとなく効率の悪さが目立つ。特に早く動けるのに、なんでそんな攻撃の仕方なんだということをやってたりする。

物語の方も、始めは、敵対する?2グループ(ストレスVS遺伝子操作)の戦いで、超能力バトルで大いに盛り上がるのかと思いきや、最初だけで(超能力も知れば知るほどなんかしょぼいような)、途中からお互い話がまとまると、それからは、こじんまりとした予定調和的な話になってしまう。

そもそも、彼らは超能力があって強いはずだが、普通に自衛隊?とかに銃で撃たれたりすると普通にやられたりして、強いのか弱いのかわからない。なんか超能力の良さを生かしきれていないような作り。

またトワイライトを見てしまってると(トワイライトもそんなに凄いわけではないが)、アクションその他、どうも全体のクオリティにしょぼさを感じる。

あと、原作の感じはそうなんだろうと思うが、友情の描き方(人間関係)が、ただの学園のノリの延長で、話のシリアス感を希薄にさせていて、なんか薄っぺらくなっている。物語は、世界規模(人類の80%が死ぬとか)で壮大なのに、学園のノリなので、ギャップがあるというか、なんかコメディにしか思えない。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:コメディなのかシリアスなのか時々わからなくなる中途半端なSFアクション。いろいろ書いたが、内容以前にこの映画の一番の問題は、若手キャストの演技なのかなと思う。小説やマンガが原作のものを実写化する際に陥りやすい部分だと思うが、原作まんまのキャラを俳優が同じように描くと、宙に浮いたようなキャラになっていたりして、現実っぽさがなくなる。結果、地に足がついていない話なので、人物に共感できず感情移入に至らない。その一番の原因は、キャストの演技の仕方にあるんだと思う。特に銃で撃たれたり、死ぬときの演技が大分ひどい(笑)ほとんどコント。でもまー最後まで見れた。)




何とかなりますよ

何とかならないことなんて

何もないから


-?


>>ストレイヤーズ・クロニクル(Blu−ray Disc)




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.08.19 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links