映画「ボーダーライン」の感想(ネタバレ)

2017.04.18 Tuesday 洋画 ギャング/マフィア

■映画「ボーダーライン」の感想(ネタバレ)



■監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
■出演者:エミリー・ブラント ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン ヴィクター・ガーバー ジョン・バーンサル

WOWOWで放送していた映画「ボーダーライン」を鑑賞。

【映画「ボーダーライン」のあらすじ】

その優秀な能力を買われて、メキシコの麻薬カルテルの掃討を目的とする特殊部隊の一員にスカウトされた、FBIの女性捜査官ケイト。チームの作戦リーダーである特別捜査官のマットや、どこか謎めいたコロンビア人のアレハンドロらとともに国境を越えて、メキシコのフアレスへと向かったケイトは、そこで麻薬戦争のすさまじい実態を目の当たりにし、思わず呆然とする。けれども、それはまだ、ほんの地獄の入り口に過ぎなかった…。

WOWOWから引用

【映画「ボーダーライン」の感想(ネタバレ)】


「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントを主演に描いたサスペンス。

番組情報(あらすじ)を読んで面白そうだったので見てみた。

内容は、アメリカとメキシコの国境で繰り広げられる麻薬戦争がテーマ。

少し前に、深夜の報道カメラマンの姿を描いたジェイク・ギレンホールの「ナイトクローラー」が、殺人現場や事故映像など映像的にかなり衝撃的な内容を含む映画だったのが記憶に新しいが、この「ボーダーライン」は、その映像的、衝撃度ではその上をいく内容。

もし、「ナイトクローラー」の彼が、こっちの現場取材をしていれば、同様にえげつない映像を撮ったであろう。

クレイジージャーニーでも確かメキシコの麻薬戦争は、前に放送してて道路に普通に惨殺された死体が転がっていたというのがあったが(※たしか)、まさにあの麻薬戦争の世界観の内情を映画にしたのが、この映画だと思って間違いない。

道路の高架下に見せしめとしてして数体の死体が吊るされている。これがメキシコのある地域の日常。

っというか、この映画で描いている姿がメキシコの日常だと思うと、メキシコはホントとんでもない国だなと思う。

平和に慣れてる日本人がうかつに近寄ってはいけない。劇中のセリフでも言ってるが、まさにあそこは、狼の地だ。

ちなみに、内容の衝撃度もさることながら、この映画、映像の映し方(演出)も素晴らしい。

特にメキシコにいる容疑者をアメリカに護送する際に、メキシコとアメリカの国境を空撮で撮っていくのだが、この映像を見るだけで一発でここの国境の状況がわかり、ほぼ説明がいらない。ドナルドトランプがメキシコに壁を作って移民をせき止めたい気持ちがよくわかる。移民だけの話だけでなく、この映画のような麻薬問題も絡んでいることを知ればなおさら。

メキシコからアメリカは、大渋滞してるが、アメリカからメキシコは、ETCレーン並みにさっと通れる。黒い車5台だかを、ずっと空撮で追っていく映像は、なんというか、爽快感と緊張感がある。そしてメキシコに入ってからは、もう富士サファリパークよりも緊張感がある。普通に死体が高架下に吊るされてるし。動物でなく、ただそこに同じ人間が住んでるだけなのに、あの人間がかもし出してる緊張感は一体…。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:脇役のベニチオデルトロの存在感が光る良作サスペンス。とりあえずアメリカとメキシコが抱える国境問題、麻薬戦争、人身売買等を知るには、この映画は、おすすめ。映画としても最後まで緊張感が薄まらない。特に復讐に燃えるベニチオデルトロの演技は、やばい。この人は、たぶん本当に人を殺している…。)


無事に戻るまでが

作戦だ


-?

”ボス”がいないと

混乱が起きる


-?


君にはここはムリだ

君は狼ではない

ここは狼の地だから


-?


>>[Blu-ray] ボーダーライン


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.08.19 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links