映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の感想(ネタバレ)

2017.12.24 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の感想(ネタバレ)



■監督:エドワード・ズウィック
■出演者:トム・クルーズ/コビー・スマルダーズ/オルディス・ホッジ/ダニカ・ヤロシュ/ロバート・ネッパー

WOWOWで放送していた映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を鑑賞。

【映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のあらすじ】

かつて米陸軍内部調査部で働いたが、今は放浪の旅を続ける一匹狼リーチャー。ある夜、地方の町で保安官に逮捕されかけ、そんな非常事態を乗り切るが、何者かに仕掛けられた罠ではないかと感じる。直後、彼はかつての同僚スーザンがスパイ容疑で逮捕されたと知り、すぐさま拘禁されたスーザンを脱走させ、彼女と逃亡する。リーチャーはスーザンに掛けられた汚名をそそぐとともに、軍の内部にうごめく巨大な陰謀に迫っていくが……。

WOWOWから引用

【映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の感想(ネタバレ)】  

トム・クルーズが主演したアクション映画「アウトロー(2012)」の続編。

少し前に見た「アウトロー」の続編を続けてみてみた。

今回は、トムクルーズ主演は変わらずだが、監督が「ラストサムライ」のエドワードズウィックに代わっている。この交代の影響なのかもともとの中身の問題なのかわからないが、パート1よりもあきらかに質が落ちている。

前作「アウトロー」は、終始、謎や緊張感や感情移入が出来て良かったのだが、こちらは、同様なスタイル(ジャックリーチャー感(アウトロー感))は維持されてはいるものの、主人公が行動する動機や謎の部分(話の面白さ)で、物語へ没入感が弱い。

なんかスト−リーが上辺だけで作られていて、芯に入ってこない。

また、今回、ジャックリーチャーに娘がいて、その親子感での問題も絡めて、親子愛で共感を狙ってきているのはわかるが、よくある定番パターンを使っているのが見えみえで、ここも素直に入り込むほどでもない。特に最後の事件解決後の親子関係修復の感動シーンは、お決まり過ぎていらないですね。

パート1の任務と自己達成の間で揺れる軍人の気持ちやその中に見える正義、さらにその軍人が凶悪犯罪の冤罪に巻き込まれる悲劇、さらに検事と弁護士親子の正義の対立など、自然とわきあがってくるような怒りや共感がパート2にはない。正確には、無くはないが、自分にはヒットしてこない。

もちろんアクション部分はパート2でそれなりに派手になっているが、時間が経つと忘れてしまうほど、印象に残らない。



評価 ★★☆☆☆ (星2.8)

(まとめ:パート2となり、ありがちな中途半端な映画に劣化してしまったアウトロー第二弾。今回は軍人としてややナイスバディなヒロイン(コビー・スマルダーズ)が出ているが、脱ぐと見せかけて脱がない。結局、上半身だけ下着(ブラ)にはなるが、それ以上は脱がないでおしまい。なんでしょうこの中途半端さ。このお色気部分でもこの映画の中途半端さがわかります。そもそもシーンとして必要かも疑問。モーテルで男(ジャック)の前で上半身だけ下着になってベッドにただ座ってる状態ってあるのか。洗面所なら着替えの途中でまだわかるけど、ベッドで着替えの途中という訳でもなく(次の行動に移る前提の状態ならわかる)、ただその状態でしばらく涼んでいるって、一体何待ちですか(笑) 軍人だから下着姿でも気にしないという目線もあるだろうけど、むしろ軍人ならその状態でだらだらしてる方がおかしい。このシーンは、非常に謎です。誘っていたのか…。誘ってたとしたら急だな。)


逆よなじるの

強い男って優しいから

大抵 妹がいたり

なぜか妹を欲しいと思ってるの


-?

>>ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links