映画「監獄の首領」の感想(ネタバレ)

2018.11.19 Monday 韓国映画 レビュー

■映画「監獄の首領」の感想(ネタバレ)


■監督:ナ・ヒョン
■出演者:ハン・ソッキュ キム・レウォン チョン・ウンイン キム・ソンギュン シン・ソンロク チョ・ジェユン


【映画「監獄の首領」のあらすじ】

ソウルのとある刑務所。そこは囚人チョン・イクホが首領として君臨し、今や看守や所長でさえも刃向かうことができなくなっていた。イクホの一味は刑務所を出ては犯罪を繰り返していたが、外にいるはずのない囚人たちを疑う者はおらず、事実上の完全犯罪を成功させていた。そんなある日、不祥事を起こした元刑事ユゴンが収監される。血気盛んなユゴンはやがてイクホに目を掛けられ、彼の部下として犯罪に手を染めていくが……。

WOWOWから引用

【映画「監獄の首領」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「シュリ」のハン・ソッキュとキム・レウォン共演の犯罪サスペンス。

 

久々に韓国映画を見てみた。刑務所モノということでプリズンブレイク的な感じを多少期待していたが、実際は、脱獄モノではなく、刑務所内を支配するベテラン受刑者(ボス役)と新人受刑者の話。

 

ちなみにWOWOWの上記あらすじでは、かなり作品の背景を説明していて状況がわかりやすいが、実際は、新人受刑者が元刑事で実は刑務所内に潜入捜査をしていたという事実は、大分後になってあきらかになる。※この情報はなぜかしばらく伏せられている。なんで?

 

そのため、序盤は、ある刑務所に問題を起こすあらくれ者の新人受刑者が入ってきた(※刑事という情報も最初は知らされていなかった思う)という印象しかなく、ストーリーの方向性もどこに向っているのかわかりにくい。

 

そもそも映画の冒頭は、ヒットマンらが逃げ隠れていたある重要人物を殺害するところ(事件:のちにあきらかになるが、ヒットマンの素性は、受刑者らで構成されていた)から始まるが、その後は、いきなり特に説明もなく、新人受刑者(主人公)の入所シーンに飛んでいく。

 

始めは、流れからヒットマンらの誰かが捕まって入所したのかと思ったが、そうではなく、彼らの殺人事件を捜査していた刑事(主人公)が潜入捜査として刑務所に入ってきた場面に繋がっているのだが、最初の時点では、そのことは一切伏せられているので、なんのこっちゃわからない。

 

なんでこんなわかりにくい構成になっているのか。

 

紐解けば、身内?を殺された刑事が事件の真相を追うべく、刑務所内へ命がけの潜入捜査をするという非常にわかりやすい話で、時系列に沿って描けば、動機も明確で感情移入もしやすいのだが、その一番おいしい背景の情報が一切伏せられたことで、初見では、刑務所にあらくれ者の受刑者が入ってきて、ただ大暴れしているだけにしか見えず、彼(主人公)に対して感情移入も何も全く起きない。

 

ちなみにこの注意を引く行為は、刑務所内のボスに接触するための作戦だったということがのちにわかるが、あとで知ったところで、それほどその部分に対して隠す必要があったのかは疑問に思う。

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2.5)

 

(まとめ:時系列を変にいじったせいで作品が非常にわかりにくくなってしまった韓国映画。ただ、ストレートに描けば、感情移入もしやすいし(主人公の気持ちも理解できるし)、普通に見れる話だと思う。韓国映画のいつものパワーは感じるが、非常に惜しい作品。)

 

 

 

敵が現れたら

 

まずはボスを射止める

 

-?

 

 

 

>>監獄の首領 [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:韓国映画全般

スポンサーサイト

2018.12.08 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links