映画「サウスポー」の感想(ネタバレ)

2017.06.19 Monday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「サウスポー」の感想(ネタバレ)



■監督:アントワーン・フークア
■出演者:ジェイク・ギレンホール/フォレスト・ウィテカー/レイチェル・マクアダムス/ナオミ・ハリス/ウーナ・ローレンス

WOWOWで放送していた映画「サウスポー」を鑑賞。

【映画「サウスポー」のあらすじ】

世界ライトヘビー級のチャンピオンとして絶大な人気を誇るビリー。ところが、ある日彼は、ライバル選手の挑発に乗って相手と乱闘騒ぎになり、しかもその最中、何者かが発砲した銃弾がビリーの愛妻モーリーンに当たって、彼女は急死してしまう。それ以来、ビリーは自暴自棄の生活を送るようになってチャンピオンの称号を剥奪され、大切な仲間や財産をすっかり失った上、最愛の娘とも引き離されて、人生のどん底を味わうはめとなる。

WOWOWから引用

【映画「サウスポー」の感想(ネタバレ)】


ジェイク・ギレンホール主演のボクシング映画。

ボクシング映画を見つけたの見てみた。

内容は、ライバル選手との小競り合いが原因で妻を殺され、どん底に落ちたチャンピオンが、新たなトレーナーとの出会いから再起をはかるという話。

ボクシング映画の王道のようなどん底からの這い上がりストーリー&わかりやすい悪キャラたちで、感情移入はしやすい。

また主役のジェイクギレンホールの体を張った役作り+フォレストウィテカーのこなれたトレーナー役のコンビも良い。

久々に心をわしづかみにしてもらった。号泣まではいかないが、主人公の動機や目的がはっきりしていて、涙腺を何度も刺激される感動作です。

人間ドラマというか、映画の基本は、やっぱり感情移入できてこそだなと改めて思う。

最近見て不発だった「カリキュレーター」と「ヒットマン エージェント47」の非感情移入感がこれでチャラにできた。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:ジェイクギレンホールが熱演した王道ボクシング映画の良作。スポーツサクセスモノ好きなら見といて損なしの安定作。ただ、個人的にジェイクギレンホールの体の作り方の仕事への張り切り具合から、実話の映画化かと思ったけど、別に実話という訳では無いようだ。これがもし実話だったら、もっと感動してたかもしれない。試合のシーン含め、演技や演出が非常にリアルに描けているからか、実話でないことが、逆にもったいないと感じる。見終わって、これフィクション(作り話)なのかという残念感はある。教訓的セリフも良いし。)



たかが家だ

-?


お前がどう思おうと

彼女自身が

乗り越えるしかない

お前の問題だと考えるな

そうすれば本当の自分と向き合える

人生もボクシングも


-?


>>サウスポー(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.07.18 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links