映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」の感想(ネタバレ)

2018.05.04 Friday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」の感想(ネタバレ)


■監督:フィリップ・マーティン
■出演者:ジョン・トラヴォルタ クリストファー・プラマー タイ・シェリダン ジェニファー・イーリー アンソン・マウント

WOWOWで放送していた映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」を鑑賞。

【映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」のあらすじ】

アメリカ有数の文化都市ボストン。刑務所に服役中の贋作画家レイは、息子のウィルが重いがんにかかっていると知り、限られた大切な時間を彼とともに過ごすべく、暗黒街の大物キーガンに手を回してもらって、刑期より早く出所。その代わりに、ボストン美術館に展示されているモネの名画「散歩、日傘をさす女」を盗む計画の片棒を担ぐはめとなったレイは、早速その贋作製作に取りかかる一方、息子との親子関係の修復に懸命に励む。

WOWOWから引用

【映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」の感想(ネタバレ)】 

 

「アルティメット・サイクロン」のジョン・トラヴォルタが主演した犯罪ドラマ。

 

ジョントラヴォルタの主演作品を見つけたので見てみた。

 

タイトルと副題+ジョントラヴォルタ主演ということからテンポの良さそうな後半に二転三転するような定番の強奪サスペンスモノを期待していたのだが、実際は、ジョントラヴォルタ演じる贋作画家の父親が、服役中にがんで余命短い息子のことを知って、悪人の力を借りて刑期を短縮し、息子との最後の時間を過ごそうというハートフルな内容だ。

 

サスペンスというよりかは、親子関係、家族関係(元詐欺師の祖父含む)の人間ドラマが主テーマで、副題の”最後のミッション”にあたる絵画強奪部分は、それほど力が入ってる訳ではなく人間ドラマ部分に付属するような扱い。

 

なんといっても、がんで余命まもない息子の最後の願い(やりたいこと)を聞き出して、一つ一つ叶えようとする父親(ジョントラヴォルタ)の真摯な姿と、嘘と知りつつ付き合う息子の両方に心を打たれる。

 

全然期待通りのサスペンス作品ではないが、親子の人間ドラマの描写が丁寧で、見てて非常に好感が持てる。

 

ラストの海辺のシーンも息子は衰弱していってるが、まだ死なせないで、映画が終わったところは希望が残っていて良い。あそこで、息子を死なせて映画が終わったら、相当悲しい結末だ。

 

いつかは来る息子の死であるが、映画の中では、あえて描かない判断は良かったと思う。

 

この映画に限らず父親(父親像)としてのジョントラボルタ(実生活も含むキャラクター)の存在は、これほど心強いものはない気がする。個人的に自分がなりたい(憧れる)ベストファーザー(父親像)は意外とジョントラヴォルタかもしれない。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.8)

 

(まとめ:ジョン・トラヴォルタ主演の良作人情サスペンス。最近のジョントラヴォルタは、あまり大作映画では、その名前を聞かなくなったが、休んでる訳ではなく意外と地味に活動しているようだ。(別に本人は地味に活動してる訳ではないと思うが(笑))以前見た、「アルティメット・サイクロン」からもわかるが、どうも人情系や作品としての価値(メッセージ)が強いものをあえて出演作品に選んでいるように思う。まージェット機を所有するほどお金は持ってるので、いまさら商業映画に出なくてもいいのかもしれないが。シュワちゃんではないが、俳優もある程度年齢が行くと、人情系(親子や家族の絆をテーマにした)の作品に出演したくなるようだ。)

 

 

大事なのは

 

言葉より

 

相手のために何が出来るかだ

 

-?

 

 

人生は短い

 

物事はままならぬ

 

-?

 

 

>>ザ・フォージャー 天才贋作画家 最後のミッション[Blu-ray] / 洋画

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links