映画「死霊のはらわた」の感想(ネタバレ)

2010.11.01 Monday ホラー映画レビュー

■映画「死霊のはらわた」の感想(ネタバレ)



■監督:サム・ライミ 
■出演者:エレン・サンドワイズ ベッツィ・ベイカー ハル・デルリッチ サラ・ヨーク

WOWOWでサムライミ特集として放送していた映画「死霊のはらわた」を鑑賞。

【映画「死霊のはらわた」のあらすじ】

テネシー州の森の奥にある別荘に、休暇を楽しく過ごそうとやって来たアッシュら若い5人の男女だが、何か得体の知れない予感が。彼らは別荘の地下室で偶然、《死者の書》と題されたカセットテープを見つけるが、それを再生してみると流れ出したのは、森に封じ込められていた悪霊どもを蘇らせてしまう呪文だった。仲間たちが次々と悪霊どもに憑依され、不死の怪物と化して襲いかかってくる中、アッシュは彼らに立ち向かっていくが!?

-----

WOWOWではR-15指定相当の視聴制限で放送されたこの映画「死霊のはらわた」ですが、R-15も納得のグロテスクな映像が連続する。1981年の作品ということですが、逆再生やコマ撮りなどを使った死体損壊などの映像表現は今見ても圧巻で、CGのない時代での試行錯誤が見られる。

ただ、ストーリーや俳優の演技は恐怖を通り越して笑ってしまうものもある。今にも死にそうな男に対し強く揺らしてビンタしたり、また数cm先にある本を拾うのにネックレスを飛ばしてひっかけて取るというウエスタン的な演出は、そんなバカなと思う。また手が白くなるメイクは、白く塗らずに単純にそれらしい手袋をしている。

ちなみにB級ホラー映画ということでお決まり?のエロチックな演出もある。呪いという名目だが、枝やツタがまるで生きているかのように動いて、女性の自由を奪い、服が脱がされていく演出はかなりエロい。ちなみにこのエロ演出にも逆再生が上手く使われてる。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(カセットテープの呪いの音声を聞いただけで、なぜ次々と女性が変貌してしまうのかはイマイチ謎だが、グロテスクホラーというジャンルでは、痛さと気持ち悪さでそれなりに楽しめる。グロがだめな人は心臓に悪いので見ない方が良いでしょう。)

20周年アニバーサリー 死霊のはらわた

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:Horror
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品