映画「X-ミッション」の感想(ネタバレ)

2017.12.18 Monday 洋画 アクション/SF

■映画「X-ミッション」の感想(ネタバレ)



■監督:エリクソン・コア
■出演者:エドガー・ラミレス/ルーク・ブレイシー/テリーサ・パーマー/レイ・ウィンストン/デルロイ・リンドー

WOWOWで放送していた映画「X-ミッション」を鑑賞。

【映画「X-ミッション」のあらすじ】

Xスポーツの元アスリートである新人FBI捜査官ユタに、ある特別任務が下る。Xスポーツを応用した特別な手口を使い、奪った金品を貧者にばらまく異色の強盗団に潜入せよというものだ。ユタは強盗団のリーダー、ボーディに接触し、サーフィンの腕前と度胸を認められ、ボーディのチームに加わるのに成功する。チームは“オザキ8”と呼ばれる8つのXスポーツに挑んでいたが、ユタはボーディとの友情と任務のはざまで悩むように。

WOWOWから引用

【映画「X-ミッション」の感想(ネタバレ)】  

過去にキアヌ・リーヴスが主演した「ハートブルー」をリメイクしたというアクション。

劇場公開当時のCMでエクストリームスポーツのスタントが少し話題になっていたので見てみた。

元は、キアヌリーブス主演の映画からのリメイクらしいが、原作は見ていない。

内容の方だが、スタントアクションに関しては、荒波や山岳など実際に大自然で撮影したものも多く、その迫力はなかなかすごい。特に20m級?の荒波でのサーフィンは、撮影も含め常軌を逸している。

ただ、この映画、リアルに現地で撮影した部分もあれば、実はVFX(CG)でところどころ処理した部分も結構あり、スタントアクションをウリにしている映画としては、見ていてなんとも力が抜ける感じがある。

せっかく一方でリアルなスタントを追求してるのに、ところどころ必要以上のCG処理がされていてなんか興ざめする。最初の海のサーフィンは本物だと思うが、途中の命綱つけないロッククライミングやラストの海でのサーフィンは、CGや合成感を感じる。

ミッションインポッシブルとかそういうヒーローアクション系統ならCGでも目をつぶれるが、リアルを重視した感じを出しているこういったスポーツ系アクション作品では、CGは致命的な気がする。それでもやってることはすごいだけに、非常にもったいない。

ちなみにアクション重視だからなのかわからないが、この映画ストーリーがとってつけたような感じで大分ひどい。特に最後なんて、尻すぼみ感がすごい。急に制作費が無くなったのか、やる気がなくなったのかしらないけど、解決したのかしてないのかよくわからない自滅的な終わり方。最後の暴風の中でのサーフィンは、昼間と比べて画質も汚くて見づらいし、たぶんCGだろう。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:アクションだけがウリないろいろと中途半端な作品。エクストリームスポーツアクションが好きなら楽しめるが、そこに映画的な質(内容)を求めると、アクション以外でのエンタメ感は微妙です。テーマも環境保護を訴えてる一方で、テロや銀行強盗を行ったりして、正当性がみられず共感しにくい。結局そこの矛盾で考えさせられるほど話がねられていない。)



同化したいなら

自我を捨て去れ

完全にだ


-?


責任は自分にしか持てない

-?


>>X-ミッション 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links