映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)

2017.09.03 Sunday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ウェルズ
■出演者:ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/オマール・シー/ダニエル・ブリュール/ユマ・サーマン/エマ・トンプソン/

WOWOWで放送していた映画「二ツ星の料理人 」を鑑賞。

【映画「二ツ星の料理人 」のあらすじ】

パリの一流レストランで二ツ星の評価と名声を得た伝説のシェフ、アダム。けれども人間的には何かと欠陥を抱えた彼は、ある時、問題を起こして突如パリから姿を消し、店をつぶしてしまう。それから3年後、かつてのオーナーの息子トニーがロンドンに開いていた店に姿を現わし、強引にシェフの座に就いたアダムは、かつての同僚やシングルマザーのエレーヌら、一流の腕前の料理人たちをスカウトすると、三ツ星を目指して奮闘する。

WOWOWから引用

【映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)】  


「アメリカン・スナイパー」のブラッドリークーパーが主演した人間ドラマ。

久々に料理モノ映画に惹かれて見てみた。

料理の腕はあるが、性格や素行にやや難がある2つ星のシェフが3つ星を狙うべく新たにお店を開き…という話。

料理や人間関係で挫折しつつも最終的に成功する(目的達成する)というよくあるサクセスストーリーのグルメモノなのだが、主人公の性格がプライドが高くあまり弱さが見えないため、人物に対する感情移入はやや弱い。

また、ストーリー構成もわかりやすいサクセスストーリーで進むのかと思いきや、始まりがごちゃごちゃしている感があってシンプルでない。

その理由として、物語の始まり方が、主人公が数年前にお店を辞めて挫折し、放浪修行を終えた後、再起する部分(再び店を始めるところ)から急に始まっているのが原因だと思われる。

再び店を始めるというシェフが店を持ちたいという一番大事な主人公の動機やそこに対する思い(熱意)が視聴者にはほとんど伝わらないまま、いきなり始まっており、そこの大事な理由(動機)も物語が進むと後出しのようにポロポロと出されてくるので、主人公と感情とイマイチ同期できない。

また新たに店を始める(選ぶ)部分も、腕がいいからだと思うが、特に努力することもなく以前辞めたオーナー(息子)の店でもう一度シェフになって(おんぶに抱っこで)、店を出す部分でのそこの苦労がほとんどみられない。

普通、こういうグルメものは、お店を出す時は、新たにイチから出店地域からお店の内装等選んで、やるのかと思いきや、そういうことでもないらしい。そこの楽しみがない。人材確保はあるけど。

結局、この映画の一番の盛り上がりは、独りよがりで仕事に取り組んでいた主人公が、従業員の裏切りに合い、挫折を経たのち、成長し、従業員の力を信じて三ツ星に望む部分だろう。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:ブラッドリークーパー主演のやや微妙なサクセスグルメモノ。出てくる料理はおいしそうだが、ストーリーは、それほどおいしくない。脇役にユマサーマンが出ていたらしいが、見終わってキャストを見るまで、気付かなかった。いろいろ書いたが、退屈するほど悪くは無いので、三ツ星はあげて置こう。5点満点だけど。)



強いから人に頼れるの

弱いからじゃない


-?



でも生きてるわ

-?


>>二ツ星の料理人


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links