映画「ジェイソン・ボーン」の感想(ネタバレ)

2018.09.07 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「ジェイソン・ボーン」の感想(ネタバレ)


■監督:ポール・グリーングラス
■出演者:マット・デイモン トミー・リー・ジョーンズ アリシア・ヴィカンダー ヴァンサン・カッセル ジュリア・スタイルズ リズ・アーメッド


【映画「ジェイソン・ボーン」のあらすじ】

CIAの“トレッドストーン計画”のもとで失った記憶をすべて取り戻した、元CIAのボーンが消息を絶ってから長い年月がたつ。彼の元同僚ニッキーはハッカー集団と手を組み、CIAから極秘情報を盗み出していた。CIA長官デューイはニッキーの足取りを追い、ニッキーがボーンと再会しようとしているギリシャに凄腕暗殺者アセットを送り込む。一方、ニッキーはボーンにCIAで進行中の“アイアンハンド計画”について明かす。

WOWOWから引用

【映画「ジェイソン・ボーン」の感想(ネタバレ)】 

 

 

マットデイモンがジェイソン・ボーン役を演じる人気スパイアクション“ボーン”シリーズの第4作。

 

マットデイモンが再びジェイソンボーンを演じた最新作がWOWOWで初放送したので見てみた。

 

監督は、「ボーンスプレマシー」(第2作)「ボーンアルティメイタム」(第3作)でもマットデイモンと組んでいたポール・グリーングラスが再び担当している。

 

主演と監督がまた同じということで、この「ジェイソンボーン」もストーリーやアクションの内容こそ変わるが、演出方法(内容も含め)はほとんど過去2作と同じ雰囲気。バックで一定テンポの音楽を掛け続け、音楽で緊張感を保ちつつ、見せ場とするスピード感あるアクションへとほぼ休むことなく展開していく。

 

個人的にこの「ジェイソンボーン」は、物語(作品)としてはそれほど感情移入できたり面白いものではないが(過去作と特に変わらないやり口)、緊張感のある音楽とテンポの良い編集によって次第にそのリズム(世界)に引き込まれ、知らず知らずに最後まで見ていた。そんな映画。

 

この感覚は、たまたま夜中にテレビを付けたら通販番組で、特に欲しくも無かった商品なのに、上手い営業(メリット連発)とさくらのお客(リズム)によって、なんとなく最後(価格)まで見てしまったような感覚と似ている。

 

全体としてシーンの緊張感の作り方(生み出し方)は、非常に上手いのだが、終始、緊張感重視の演出のため、感情は固まったままで、見終わった後に何か教訓めいたものが残るかというと、ほとんど何も残っていなかった。中身はない。

 

ただカーアクションがすごかったとか、殺し屋のヴァンサンカッセルが人殺しすぎだなとかそういう見た目の感想はある。他はあんまり考えられない。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:作りが良いMVを見せられているような中身がほとんどないアクション映画。個人的にこのボーンシリーズは、作品としては第1作目が一番良かったと思う。それ以降は、ただのアクション重視のスピード映画になってしまったような印象です。そもそも過去作は内容覚えてないけど…。この「ジェイソンボーン」もなんだかわからないうちに急に始まって、なんだかわからない間に終わってしまった。アクションに次ぐアクションで、ボーンの心情にじっくり寄り添うような隙間はほとんどない。最近はアクションのゴリ押しだけでは、満足できない自分がいる。アクション見たさの人には、それなりにおすすめですけど。それ以上のことは無いです。)

 

 

>>ジェイソン・ボーン 【BLU-RAY DISC】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2018.11.15 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links