映画「少女は悪魔を待ちわびて」の感想(ネタバレ)

2017.05.06 Saturday 韓国映画 レビュー

■映画「少女は悪魔を待ちわびて」の感想(ネタバレ)



■監督:モ・ホンジン
■出演者:シム・ウンギョン/キム・ソンオ/ユン・ジェムン

WOWOWで放送していた映画「少女は悪魔を待ちわびて」を鑑賞。

【映画「少女は悪魔を待ちわびて」のあらすじ】

7人の命が奪われた連続殺人事件の犯人キム・ギボムは15年後、刑務所から出所する。まだ少女だったころ、警官だった父親をギボムに殺されたナム・ヒジュは父親の同僚たちに育てられ、現在は警察でアルバイトをするが、ずっとギボムへの復讐を目指していた。警察は出所したギボムを監視しだすが、ヒジュも監視をする。しかし、ヒジュ以外にもギボムを狙う者がいたり、ギボムに共犯者がいたと分かるなど、事態は意外な方向へ。

WOWOWから引用

【映画「少女は悪魔を待ちわびて」の感想(ネタバレ)】


「怪しい彼女」のシム・ウンギョンが出演した犯罪スリラー。

WOWOW放送分で10本位録り貯まっている韓国映画から選んでみた。

この作品は、韓国映画ではよくある殺人事件を題材にしたサスペンスで、内容は、いきなりネタバレになるが話をまとめると、骨組みは、幼いときに父親を殺された娘が、刑期を終えて出所してきた犯人に復讐するという話で、それに少し別の話(犯人をもう一人用意したり)をプラスして話を複雑にしている。

サスペンスとして面白いかというか、最初からシンプルな謎解きモノではないためやや微妙。そもそも収監されていた連続殺人犯が父親殺しに実際に関わっていたのかという部分が謎のため、邦題タイトルで指摘している”娘”(少女)の活躍にばかり合わせていると、話がどこに向っているのか方向性が掴みにくい。

これはたぶん邦題のタイトル名がよくないと思う。変に何かを誘導してるようにしてしまっている。

ちなみに原題は、Missing You(直訳:あなたが恋しい)というあなた(you)という部分を特定していないタイトルのようなので、邦題タイトルの”少女は悪魔を待ちわびて”は、ちょっと勝手に内容を先取りしすぎていると思う。悪魔と言えば犯人でしょう、このタイトルは、見る前から変に内容を想像してしまうのでよくない。

邦題タイトルは結果論であって、最初からそんな感じのわかりやすい話ではない。

すったもんだあって、結果、タイトル名のところにまとまるというべきか。

なので、こっちはすったもんだの状態をまだ見てるときに、すでに最後のオチの部分をずっと知らされているという妙な気分の状態で見させられていて、非常に頭がこんがらがる。

邦題タイトルだとずっと少女目線みたいな話を想像してしまうけど、実際は、犯人目線とかあったり、結構話は、いろいろと複雑で混んでいる。こういう邦題タイトルの付け方はよくないと思う。

ちなみに話を内容に戻すと、この作品は、数あるこういった犯罪サスペンスと比べ、あきらかに違う部分があって、殺人事件に哲学的解釈をしていて(引用があったり)、そこからこの映画なりの答えを出してるあたりは、なかなか良い。

悪には、しっかり善人が対処しないといけないという、普通に考えれば当たり前のことを言っているが、なぜそういう答えになるのかは、この物語と合わせることで、よりその意味の理解が深まると思う。



評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:内容的には、可もなく不可もなくの韓国サスペンス。犯人が刑期を終えて刑務所から出てきたときに、頭(後頭部)に豆腐をぶつけるシーンがあるが、これは韓国文化ならではのやり方だなと思う。日本では、改めて用意しない限り豆腐をその時にもっていない。韓国は、刑務所を出たときに、豆腐を食うという文化があるが(他のドラマや映画でもよく見る)、なんで毎回外でじかに、そのまま食うのか。お店で食べるとか家で食べるとか、もっと良い豆腐の食い方あると思う。豆腐はそもそも気軽に持ち歩いて食うような、携帯食じゃないだろうと思う。パンとかならわかるけど。)


音楽のない人生は

人生なんて言えない

ニーチェ


-?


目撃者と被害者の違いは

口がきけるかどうかだ


-?


正義のための勇気について

悪が勝つための

条件は1つだけ

善良な人が何もしないこと


-?

>>少女は悪魔を待ちわびて 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国映画全般

スポンサーサイト

2017.07.18 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links