海外ドラマ「ナイトシフト4 真夜中の救命医 ザ・ファイナル」の感想(ネタバレ)

2018.04.19 Thursday 海外ドラマ

■海外ドラマ「ナイトシフト4 真夜中の救命医 ザ・ファイナル」の感想(ネタバレ)
 

 

 


■監督:-
■出演者:オーエン・マッケン ジル・フリント ブレンダン・フェア ロバート・ベイリー・ジュニア     JR・レモン    スコット・ウルフ タナヤ・ビーティ マーク・コンスエロス

WOWOWで放送していた海外ドラマ「ナイトシフト4 真夜中の救命医 ザ・ファイナル」を鑑賞。

【海外ドラマ「ナイトシフト4 真夜中の救命医 ザ・ファイナル」のあらすじ】

ポールの父親で脳外科医のジュリアンが病院を買収し、多くのスタッフがERを去った後、病院に残ったスコットら一部のスタッフは人手が足りない中、次々とやって来る患者の治療に追われていた。一方、山火事の現場に取り残された消防団のマックの捜索をしていたジョーダンとドリューは重傷を負ったマックを発見し、近くの退役軍人病院へ搬送する。同じころ、シリアの難民キャンプで爆撃に巻き込まれたTCは……。

WOWOWから引用

【海外ドラマ「ナイトシフト4 真夜中の救命医 ザ・ファイナル」の感想(ネタバレ)】  

 

ERのナイトシフト(夜間勤務)で働く人たちを描いた海外ドラマ「ナイトシフト 真夜中の救命医」の最終章(シーズン4 ※全10話)。

 

海外ドラマ「救命医ハンク」に一時出演していた女優のジルフリント(救命医ハンクではたしか病院長)がほぼ似たような役柄で出演していた(こちらではERの医者)ことから見始めていた「ナイトシフト」が今年の放送でファイナルシーズンを迎えたということでこちらも見てみた。

 

最近は、プリズンブレイクに始まりなんだかドラマばかり見ているが、ドラマも面白いものに当たると、それだけで十分楽しめる。映画は、毎回設定(俳優やストーリー)をイチから覚えなければいけないが、ドラマは、キャラクターを最初に覚えてしまえば、後は、ストーリーに集中できるので良い。

 

ちなみにこの「ナイトシフト」もテンポが良くて、見始めると普通に最後まで見れてしまう面白い医療ドラマではあるが、何分生き死にを扱うERが舞台のため、様々な病気や何かしらで人が死んだりすると時折見てて、気が滅入ってくる。

 

特にこのシーズン4は、最終章(ファイナルシーズン)ということも影響してか、前シーズンと比べると人が死ぬことに対する、配慮が足りなく、内容が大分ひどい。

 

まず、シーズン3の最後にER長をクビになってしまった中国系のトファーが、シーズン4では最初からキャスティングされていないのだが、途中で事故ということであっさり亡くなってしまう(死んだことになる)。

 

例えば、しっかりキャスティングされていて、途中で事故に合って死んでしまう(そういう死ぬまでの一連のシーンもあって)なら、ストーリー上、まーしょうがないかなとあきらめられるが、このシーズン4では、キャスティングされてないのをいいことに、ただ電話で彼が死んだという連絡だけ伝えられただけで処理されるという、あきらかに手抜きの展開がある。

 

しかもこのドラマでの彼(トファー)のポジションは、準主役級で、結構重要なメンバーだったのに。

 

せめて死に顔だけ(葬式)の出演もあれば、まだ納得も出来るが、それすらも一切無く、とりあえず彼は死んでしまったという電話連絡だけがあり、彼が新たに出演するシーンは一切ない。

 

ERのスタッフは、その後にトファーの死を嘆いたり、悲しんだりという、一応気を使ってるシーンこそ用意してはいるが、それだけでは、到底納得はできない。

 

どうもこの部分で制作上の都合かなんらかの俳優との問題があったのだろうという気がしてストーリーに集中できない。そもそも一人だけクビになったうえ(他のメンバーは結局復帰する)に事故で死ぬってどれだけトファーはついてないんだ。

 

ちなみにこのシーズン4はそれだけでなく、悲しい出来事や見てて腹立つエピソードがかなりある。

 

看護師のケニーが、ジムでの組み手トレーニング中に、相手(ロック)に首を強く絞められて(タップしてるのにやめない)一時的に半身麻痺になるというエピソードもある(6話)。このエピソードも相手が元軍人で精神が不安定なのが原因で起きた事故であるが、この相手が全くそのことを悪びれる様子も無く、見ててとにかく腹立つ性格の持ち主。

 

ちなみに彼を唯一、擁護していたマックが彼に逆恨みされてのちに刺されて殺されるという、さらに救いのないラストが待っているのだ。一応ケニーは、半身不随にならず健康を取り戻すが、この話の展開には、見ててイヤになってくる。あいつはなんなんだ。

 

っというか、退役軍人で精神的に悩みを抱えていたマックをこれまで育ててきた展開が、殺されたことですべて無駄になっている。このストーリーの流れはひどい。

 

そのほか、TCが正義感から助けた極悪人が、MRI検査の途中に警官から拳銃を奪い、検査員と警官を射殺して、換気口に逃げるという話もある(※9話)そして、SWATは、なんとか彼を生け捕りにしようとする。もうそんなヤツは見つけ次第、撃っていいわ。

 

こういう見てて、気分が悪くなる話がシーズン4ではよくある。

 

このナイトシフトを見てると、極悪人は、治療しないで、そのまま死なせた方が、結果的に良かったという結論にしかならないような話が多くてイヤになる。特に必死の治療中にも常に悪態をついているヤツは、もう助けなくて、そのままでいいんじゃないかなと思う。人を助ける医者としての精神に反するのかもしれないが。

 

この悪人を助けたことで、のちに結果的には撃たれて死んだ善人(警官と検査員)がかわいそう過ぎる。しかも、亡くなった彼らはメインキャストではないからか、そのことは大きく触れられないまま話が進んでいたりするので、もう勝手にしてとしかいいようがない。

 

さらにいうと、TCの義理姉(薬物依存症)が、途中で橋から飛び降りて自殺するが、遺体は見つからないのか行方不明のままほったらかし、それと、シーズン4で新しくキャストとして加わった看護師から医者になったケインは、最終回に近づき急に誰かから追われる身となっていて、病院から急に姿を消したのはいいが、途中で追っ手に捕まった後は、行方不明のままそちらも音沙汰なし。

 

どちらも未解決のまま、とりあえず衛生兵の指導という病院のメインストーリーの短期目標のみ達成するが、そのほかの部分では、サブストーリーの未回収具合と突然のメインスタッフの急な決断でのバラバラな行動具合には、もう何も言えない。

 

これほどファイナルシーズンで未解決が多いというか、強引で都合が良い終わり方をするドラマはないんじゃないだろうか。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:あきらかに打ち切りになったと思われるナイトシフトのファイナルシーズン。脚本家のこれが描きたいという意志が無いような、取ってつけた展開のオンパレード。エピソードの角を突けば、ダメさがこれでもかと出てくる。シーズン3のラストでの強引な盛り上げ(TCがシリアで戦闘に巻き込まれる)から始まったこのシーズン4だが、その予想は、当たっていたのかもしれない。あきらかにシーズン3で終わっておくべきだった。とにかくシーズン4では、軍人に対する持ち上げがより過剰になった。それがこのドラマをダメにしてしまったと思う。さすがに正義感が共感の度を超えて、ただただ暑苦しくなっただけ。)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links