映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)

2017.08.25 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)



■監督:ティム・ミラー
■出演者:ライアン・レイノルズ/モリーナ・バッカリン/フランシス/エド・スクレイン/T・J・ミラー/ジーナ・カラーノ/

WOWOWで放送していた映画「デッドプール 」を鑑賞。

【映画「デッドプール 」のあらすじ】

ニューヨーク。精神的に危うい元傭兵ウェイドは自分が街の英雄だと思い込み、悪党を懲らしめては彼らに金銭をせびる毎日を送る。そんなウェイドは売春婦ヴァネッサに好意を抱き、彼女に結婚を約束するが、自分の全身にがんが広がっていると知る。ウェイドは自分のような余命わずかな面々を集めて超人的パワーを持つ存在に変えるという人体実験の計画に応募し、そこで身体の回復能力が異常に高くなるが外見はグロテスクになり……。

WOWOWから引用

【映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)】  

「リミット」のライアン・レイノルズが主演し、2016年に全世界合計興収7億8000万ドル強の大ヒットを記録したというヒーローアクション。

話題作がWOWOWで放送したので見てみた。(※初放送は5月だったかな)

興行的に大成功したらしいということで見る前から少し期待値が上がっていたが、実際見てみると、悪くは無いけど、そんなに大ヒットするほどのものかは、個人的に微妙。

例えば、「キックアス」的な新しいタイプのヒーローを期待して見ると、アイデア的には、そこに至らずという感じ。

通常のヒーローモノ(スパイダーマンとか)との違いは、視聴者に語りかけてくるジョークがある(積極的なコメディ)+アクションにグロさがある位(体や首とかが切断される)だろうか。

ジョークの種類についても、アメリカ人が好きそうな(下品+映画パロ)もので、日本人(日本のお笑いに慣れてると)があまり好まない系のジョーク。ただ、笑いのみを求めたバカコメディ映画ではないため、ジョーク自体は、会話内のアクセント程度に収まっているので、ジョークの好みで作品の良し悪しに大きく影響するほどではないと思う。

とはいっても、普通の正統派のヒーロー映画が好きな人からすると、かなり規格外で邪道な演出がされてるのはたしかで、人によって内容以前に好き嫌いがあるかも。

個人的に、映画は、ある人たち(登場人物ら)の人生を視聴者が勝手に覗いているというものだと思っているので、映画の中でナレーション以外で、登場人物自体が視聴者に直接話しかけてくるもの(カメラ目線等)は、ルール違反というか、なんか違うかなと思います。そういう直接手法を使わずに、映画の中(物語)で空気感を伝えて欲しい。映画は、ユーチューバーじゃないからね。

ちなみにヒーローアクションとしては、仲間のキャラクターがファンタスティックフォーとかX-MENとか混ざってる超能力使いだが、彼らがどうしてああなってるのかは特に世界観の説明がない。(と思う)

アクションのスケールもでかいといえば、ある部分ででかいが(大きな船が倒れたり)、しかし、全体の規模から言うと、地球規模でもなく、研究所のリーダーVSデッドプール(+仲間)で意外と小さいし、物語もわかったようでよくわからない。

あの研究所もアイツ(責任者)が死んだらそれで終りなのか、はたまた、もっと研究所自体に裏があるのかは謎のまま…。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:新たなタイプのヒーロー像を模索したが、いろいろと中途半端に出来上がったダークヒーロー作品。オフビート(決まったテンポがなく、その時のノリ)と言ってしまえば、そうかもしれないが、ノリだけに、そのノリ以上の何か得るものは特にないかな。アクション映画としてはまずまず楽しめるので、大ヒット作と知らずにレンタルでジャケ借りで見れば、意外と期待を裏切ってくる内容かも。)




人生とは

災難の連続だけど

たまに幸せなCMがはさまる


-?



ヒーローじゃなくても

恋人はできるんだ

彼女が男をヒーローにする


-?



>>[Blu-ray] デッドプール



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links