映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)

2017.04.29 Saturday 洋画 アクション/SF

■映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)



■監督:ブライアン・T・ジェインズ
■出演者:ブランドン・スレイグル/アマンダ・フィリップス/ヴァン・クワトロ/カール・セイヴリング/ラリー・ジャック・ドットソン/ナタリー・ウィルモン/ジャッキー・ホール

WOWOWで放送していた映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」を鑑賞。

【映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」のあらすじ】

極秘開発された新型ウイルスによってゾンビと化した人間たちであふれる研究所。やがて特殊部隊が駆け付けるが、彼らのミッションは生存者の救援ではなく、すべてを消し去ることだった……。怪物化した人間たちと特殊部隊の闘い、そしてその両者から逃れようとする主人公たちの脱出劇を描いたホラーアクション。ビデオゲームを見ているかのようなゾンビと特殊部隊の闘い、そして決死のサバイバルに挑む主人公たちの姿が見どころだ。

WOWOWから引用

【映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)】


研究所を舞台にした低予算ホラーアクション。

タイトルに釣られてみてみた。

ちなみに決して、ゲーム原作のあのバイオハザードシリーズとは一切関係ありませんので、お間違いなく。バイオハザードという状態の言葉を使いたかっただけですね。

とりあえず、久々にB級映画を選んでしまったが、さすがに人材、セットなど低予算感は否めない。

外ロケは、森だが、夜の撮影なのか、ライトの当て方が悪いのかやたら暗くて何が行われているのかよくわからない。あとは、研究所に移動しての室内撮影。この研究所もゾンビウイルスを扱うにはなんかしょぼい施設。受付が個人病院の窓口の大きさしかないし。最後にちょっと庭と道路のシーンがあるくらい。

ちなみにそれ以外にもツッコミどころは満載で、この研究所もウイルスが漏れたということで、受付窓口のところのシャッターがガーって下りてくるのだが、なんかシャッターの素材が商店街のお店で使われそうな、鉄の棒で引っ掛けてガラガラ下ろすような、降りるときバタバタ揺れるようなぺらぺらのシャッターが下りてくる。

そんなゆるゆるのシャッターじゃウイルス防げないだろ。

その他、正義感溢れる保安官が、娘が研究所で働いていて、研究所が雇ってる軍隊(警備)に対して、一人で対抗したりして、結構重要な役っぽい演出がされていたのに、話が進むと娘ごとあっさりと射殺されて死んでしまう。すぐ死ぬなら、最初のあの娘思いの頼れる父親像の設定いらないだろうと思う。

あと、軍隊が研究所でウイルス漏れしてるってのに、マスクすらしてこない。ガンガンに鼻から空気を吸っている。

感染した人間に触っただけで、感染するらしいって言ってたのに。

あと、一番気になったのが、最後。

45度の角度があるという吸気管から逃げようってことになって、主人公の研究員カップルが、逃げようとするんだけど、女の方は、その吸気管に頑張って登っていくのに、なぜか男の方は、ずっと意味もなく下のところで、ずっとうろうろしている。

コイツ一人で何やってるんだと思ったら、どうやら、後にわかるんだけど、その吸気管の手前にプロペラがあって、今は停止してるんだけど、それを使って後から来るゾンビをやっつけるというシーンをやりたかったみたいで、それ待ちのために、ずっと下で待っている。

案の定、少ししたら、別の吸気管からゾンビが出てきて、そのゾンビと格闘の末、プロペラのところから逃げると、急にプロペラが操作され、その動き出したプロペラによって、ゾンビの足が切れて、男はなんとか助かる。

映画って、やっぱり先に視聴者に、この後にこうしたい(これがやりたい)から、今変な状態になってるのかという、段取りがバレちゃダメだと思うんだよね。



評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:低予算で演出もザルのゾンビホラーアクション。見ようによれば、ちゃんとしてるようにも一瞬見えなくもないけど、ただ、全体で見ちゃうと、やはりB級感は拭いきれない。唯一、この映画の良さを挙げるとすれば、収録時間が69分という短さのみ。ちなみに、最後に生き残ったヒロインは、感染してるってことでいいのかな。なんかブルーライト当てたとき、あきらかに、顔に粉吹いてたけど、あれは、感染してるのか、メイクの状態でそうなってたのちょっとわかりづらい。イマイチ感染してるかどうかの判断がよくわからない。発症した人間はわかるけど。)


未感染だ

-?


すぐにヤツラが吸気管から

やってくる


-?


>>バイオハザード:ペイシェント・ゼロ 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.08.19 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    • こんにちは!

      管理人さんのレビュー読んでて楽しくなっちゃいました(^∇^)

      『ずっと意味もなく下のところで、ずっとうろうろしている』このシーンがたまらなく気になる。
    • まさお | 2017/04/30 2:35 PM
    • まさおさん



      こんばんは!


      >『ずっと意味もなく下のところで、ずっとうろうろしている』このシーンがたまらなく気になる。


      ”ずっとうろうろしている”という表現は、もしかしたら想像してるものと違うかもしれませんが、ただ、あきらかにその場所にいる意味がない(のんきな)ことをしてるのはたしかです(笑)

      またWOWOWで再放送したときにでも見てみてください。レンタルで単品でお金払って見るものではないです^^

    • 管理人 | 2017/05/01 2:18 AM

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links