ヴィンディーゼル主演の映画「バビロンA.D 特別編」の感想(ネタバレ)

2010.06.10 Thursday 映画レビュー

■ヴィンディーゼル主演の映画「バビロンA.D 」の感想(ネタバレ)



■監督:マチュー・カソヴィッツ 
■出演者:ヴィン・ディーゼル ミシェル・ヨー メラニー・ティエリー ランベール・ウィルソン ジェラール・ドパルデュー

トリプルX、ワイルドスピードのアクション映画でお馴染みのヴィンディーゼル主演の映画「バビロンAD」がWOWOWで初放送していたので、早速録画して観ました。

映画番宣用の予告編を見る限りいつものヴィンディーゼルの派手なアクション映画のひとつかなという感じがしていましたが、実際は、近未来を舞台にした宗教、政治、科学、愛とかが織り交ざった結構深い?内容の映画だった。

ストーリーは、軍に所属していたヴィンディーゼルがある女性(メラニーティエリ)をある場所まで運ぶという依頼を嫌々ながら請け負うところから始まる。

運び屋というところでなんとなくジェイスン・ステイサム主演の映画「トランスポーター」を髣髴しており、輸送中に女性を奪おうとする輩が現れるたび、そいつらから女性を守るというお決まりのストーリーが展開される。そして裏切りとかも。

なぜ女性が追われるのかという部分で、この女性は、人工知能とかを研究する科学者の父親が実験によって作り上げたもので、19ヶ国語を話せ、30年前?に作られた潜水艦の操作も出来てしまうという、コンピューターのように知識を吸収してしまう特殊能力を持つ、奇跡の人間だった。

しかし、この女性(娘)の能力を政治、宗教に利用しようとする、ある宗教団体の代表に属する実?の母親が狙っており、それを阻止しようとする父親の組織と母親の組織が衝突していた。

このようなストーリーがある中で、ラストは、ヴィンディーゼルがお決まりのアクションで悪の組織をぶっ倒してエンディングを迎えるかと思えば、ヴィンディーゼルが、女性を守ることを心の中で誓い、汚い言葉を吐いて終わるという、ラストへの含みを持たせた終わり方だった。

近未来が舞台というところで、クライブオーウェンの映画「トゥモロー・ワールド」的なリアルな感じを目指していたのか、定かではないが、主役にヴィンディーゼルを迎えたのに、アクションでごり押しすることもなく、ドラマ性を意識しずぎてしまったところに、映画がどっち付かずになってしまっているような気がする。

映画配給会社にヴィンディーゼルを使うならアクションをもっと増やせと言われて、アクション部分が増えたのかどうかはわからないが、ヴィンディーゼル、ミシェル・ヨーとアクションが出来る俳優を取り揃えて置きながら、なんとももったいない感じのする映画。

ドラマ性で押すなら変に派手なアクションはないほうが良いし、そうなると主役はヴィンディーゼルじゃないほうが良いし…と、観た後にいろいろ考えてしまう。


評価 ★☆☆☆☆ 星ひとつ

(コメント せっかくのヴィンディーゼルを活かしきれていないラスト)


バビロンA.D.<特別編>



JUGEMテーマ:最近みた映画
 

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links