映画「プール(2017)」の感想(ネタバレ)

2018.11.24 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「プール(2017)」の感想(ネタバレ)


■監督:マット・エスカンダリ
■出演者:アレクサンドラ・パーク ノラ=ジェーン・ヌーン ダイアン・ファール トビン・ベル


【映画「プール(2017)」のあらすじ】

結婚を控えた姉ブリーと、そんな姉をねたましく思う妹ジョナ。プールで泳いでいた2人は、閉館時間が迫り、帰り支度を始める。だがブリーの婚約指輪が見つからず、ジョナがプールの底に沈んでいることを発見する。2人が排水溝に引っ掛かった指輪の回収に手間取る間、誰もいないと思った館長はプールのカバーを閉めて帰ってしまった。硬いカバーは動かすことも壊すこともできず、2人は息こそできるが水から出られなくなり……。

WOWOWから引用

【映画「プール(2017)」の感想(ネタバレ)】 

 

 

映画「SAW」の殺人鬼ジグソウ役で有名になったトビン・ベルがチョイ役出演したシチュエーションスリラー。

 

内容は、温水プールの温度を保つために水面の上に被せられる固い強化カバーの内側(水側)に入ったまま外に出れなくなってしまった姉妹の話。

 

プ−ル内に閉じ込められるという今まで見たことがない斬新?なシチュエーションに興味をそそられ見てみたが、内容(ストーリー)がこれまた大分ひどかった(笑)

 

ちなみにシチュエーションとしては、係員の確認不足でたまたま水中に閉じ込められてしまっただけの話なので、誰かが意図的にその状況に追い込んだというような深い事件性のある話ではなかった。

 

なので話としては、ただそこから自力で脱出できれば終わるのだが、自力で出来ることと言ってもプールの底にある排水口の蓋を取ってきて、それで上部のカバーを割ること位。

 

しかし、開始20分位で重くて蓋が取れないという事実がわかり、(妹がグダグダしてることもあるが)、そこから物理的にやることもなくなり急激に話は失速。

 

その後、姉妹のどうでもいいグダグダ話で時間を使うのだが、これがただイライラするだけで、全く面白くない。

 

そして、新たな展開として、清掃員が登場。

 

しかし、その清掃員が彼女らを意図的に助けないという、ひどい裏切り設定。

 

普通こういう脱出モノ作品は、近くまで来たけど彼女らに気づかないニアミス的なことはあっても、誰かががっつり見つけてくれればそれで助かるのが普通だがこの作品では、そこを強引に裏切っていく。

 

ただ、裏切るのはいいが、その動機がしょぼい。

 

自分が元受刑者でお金もなく、不幸だから、プールで調子に乗ってる姉妹を見て、嫉妬と妬みから、あえて助けないという。

 

嫉妬と妬みから意図的に助けたくない。

 

なんだこのしょぼい理由は。

 

しかし、この作品では、このしょぼさにさらに上書きがある。

 

彼女たちの危機的状況を利用して、彼女達にさらに金を要求し始める。(※銀行口座の暗証番号を要求する)

 

コイツは、人間としてどうなんだ(笑)

 

最悪、彼女達の貴重品を盗んでその場から立ち去る。

 

ここまでなら、なんとなく魔が差したという理由で悪人だが、情状酌量の余地はあるし、理解できなくもない。

 

だが、危機的状況の彼女らにその状況の不利さを利用して、さらに金を要求する。

 

もう意味がわからない。

 

個人的に、ほぼ面識のない他人に対して、無計画で必要以上のいじわるが故意に出来ること(精神)が全く理解できない。

 

例えば、姉妹と実は知り合いで、幼少期にひどいいじめに合ってたとか、彼女たちと何か繋がりがあって、その延長線上で、この機会にその恨みを晴らそうと意地悪したい気持ちが出たとかなら、まだ理解できなくもないが、清掃員と姉妹は全くの他人同士(特に情報はない)。過去にプールを利用した時に、いざこざが合ったという訳でもない。

 

こんな薄い人間関係なのに、こんな長時間のいじわる行為ができることが、ホントに気持ち悪い(笑)

 

なんというかこの作品は、とにかく精神的に気持ちの悪いことの連続だ。

 

そもそも銀行の金(暗証番号)を要求するのはいいけど、結局後で、金を引き出す時に防犯カメラに映るから、彼女たちが死んだとしても、金が引き出されてたらすぐに身元バレると思うんだけど、そういう頭も働いていないところもバカなのかなんなのか。

 

精神的な気持ち悪さにプラスで頭も悪い。ホントにどうしようもない。

 

こんな役柄設定絶対演じたくも無い。だって共感もへったくれもない(笑)

 

さらに付け加えると、そんな清掃員だが、なんだかんだ話し合った挙句、説得に応じて助けてもらえるようになるが(ちょっと気が変わる)が、カバーの開閉用の暗証番号が変わってしまって開けられないから、”やっぱり助けられない”と言って、なぜか騒ぎ始める。

 

じゃあ警察か誰か別の人呼んでくれば済む話だと思うが、めんどうに巻き込まれたくないという理由で、パニックになって現場から急に逃亡する。

 

またしてもバカ過ぎて行動がよくわからない。

 

ちなみに姉妹は、なんとか自力で排水溝の蓋を外し(やっぱり外せんのかよ)カバーを割って、脱出に成功するが、助かったのもつかの間、あの清掃員がまた戻ってきて、今度は彼女らに銃を向ける。

 

やっぱり彼女達に生きてもらっては自分がしたことがバレる可能性があり困るからだという。

 

じゃあなんでさっき一回逃げたんだよ。計画性が無さ過ぎだろ。

 

今を生き過ぎだろ。

 

コイツはホントにアホ(笑)

 

すべてが、その場しのぎの行動ばっかり。今を生き過ぎ!

 

ここまで人間アホになったらもう死んだほうがいい(笑)

 

ちなみに、姉妹はそこでもなんとか清掃員を説得して、彼女を罪に問わないから、その場から逃げるよう促し、清掃員はどっかに消えて姉妹は、無事生還する。めでたしめでたし…end

 

一応生還できたのでハッピーエンドになるかと思うが、いや、アイツを逮捕しろよ。全然ハッピーエンドでもなんでもない。

 

あんなヤツを社会に放流しとくなよ。危険過ぎるだろ。

 

アイツにもなんらかの罪があるだろう。

 

そもそもアイツが来た時点で普通にカバー開けてくれてたら、何もなく済んだ話だろ。この映画。

 

なんとなく情を優先したみたいな、いい感じの終わり方にしてるけど、ほとんどの原因はアイツだからね。

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:プールよりもアホな清掃員が大活躍のスリラー。今まで清掃員のダメさを書きなぐったが、実は、姉妹のやりとりも見ていて大分イライラする。特に妹のマイナス思考は、見てて腹立ってくる。「それ今言う?」のオンパレード。ちなみに、最後にカバーを割って、外に出れたが、あれは、絶対無理だと思う。姉がほぼ瀕死になってるのを、妹が一人で担いで水面からカバーの上まで姉の体を持ち上げるって普通の人には男でも出来ないと思う。ヘリに掴まって、持ち上げるなら出来なくもないが、水中で人を背負いつつ、水中から高さ50cm位のところにそのまま人を担いで乗せるって、泳ぎながらそんなこと出来ないでしょ。自分で上るならできそうだけど。とにかくこれはひどい映画だ。名言もなかったし。)

 

 

>>プール [ アレクサンドラ・パーク ]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2018.12.08 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links