映画「アサシン クリード」の感想(ネタバレ)

2018.03.18 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「アサシン クリード」の感想(ネタバレ)



■監督:ジャスティン・カーゼル
■出演者:マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール ジェレミー・アイアンズ ブレンダン・グリーソン シャーロット・ランプリング マイケル・ケネス・ウィリアムズ

WOWOWで放送していた映画「アサシン クリード」を鑑賞。

【映画「アサシン クリード」のあらすじ】

人類を支配する力を持った秘宝“エデンの果実”を求めるテンプル騎士団は、ついにその秘密を知るはずの人物を発見する。その名は死刑囚カラム。彼は、ルネサンス期に騎士団に立ち向かったアサシン教団の伝説的な戦士アギラールの末裔であり、アギラールこそは果実の行方を知る最後の人物だった。騎士団は遺伝子に眠る記憶を追体験する装置アニムスによってカラムの意識をアギラールと同化させ、秘宝のありかを探ろうとしていた。

WOWOWから引用

【映画「アサシン クリード」の感想(ネタバレ)】  

 

全世界売り上げ1億本を超えるという同名PS3(PS4)の人気ゲームソフトを実写映画化した作品。

 

アサシンクリードが映画化されていたようなので見てみた。

 

個人的にアサシンクリードは、PS3で発売された第一作目の「アサシンクリード」をかなり前にプレイしただけで、それ以降の作品はやっていないのでなんともいえないが、とりあえずこの映画化では、一応ゲームの中での主人公が暗殺者として活躍する目玉の中世の世界観は、それなりに再現できていると思う。

 

ただ、かなりの部分で中世の世界観の構築をCGに頼っていて(※砂煙や建物が嘘くさい)、アクションは激しくてもどこかキャラクターがその現場に生きていない感じがして、リアル感に乏しい。※最終的な映像の質感なのかもしれないが。

 

これはついこの前見たファイナルファンタジーの映画版でも感じたことだが、CG描写の場合、細部のフォーカスが緩く、細かいところが曖昧で見えづらい。

 

この映画でも中世の世界観に移るたび、鷹(の目線)となって、上空から町並みを一望しながらカメラが進んで主人公を撮影するシーンがあるが、あきらかに建物や人がCGだとわかるし、それ以外にも頻繁に背景にCG臭を感じる。

 

ゲームなら描写方法はCGで問題ないが、映画化してるのに、結局かなりの部分をCGに頼って描いてたら、どうなんだという疑問が湧いてしまう。もともと映像がない小説が原作ならCGでも良いが、すでにゲームの段階でクオリティは抜きにしてCGで描けているのに、映画でまたCGを使って描いてしまうのはどうだろうか。

 

俳優ができない危険なアクションとか、現代にはない構造物などの世界観などCGなら問題なく可能になるが、そこをあえて映画化だからこそ実写にこだわってやることに意味があると思うのだが…。

 

このゲームの主人公の暗殺者は、ファンタスティックフォーみたいなあきらかに超能力が使えるタイプの人間ではなく、アスリートタイプな人間なので余計そう思う。馬車に引きづられて、崖から落ちそうになる?シーンなんかの広角ショットは、もろCG感があるし。

 

しかも最近はCG自体のクオリティが底上げされていて、スマホゲームのCMでもこの映画に近い質感で描けてしまうので、あまり有り難味がない。

 

唯一建物をぴょんぴょん移動してる部分は実写で撮ってるが、遠くの中世の町並みの背景が映るシーンになると、どことなく合成感がわかる。

 

あと、それと関係ないが中世で派手なアクションしてる時に現代の方でも主人公がシステムに繋がれたまま同じ動きをしているのをシンクロさせて見せているが、あれは実写で見ると非常にダサくみえる。仮想世界が見えてる本人は本気だが、傍から見てるとパントマイムと変わらない。あの現代の挿入シーンは、視聴者の想像に任せていい。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:背景のCG臭がもったいないアサシンクリードの映画版。CG以外のストーリー部分では、人間社会の核心をついたテーマ(人間の非暴力化)を扱っていて、ダヴィンチコード的な過去を視点を変えて掘り返すような面白さはある。そのため気になる名言(セリフ)も多く、この物語に対する製作者のアイデアと熱は感じられる。アクション部分は、やはりゲームで楽しむのが良いかと。)

 

 

人間は自由より

 

生活の方が大事なの

 

-?

 

 

現代人は自由に

 

価値を置かない

 

従順になった

 

-?

 

 

自由意志が存在する限り

 

脅威は残ります

 

-?

 

何世紀にもわたり

 

宗教は政治や消費で

 

意志の排除を

 

試みた

 

今度は科学の番です

 

-?

 

エデンの果実よ

 

私はあると信じてる

 

聖書によれば

 

人類初の反抗の原因だと

 

-?

 

 

暴力は病気よ ガンと同じ

 

ガンのように

 

いつか制御できるはず

 

-?

 

人々が真実に盲従する

 

ところには 心せよ

 

本当の真実はない

 

人々が道徳や法で

 

縛られるところでは 心せよ

 

許せることは何もない

 

-?

 

 

>>アサシン・クリード(4K ULTRA HD+3Dブルーレイ+ブルーレイ)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2018.09.20 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links