映画「予告犯」の感想(ネタバレ)

2017.04.12 Wednesday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「予告犯」の感想(ネタバレ)



■監督:中村義洋
■出演者:生田斗真/戸田恵梨香/鈴木亮平/濱田岳/荒川良々/小松菜奈/本田博太郎/小日向文世

WOWOWで放送していた映画「予告犯」を鑑賞。

【映画「予告犯」のあらすじ】

新聞紙を被った男がネットの動画サイトで、ある食品加工会社に対する制裁を予告し、実際にそれが実行される事件が起きる。そんな“予告犯”はその後も法が裁かない不正に対する制裁の予告とその実行を繰り返し、マスコミを巻き込ながら社会現象を生んでいく。警視庁サイバー犯罪対策課の吉野刑事は“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。やがて“シンブンシ”が複数犯である可能性が浮上し……。

WOWOWから引用

【映画「予告犯」の感想(ネタバレ)】

筒井哲也の同名コミックを「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が生田斗真、戸田恵梨香らの共演で映画化したサスペンス。


大分前に放送してたけど、まだ見てなかったので見てみた。

原作コミックも読んでない、予告編等も覚えておらず、内容もほとんど知らない状態で見たが、これはなかなかの拾い物で面白い。

よくある警察(制度)に頼らずに自らの手で正義の裁き(制裁)を加える犯人の話だが、そこに至る過程は、感情的であり、やり方は計画的であり、この主人公(犯人)に対して、いちいち共感が堪えない。

しかも、制裁を与える人間(標的)の選び方が、丁度良い目立ちたがり屋の腹立つお騒がせ男(人間)たちを選んでいるのも、ギャグなのかわからないが、共感度の目線が丁度良い。

こういう映画は、結局、なんだかんだで最後は、警察側(社会に配慮して)の正義を強調して無難に終わるのが、よくあるパターンだが、これは、犯人が死を覚悟してるためか、最後まで行き切っていて(やり遂げていて)、見終わった後も感動するし、気持ちが良い。

やってること自体は、社会を無視した自己中的な犯人:いわゆる中二病と呼ばれるモノに該当していて、映画の中でもそういう指摘や批判が書き込まれているが、実際の犯人の意図は、全くそこの反応は無視していて(ただのツールで使ってるだけ)、本質(目的)は、しっかりと、別にあって、そこに集まってくる同類のネット民を全く相手にしていないところも良い。

ときおり語られる主人公のセリフからも、その人間の生き様がよく反映されていると思う。

監督は、「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督だが、この監督は、シリアスの中でのコメディ(笑い)の入れ方(演出)が、嫌味がなくホント上手いと思う。笑いは狙いすぎる(やりすぎる)と、メインのストーリー(作品自体)が破綻するが、ちょうど良いところで上手く遊んでいる。

最後の海での寿司を食うシーンは、俳優のフリー演技だと思うが、会話が自然で面白い。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:タイムリーなテーマで遊んでいる良作サスペンス。「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」でこけてた生田斗真もこの映画では、取り返したと思う。俳優を生かすも殺すも、監督次第なのかな。やっぱり監督って、当たり前だが大事なのかもしれない。)


がんばれるだけ

幸せだったんですよ

あなたは


-?


それが誰かのためになるなら

どんな小さなことでも

人は動く


-?


(回ってない寿司で)ワサビと別のやつって

あるか

オレみたことねえよ


-?


>>[Blu-ray] 映画「予告犯」【通常版】Blu-ray


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2017.08.19 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links