映画「極悪の流儀」の感想(ネタバレ)

2017.10.21 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「極悪の流儀」の感想(ネタバレ)



■監督:ウィリアム・モナハン
■出演者:ギャレット・ヘドランド/オスカー・アイザック/ルイーズ・ブルゴワン/マーク・ウォールバーグ/ウォルトン・ゴギンズ

WOWOWで放送していた映画「極悪の流儀」を鑑賞。

【映画「極悪の流儀」のあらすじ】

若くして名声と成功を手に入れ、ハリウッドの豪邸で優雅な生活を送りながらも、退屈と憂鬱を持て余すトム。ある日、ふと衝動的にモハーヴェ砂漠へとひとり出向いた彼は、その晩、キャンプをしているところで、謎めいた流れ者の男ジャックと出会う。ジャックは不意にトムを襲おうとするが、格闘の末にトムは彼を撃退。さらにもうひと波乱あった後、トムは自宅へ逃げ帰るが、ジャックはストーカーのごとく彼の後をつけ回し…。

WOWOWから引用

【映画「極悪の流儀」の感想(ネタバレ)】  


ハリウッドリメイク版「ディパーテッド」でアカデミー脚色賞に輝いたウイリアム・モナハンが監督し、「トロン: レガシー」のギャレット・ヘドランドと「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のオスカー・アイザックの共演で描いたサスペンス。

「極悪の流儀」という反社会的なタイトルに惹かれて見てみた。

内容は、砂漠でたまたま出会った二人が、ちょっとした誤解から殺伐な関係になり、砂漠を離れてからもその怨根は消えず殺し合いへと発展する…という話。

なかなかのタイトルで期待値は高いが、実際見てみると、極悪の流儀と言うほど、何かヤクザの仁義、道義みたいなわかりやすい暗黙のルール(やり口)が存在しているようなものではなく、結果的にそのようなオチになったといった感じの方が近いかなと思う。お互いが悪い(悪そうな)人間であることは、たしかだが。

ちなみに、もともとの原題は、「Mojave」でモハーヴェ砂漠の地名のモハーヴェ(Mojave)がタイトルにされていて、砂漠という場所がテーマである。極悪の流儀とかはたぶんどうでもいい。砂漠から付随したものだ。

劇中でも砂漠にまつわるキリストの話などが出てくるが、この映画で言いたいことは、砂漠という場所が人間に与える影響のことだろうと思う。砂漠で出会い、のちに付け狙ってくる放浪者(ジャック)という存在は、主人公トムの内面の一部(葛藤)であったという見方もできなくない。

生きがいを失っていた状態から、砂漠で出会ったジャックの存在を通して、ゆはりなんとしも生きるべきだという、生への執着を強く持つようになったという話である。それが行動的な悪を生んでも。

結果的には、すべての人間のどんな悩みであれ、結局のところジャックのセリフでも語られているが、”生きるべきか、死ぬべきか”という、シンプルな選択へと帰結するというものだろう。


評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:邦題タイトルほどの期待はないが、監督の思想は強く注ぎ込まれてる男の熱いドラマ。WOWOWのあらすじでは、ジャックが不意にトムを襲おうとするがと書かれているが、個人的には、襲うとしてはいないと思う。不審者ではあるが。ここの初対面での男同士の感覚は、女性には理解できないものだと思うが、男というのは、特に不良的な素質を持つ者同士が、対峙した場合分けのわからない人間的な緊張感がそこに生まれることがある。特にどちらも折れようとしない人間が二人揃えば、急に理由もなく警戒心から殴り合いに発展してしまうことが現実に起きることがある。サルとかゴリラとかの縄張り争いを想像するとわかりやすいかもしれないが、この映画の発端は、まさにそういうことから始まっているところが意外と面白い。もちろんアメリカの銃社会が、よりそこの緊張感(誤解)を増大させていることは、言うに及ばずだが。)


ローンを払って

税金を滞納したらどうなる?

家は政府からの借家さ


-?



キリストの場合

別の姿の自分と対話したんだ

”悪魔”だよ


-?


キリストは送り出された

T・E ロレンスは

砂漠を”宗教の窯”と

孤独な男が砂漠でイカレちまい

宗教を見出す

キリストも砂漠で

自分自身と実際に語り合った


-?

何事も

”生きるべきか 死ぬべきか”さ

周りに何もないから

仕方ない そう考える


-?

法廷とは

どちらの作り話が

もっともらしいか

決める場所なんだ


-?


交渉の時

先に数字を言ったら負けだ


-?

観客にどう見えるかが

何より大事だ


-?



バーナードショーは、

”真の芸術家は70歳(90歳)の祖母にも生活費を

稼がせる”と


-?


>>極悪の流儀(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links