映画「カリキュレーター」の感想(ネタバレ)

2017.06.08 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「カリキュレーター」の感想(ネタバレ)



■監督:ドミトリー・グラチョフ
■出演者:エフゲニー・ミロノフ/ヴィニー・ジョーンズ/アンナ・シポスカヤ/ニキータ・バンフィーロフ/キリル・コザコフ

WOWOWで放送していた映画「カリキュレーター」を鑑賞。

【映画「カリキュレーター」のあらすじ】

惑星XT−59。沼が広がるこの星に暮らす植民者たちは、都市を管理するシステムへの服従を強いられ、背けば容赦なく過酷な外界へ追放されていた。そしてまた、クリスティら新たな囚人が流刑に処される。彼らが生き残るには、危険な沼を越え、300キロ離れた“伝説の島"に行くしかない。囚人グループでは沼を知るが凶悪なユストがリーダーの座を占め、彼に従わないクリスティは謎の男エルヴィンと行動をともにすることに。

WOWOWから引用

【映画「カリキュレーター」の感想(ネタバレ)】


ロシア製SFサバイバルアクション。

ロシアのSF映画を見つけたので見てみた。

内容は、ある惑星で流刑という刑に処されてしまった囚人たちのサバイバルを描いた話。

ロシア映画ながら意外とお金が掛けられたヒット?(注目)作品なのか、この惑星に出てくる特殊な生物や乗り物(その他)のCGは、それなりのレベルで、SFのCGとして特に粗が大きく気になるということもない。

ただ、肝心のストーリーが、どうも盛り上がらない。惑星というスケールこそ、でかい話だが、一番重要だと思う人間関係、囚人同士のやりとりなど、心をぐっと掴まれる感じがない。終始、心通わず傍観者。

また、囚人と監視者しか人間が登場しないので、スケールがでかいようで、どこかこじんまり感がある。

また普段見慣れているハリウッド系(アメリカやイギリス)とはまた違うロシア製映画ならではの独特の雰囲気(世界観)がある。これは説明するのは難しいが、とりあえず音楽の選び方(センス)が、なんか違うなと思う。曲によっては妙にうそ臭くチープに感じるときがある。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:独特な世界観のB級(ロシア映画の中ではたぶんA級作品)ロシアSF映画。個人的に特にストーリー的に見どころはなく、同じ惑星設定の駄作テラフォーマーズと比べるには丁度良い作品だと思う。ただ、テラフォーマーズを見るならこっちの方をおすすめする。妙に高画質の映像と、途中にヒロインの意外と巨乳の乳首ポチのサービスショットがあったのだけは、印象に残っている。ロシア映画もそういう露骨なセクシーアプローチはあるようだ。そういう意味で後半もっとなんかあるのかと期待してしまった。けどなんもなかった、騙された。でもヒロインの巨乳に★ひとつ追加。最後に、この映画の中で数学の問題が出ていたが、解けなかった。自分の頭の悪さが悲しい。)



単純な問題を

少女がチョコを夢見てる

今の君のようにね

だが買うには硬貨が10枚足りない

チョコが欲しい少年も硬貨が1枚足りない

だから二人で買おうとする

それでもやはり

硬貨が1枚足りない

チョコの値段は?


-?


>>カリキュレーター [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.07.18 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links