海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン2」の感想(ネタバレ)

2018.02.28 Wednesday 海外ドラマ

■海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン2」の感想(ネタバレ)



■監督:-
■出演者:ウェントワース・ミラー/ドミニク・パーセル/サラ・ウェイン・キャリーズ/ウィリアム・フィクトナー/アマウリー・ノラスコ/ロバート・ネッパー

WOWOWで放送していた海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン2」を鑑賞。

【海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン2」のあらすじ】

マイケル、リンカーン、スクレ、アブルッチ、シーノートの5人は、森の中を逃走中、走ってきた列車の反対側に回り込み、ベリックらを振り切った。FBI捜査官のマホーンは記者会見で脱獄囚8人の顔写真を公開、指名手配する。さらにマイケルのタトゥーが脱獄計画の鍵と気付いたマホーンは、その暗号を解読し始める。一方、ステッドマンを見つけたベロニカは、電話をかけてきたリンカーンに逃亡をやめるよう促すが……。

WOWOWから引用

【海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン2」の感想(ネタバレ)】  

ウェントワース・ミラー主演の大ヒット海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の第2シーズン。

前回、ファーストシーズンを見たので、そのまま続けて第二シーズン(全22話)も見てみた。

久々に長編ドラマに手を出してシーズン通して見ているが、1シーズン20話は、さすがに長くて録画してる他の映画を見る時間がない。

それはさておき、この第2シーズンは、ファーストシーズンで刑務所からの脱獄に成功したマイケルら受刑者たちのその後の逃亡劇を描いた話。

この第二シーズンもファーストシーズン同様、引っ張り演出(謎)と15分単位くらいでの衝撃?(びっくり)展開で目が離せずに面白いのだが、ファーストシーズンと比べると、ややドキドキ感が減っている。

ファーストシーズンは、場所が刑務所内のため何をするにも常に看守の目を気にする秒単位の緊張感(世界観)があったが、脱獄後のシーズン2は、とにかく警察にさえ捕まらないよう物理的に走って(または車で)逃げればひとまずOKで、よくある逃亡犯の話になってしまった。こうなってしまうと、動機は別にしてただの逃亡犯と変わらない。

もちろんプリズンブレイク的にやることはあるのだが、シーズン2では計画のためにはなんでもあり感が増え(マイケルも結果的に強盗してしまう)、さらに邪魔なキャストは、どんどん死んで(殺してしまい)物語の中での命の重みがかなり希薄になってしまった。

今まで冤罪のリンカーンの一人の命に拘ってきたのに、一人を助けるための犠牲が多すぎ。外に出たティーバッグは、人殺しすぎだし。そのせいかもう脇役は誰が死んでもあまりなんとも思わなくなってきた。

特にシーズン2では、ティーバッグの過去(生い立ち)が明らかになるが、そこには共感できなくもないが、それにしては、脱獄後に人を殺しすぎなので、結局、心底感情移入して応援する気にはなれない。物語のいちキャラクターとしてはナイスなキャラなので必要ではあるけど。



評価 ★★★★☆ (星4.5)

(まとめ:シーズン1の勢いは保ってるが、二転三転するいつものドタバタ展開にややマンネリ間を覚えるシーズン2。それでも勢いがすごいので全然見れるけど、シーズン1の出来が良かっただけにシーズン2は、ちょっとあれ?って思うときが時々ある。ただ、ストーリーは別にして、シーズン2のベリックの言動や行動はシーズン1を超える勢いで相変わらず面白い。特にリンカーンが運転する車に幅寄せしながら体当たりしてくる時の助手席にいるベリックは、一番笑える。シーズン2からFBI捜査官のマホーンが加わってくるが、ベリックの存在感はまだまだ消えない。続けてシーズン3も見よう。)



>>プリズン・ブレイク シーズン2<SEASONS ブルーレイ・ボックス>【Blu-ray】 [ ウェントワース・ミラー ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:海外ドラマ

スポンサーサイト

2018.11.13 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links