映画「ワイルド・ドライバー」の感想(ネタバレ)

2018.11.06 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「ワイルド・ドライバー」の感想(ネタバレ)


■監督:マット・マーフィ
■出演者:ディーン・オゴーマン ジェームズ・ロールストン アシュリー・カミングス アントニア・プレブル マット・ウィーラン シボーン・マーシャル


【映画「ワイルド・ドライバー」のあらすじ】

居候先からも追い出された売れない作家のジョンは、別れた恋人スージーの心を取り戻そうと、彼女が出席するはずの知人の結婚披露宴会場を目指してボロ車を走らせていた。だが山道で車が故障し炎上、途方に暮れるジョンがとぼとぼ歩いていると、猛スピードで飛ばしていたミニクーパーが彼を拾ってくれた。運が向いてきたかと思いきや、実はその車は盗難車で、ジョンはハンドルを握る青年ルークとともに警察から逃げ回るはめに……。

WOWOWから引用

【映画「ワイルド・ドライバー」の感想(ネタバレ)】 

 

 

1981年の映画「明日なき疾走」を、同作で監督の息子であるマット・マーフィが監督・脚本でリメイクしたカーアクションコメディ。

 

タイトルに釣られて見てみた。

 

一応、リメイク作品らしいが、元の原作を知らないので特に関係なかった。

 

ちなみにストーリーは、別れた恋人に会いに行く途中でたまたま盗難車を操る青年の車に同乗したことで警察に追われるはめになる売れない作家の話で、いわゆる巻き込まれ型のカーアクション作品。

 

見どころと思われる、カーアクションシーンだが、特にすごいと思うものはなく、ただミニクーパーで逃げる(長距離移動する)という部分に特化してるだけの、普通のアクションコメディ。

 

ストーリーが面白いかというと、そこもかなり微妙で、乗った車が盗難車だと後でわかったり、警察に実際に追われることになっても、ドライバーの青年と行動を共にしていて、何を考えてるのか全く意味がわからない。

 

こういう巻き込まれがたの作品は、仕方なく一緒に行動せざるおえない状態になってる(脅されてる等)からこそ、主人公のドタバタが生きると思うが、特に深刻に状況を考えることもなく、バカなノリだけで行動していて、全く共感できない。

 

さすがに恋人に会うためという理由のみで、盗難車で暴走することに対して(不良マンガじゃないんだから)、犯罪が肯定されるほど甘くないでしょう。そもそも青年が盗難車で逃げることにおける、自分の保身以外に正当な理由が何もない。

 

また後から、加わる若い女も、抗議デモに参加できなくなると、逃走中の動画をSNSに上げたりして(そこでPRする?)、罪の意識が全くないし(※また仲間の顔を世間にさらしたりして、状況を悪化させたり)、行動も短絡的で意味不明。

 

しかも、途中で仲間割れして(盗んだ車で暴走してることを知って、とがめる理由は正しいが)、戻ってこなくていいのに、また戻ってきたりして、ホントに意味がわからない。登場人物にまともな倫理観を持つ人間はいないのか。

 

最後は、カーチェイスの模様がテレビ中継されると、彼らの事情を知った世間(一部の熱狂者)が見守る中、ついに恋人との再会を果たし、すぐに逮捕されるが、なんとなく今までの騒動をチャラにしちゃうような(愛こそすべての感動話に)仕上げていて、どういう倫理観なんだよって思う。

 

そもそもそんなに会いにいきたいなら、ちゃんとした仕事見つけてから、人に迷惑かけずに、電車かバスで行け(笑)

 

それで済む話だろ。

 

この中で一番ちゃんとしてる、警察という目線はないのか。誤射してたけど。

 

流れ上、すごい悪者みたいな扱いになってしまってるが、自分が警察側だったら多少は仕方ないと思う。発砲は、軽率だったかもしれないが、銃を持ってるという偽情報がある前提で、強行に逃走を繰り広げてる犯人グループにことを考えれば、いきなり撃っても仕方ない。下手するとこっちが撃たれて死ぬ可能性も少なからずある訳だから。

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:登場人物に正当性の理由が全く見当たらないカーアクション逃亡映画。自分の結婚式から逃げといて、またヨリを戻したいからとか(途中でヤクを吸ってたり、真面目さが一向に見えない)、両親が死んで?借金抱えたから、運び屋みたいな仕事するようになって最終的に車を盗んで逃げる…とか、仕事が嫌だから仕事中に逃げて、そのままノリで彼らと行動したり(盗難車と分かった時点で離脱しろよ)、もういろいろロクでもない。ちなみにジャンルは、アクションコメディだが、何に対して、どこがコメディなのか全くわからない。そもそも基本がない。これを見て共感して、喜んでたら国が滅ぶわ。そして、こんなノリだけの彼氏とまた結婚しちゃう彼女も結局アホですわ(笑)っというか、アホの二人ですわ。ちなみにこんな親父の妙な作品をリメイクした息子の監督が一番アホですわ(笑)。何かあるのかと最後まで見てしまって、なんとなく雰囲気に呑まれてちょい感動した時間を返して欲しいわ。なんだこの自己チュー映画は。唯一、良いところを上げるとすれば、ミニクーパークラブの登場と、ニュージーランド?の景色が綺麗なところ位か。)

 

 

 

>>ワイルド・ドライバー 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2018.11.15 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links