映画「合葬」の感想(ネタバレ)

2017.04.17 Monday 邦画 歴史モノ

■映画「合葬」の感想(ネタバレ)



■監督:小林達夫
■出演者:柳楽優弥 瀬戸康史 岡山天音 門脇麦 桜井美南 オダギリジョー カヒミ・カリィ

WOWOWで放送していた映画「合葬」を鑑賞。

【映画「合葬」のあらすじ】

慶応4(1868)年、第15代将軍・徳川慶喜が江戸城を明け渡し、300年にわたる徳川の世が終わりを告げた。幕府の解体に伴い、有志によって将軍の警護と治安維持を目的に結成された彰義隊もまた、反政府的な立場へと追いやられていく。そんな中、あくまでも将軍に忠誠を誓う極、養子先を追い出されて行く当てもなく隊に参加した柾之助、幼なじみの極を案じて加わった悌二郎、3人の隊士も時代の荒波にのみ込まれていく。

WOWOWから引用

【映画「合葬」の感想(ネタバレ)】

日本漫画家協会賞で優秀賞を受賞した同名漫画を「少年と町」で京都国際学生映画祭グランプリを受賞した小林達夫監督が柳楽優弥らを迎えて映画化した人間ドラマ。

柳楽優弥が出演してたので見てみた。

内容は、江戸から明治へと時代が代わる中で、敗者となってしまった幕府側についていた武士らの話で、大きなテーマとしては、新撰組と同じく(といっても新撰組よく知らないけど)、幕府側として最後まで共にしようとする武士の忠誠とその苦悩という、その時代に生きてしまった若者話ではあるが、なんか描き方が、そのストレートな武士のテーマのみで突き進むのかと思いきや、そうでもなく、なんか途中に時代劇怖い話みたいな横道演出があったり、また、そんな武士との一夜の浮気(不倫?)話が入ってきたりと、なんかいろいろ盛り込みすぎな感じ。

あと、落語調の妙な語り(ナレーション)でストーリーを引っ張ったりするのもこの時代的(世界観)と言えば、そう納得できなくもないが、といってもイマイチその世界観に入り込めない。また幕末なのに、劇中の歌に洋楽を使っていたりして、世界観をどこに向けているのかよくわからない部分もある。この時代でも青春してますということか。

それぞれの登場人物の置かれてる立場や状況には、理解でき共感しなくもないが、感情移入したまま最後まで突き進めるかという、ラストが急に女の視点になり、よくわからない終わり方。この時代に生きた若者を一切持ち上げずに、そのまま描いたといえば、聞こえは良いが、映画としては、エンタメ感は薄く微妙な出来。



評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:テーマ(言わんとしたいこと)はわかるが、映画としてまとめるとよくわからない若者群像時代劇。新撰組がアベンジャーズだとすれば、これは、ヒーローが出てこない幕末の地味な若者話。個人的に妙に怖い話っぽい世界観(演出)を度々入れてくるのは、果たして必要だったのだろうかと思う。それが効果的に作用してる感じはあまりない。)



月に誘われた

月と笛に

誰かが吹いていた


-?


>>合葬(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.06.24 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links