映画「orange -オレンジ-」の感想(ネタバレ)

2017.05.02 Tuesday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「orange -オレンジ-」の感想(ネタバレ)



■監督:橋本光二郎
■出演者:土屋太鳳/山崎賢人/竜星涼/山崎紘菜/桜田通/清水くるみ/鶴見辰吾

WOWOWで放送していた映画「orange -オレンジ-」を鑑賞。

【映画「orange -オレンジ-」のあらすじ】

長野県松本市。高校2年生になった菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届く。そこに書かれていたのは、転校生としてクラスにやって来る翔を好きになること、その翔が1年後には亡くなっていること、そしてその未来を変えるためにやるべきこと。最初はイタズラかと思った菜穂だったが、手紙の通りの出来事が起こっていくことからその内容を信じるようになり、菜穂は10年後に自分が後悔しないように運命を変えようと挑むが……。

WOWOWから引用

【映画「orange -オレンジ-」の感想(ネタバレ)】

高野苺の人気コミックを橋本光二郎監督が「人狼ゲーム ビーストサイド」の土屋太鳳を主演に迎えて実写映画化した青春ラブストーリー。

以前に男勝りな演技が印象的だった「人狼ゲーム〜」の土屋太鳳が出演してたので見てみた。

内容は、未来の自分から手紙が届き、転校してきた同級生の男子が数年後に亡くなることを知らされたヒロイン始め同級生たちが阻止しようと奮闘する話。

この映画、一般の人は結構好意的に見てるのかもしれないが、個人的には、どうも肌があわないというか、生理的になんか受けつけづらい。

まず率直な感想を言うと、収録時間140分はかなり長いです。一時間半で十分な内容。

そして、ヒロインの土屋太鳳の演技が、人狼ゲームの男勝りな強い演技の印象があるからか、こちらでは、あまりにも友達思いの良い子(ブリっ子というほどではないけど)を過剰に演技しすぎていて、その演技が妙に鼻につく。

特に声の出し方が、どこから声をだしてるのかわからないが、いかにもか弱そうな声を無理に出しているのが、かなり不自然に見える。子役の寺田心のしゃべりかたといったらわかりやすいだろうか、個人的にはあの感じに近い。

あと、このヒロインの性格もこんな聖人みたいな女の子は実際にはたぶん存在しないと思う。ちなみに良い子設定なのに、男友達の”すわ”のことを”すわ”って、苗字で呼び捨てにしてるのも、意外というか、気になる。せめて名前の呼び捨てならわかるけど、なんで、苗字呼び捨て。普通このキャラは、苗字呼びは敬称つけるだろうって思う。性格が良いのか(お嬢様(設定)なのか)そうでないのか、わからない。

また、登場人物もバカがつくほど全員良い人しすぎで、人間関係にリアル感が乏しい。途中にダチョウ倶楽部みたいなことやってるし。

地に足がついていないというか、青春というのをあまりにも美化し過ぎた世界観で作品を作りすぎているというか、人間の汚いもの(感情やモノ)は絶対に映さないという徹底ぶりにみえる。特にヒロインの見ている精神世界観。これは、「近キョリ恋愛」や「黒崎くん」みたいな、男をあえて王子のように過剰に持ち上げた少女マンガ原作のキラキラ演出の世界観とも違う。

少女マンガ演出は、それはそれでそういうもの(わかりやすいフィクション)として処理できるけど、こちらは、フィクション感を出さずに、現実っぽい感じなんだけど、ずっとおかしなバカな青春をやってるので、非常にたちが悪い。

中国のプラパガンダ映画に通じる妙な違和感。日本のある理想の青春を追求しているというか、まるでコントの世界。

人間関係(仲間)ってこんなのが素敵だよね。というPTA?教育委員会?の学校教育の理想にのみ、突っ走りすぎた人間関係の模型を見ているよう。

この世界観(ヒロインの目線)でホントに人が生きてるのか?と疑いたくなる。もっと人間っていろいろと泥臭いでしょ。しかも、小学生向けならまだしも、高校生の話でこれはないと思う。そろそろ現実をみていいと思う。

ちなみに、人間的な泥臭さがないからか、同級生が死んでしまうという”死”のテーマに対しても、それほど重みが伝わってこない。

最後も、アホみたいに青春のバカノリ演出で突っ走ってしまってるし。

最後の道路の真ん中で集まって、アハハハってあれ何なの(笑) 

このテーマの映画のラストがあれで本当にいいのか。

もし、自殺(死)というテーマの解決を本気でとらえるなら、友人がいるいないに関係なく、自殺しそうな本人が孤独を一人で乗り越えられるような方向性で描かないといけないと思う。この映画見たときに、そういえばオレ、あんな友達がいないわ、って人はどうすればいいんだよ(笑)



評価 ★☆☆☆☆ (星1.5)

(まとめ:とりあえずやたら長いバカ青春恋愛SF映画。定番の展開と言えばそうなのかもしれないが、登場人物全員(同級生)がすべてわかりやすい良い人で、さらに未来が非常に細かくわかっている。行動こそ違えど、未来を変える同じような作業が度々繰り返される。結局、話が長い割に最後まで、その大まかな作業が変わることがない。それと、ちょくちょく未来変えてるのに、なんで最後のオチは、トラックに突っ込むところまで(そこでギリギリ辞める)、同じなのか。気持ちや行動があそこまで変わらず同じって、普通ちょっと未来変えただけで、バタフライエフェクトじゃないけど、大分先は、ものすごく変わってると思うけど。なぜかすごいちゃんと未来の手紙のレールに乗っかって彼は動いている。個人的には、彼に未来では自殺して死んでることを、本人に直接そのことを伝えてからの、彼が自らの力で変わっていこうとする苦悩を描いた方が良かったんじゃないだろうか。全然違う映画になっちゃうけど。)


俺が走ります、翔と

-?


私も走りたいです

翔と一緒に


-?


先生、私も参加します

-?


先生、私も

-?


僕も翔と走ります

-?


高校生位の男の子

見ませんでした?


-?


翔、大丈夫か!

-?


>>orange−オレンジ− 通常版(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2017.08.19 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links