映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)

2017.08.11 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)



■監督:ジャン=バティスト・レオネッティ
■出演者:マイケル・ダグラス/ジェレミー・アーヴァイン/ハンナ・マンガン・ローレンス/ロニー・コックス/パトリシア・ベスーン

WOWOWで放送していた映画「追撃者(2014) 」を鑑賞。

【映画「追撃者(2014) 」のあらすじ】

アメリカ南西部に広がるモハーヴェ砂漠でトレッキング・ガイドをする青年のベンは、ある日、大富豪のマデックに雇われて、彼の狩りに同行することに。マデックは、狩猟ポイントまでやって来ると、早速目に留まった崖上の物体目がけて発砲するが、銃弾に倒れて発見されたのは、老人の遺体だった。事件を通報しようとするベンに対し、マデックは態度を硬化させると、銃で脅してベンを裸同然にした上、灼熱の砂漠に置き去りにし…。

WOWOWから引用

【映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)】


マイケルダグラス主演のサスペンスアクション。

意外と外れが少ないと思うサバイバル系の追いかけられっこモノタイトルに惹かれて選んでみた。

物語は、砂漠でハンティング中に獲物と間違えて人を殺めてしまったことから、事実を隠蔽しようとする大富豪の男と事実として処理しようとする地元のガイドの若者との攻防を描いた話。

邦題の”追撃者”というタイトルから、序盤から追う者と逃げる者でのなんらかの激しいバトル(銃撃戦)を予想していたが、実際は、意外と一方的と言うか、大富豪の男が、銃を奪いガイドの若者を半裸状態にして、灼熱の砂漠を彷徨わせ(撃たずに)生き果てるのを待つという変わった追撃の仕方。

最後こそ、挽回し、ようやく対決のような攻防になるが、序盤は、半裸で砂漠をウロウロさせられる状態が長く続く。

一応、隙を見つけて、友人が使っていた砂漠の隠れ家に逃げ込むが、結局、見つかって、捕まって、同じ状態に戻されたりと、同じ状態の繰り返しで、話があまり発展していかない。主人公の行動ももう少しやりようがあるような気がして見ててイライラ。

特に隠れ家に逃げ込んだ後は、もう少し、別の展開、発展があってもいい。そもそも序盤は、脅すだけで直接撃つ気(殺意)がまだないので、隠れ家の時点なら(相手が見失ってるため)、隙を突いて接近戦に持ち込み、上手いこと銃さえ奪えば、すぐに逆転できる可能性もあったはず。

結局、別のアイデアが浮かばなかったのか、同じ状態をなぞってるだけ。

ようやく夜になって、水を見つけて暗闇から挽回しようと試みるが、一日中荒野を歩き回ってたわりに、高いところを登ることが出来たり、元気良すぎ。リアリティを追及してる割に、どこかリアルでない。

また、捕まえて警察署に連れ戻した後も大富豪ならではの保安官らを買収して、ヘリで逃げるのは、意外な展開だが、その後のガイドの若者の恋人の家までじきじきに追いかけて行って彼等を殺そうとするのは、やりすぎと言うか、そこまでリスクを背負う必要性が見えない。

砂漠で殺害するなら、まだ事故とか言い逃れができそうだが、普通の住宅地で不法侵入して殺人を犯したら、いくら良い弁護士つけても無罪にするのは無理じゃないかな。



評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:普通に見れるが、いろいろ突っ込みどころの多いマイケルダグラス主演のサバイバルサスペンス。なんとなくだが、砂漠では主人公(ガイド)があえて大富豪と接近戦にならないような行動をあえて取ってるような気がしてならない。隠れ家しかり、車のところしかり。人間狩りというテーマをしっかり守るための必要な距離感というか、それを維持するためにストーリーがあるようなそんな話。)



ウォーリー

-?


イーヴー

-?


>>追撃者 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:
洋画

スポンサーサイト

2018.01.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links